MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【電動スクーターの新鋭】折りたたみ式3輪「グッズ × ピクシドF2」は遊べて使える最強バイク!

執筆者:

「バイクは転倒の可能性があるから、ちょっと……」と、避けたくなる気持ちもよく理解できる。しかしバイクの爽快感と軽快感はそのままに、安定性を高めた3輪仕様の電動スクーター「PXiD-F2」が発売となった。

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

レジャー最強の乗り物が登場!

3輪電動スクーター「PXiD-F2」
3輪車独特の曲がりにくさを解消した「PXiD-F2」は、車体を傾けることのできるリーン機構付きモノサスペンションを採用。スムーズなコーナーリングにより快適な乗り心地を実現。

3輪電動スクーター「PXiD-F2」
しかも標準装備のシートフレームにより、バイクのように座って操縦することはもちろん可能。付け加えて頑丈に作られたフットボードに乗って「立ち乗り」することもでき、その際にはシートフレームを付けたままで立ち乗り操縦できるというアクティビティ性の高いバイクとなっている。

カスタムバイクショップが独占販売権を取得

3輪電動スクーター「PXiD-F2」
まるで乗用車のような快適性を再現する「PXiD-F2」は2輪車のような軽快さと3輪による安定性がウリの電動スクーター。海外製造の輸入車であるが、日本国内独占販売権は兵庫県伊丹市にてヤマハSR400のカスタムに特化したバイクショップ「モーターガレージグッズ」が取得。

3輪電動スクーター「PXiD-F2」
「モーターガレージグッズ」はこれまでに1000台を超えるカスタムバイクを手がけてきた手練れのバイクショップだ。カスタムをもっと手軽に楽しめるようカスタムパーツの製造、および自社ECサイトで販売も行ってきた。そんなバイクショップがEV事業第一弾として国内販売権を手にしたのが「PXiD-F2」。アフターケアは購入後6ヶ月または走行距離5,000kmと万全だ。

この記事のタグ

この記事を書いた人

矢作優一(Leonardo 45)

スタイリスト矢作優一(Leonardo 45)

アウトドア、インテリア、フードと多岐にわたってスタイリングを手掛ける。撮影で使うプロップを集めるうちに、モノ好きが覚醒。ジャンルや新旧を問わず珍しいアイテムを手にとってみたい衝動が抑えられず、山のように積まれた最新ギア、ビンテージモノ、ジャンク品に囲まれた暮らしをしている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!