MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2023/01/06 08:00

    【レクサスRC/RC Fが改良・進化】徹底した走り込みで理想の走りを実現!?

    レクサスRC 外観

    2014年に登場したレクサスRCは、レクサスならではのエレガントなデザインとエモーショナルな走りを特徴とする2ドアスポーツクーペ。レクサスRC FはそのRCをベースにV8 5.0Lの自然吸気の高出力エンジンを搭載するハイパフォーマンスモデルで、レーシングスピリットが注ぎ込まれた“F”モデルでもある。そのレクサスRC/RC Fがマイナーチェンジを受けて登場したが、そのポイントはどこにあるのだろうか。

    ホイール締結をハブボルトに変更して走りが進化

    レクサスRC F“Performance package” 外観 フロント

    ラグジュアリーな2ドアスポーツクーペであるレクサスRCは、日本はともかく、世界的には販売好調。2022年11月時点でRCは世界中の62の国と地域で累計7万4000台を販売、RC Fは世界中の57の国と地域で累計1万1000台を販売している。世界の富裕層から注目を集めるモデルとなっているのだ。

    今回の一部改良の大きなポイントは、ホイール締結を「ナット」からより強い締結を実現する「ワッシャ付ハブボルト」に変更したこと。この効果はきわめて大きく、これにあわせてショックアブソーバーやEPS、AVSを最適化、RC Fではバネやスタビライザー、ボディ剛性に至るまで変更し、回頭性と乗心地を大幅に向上させたとしている。もっともこうした車両のセッティングは簡単なものではなく、トヨタ テクニカルセンター 下山を徹底的に走り込み、テストを重ねることで実現した。

    レクサスRC F 外観

    レクサスでは「Always On(オールウエイズ オン)」思想の下、レクサスならではの走りの味を磨いているが、それが今回の改良で大きな実を結んだともいう。「Always On」とは、「現状に満足することなく、走りをとことん追求して、つねに手を加えていく」という考え方だ。

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…