MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【ヒット文具 誕生秘話】4400円で一生使える⁉︎ “書く”衝動を駆り立てる 超コスパな傑作ボールペンとは

執筆者:

書く衝動を呼び起こしずっと使いたくなる相棒

全芯タイプの色鉛筆『サクラクーピーペンシル』などで有名なサクラクレパス。同ブランドがサクラクレパスらしい筆記具を生み出そうとスタートしたのが『サクラクラフトラボ』だ。同シリーズに初期から関わる廣瀬泰治さんに立ち上げのきっかけを聞いた。

お話を伺ったのは
マーケティング部 商品企画3課 廣瀬泰治さん
「サクラクラフトラボ」シリーズ立ち上げ当初から、商品の企画開発を担当する。

<廣瀬さん>「これまで私たちは、筆記具にはサクラクレパスの名前を全面的に打ち出さず、商品ごとのブランディングを続けてきました。『描画材料のブランド』『子ども向けの商品ブランド』というイメージが筆記具としてはプラスに働かないと考えていたからです。しかし、サクラクラフトラボシリーズの商品化に向けた調査で、サクラクレパスのもつ『親しみやすい』『色鮮やか』『懐かしい』というイメージは、プラスに働くことがわかりました。そこで、もう一度、自分たちの原点に立ち返ろうと考えたんです」

そうして2017年に第一弾を発売したサクラクラフトラボシリーズ。最新作の『サクラクラフトラボ007』は、当初の年間販売目標を早々に達成したヒット作だ。

<廣瀬さん>「初代モデルの『サクラクラフトラボ001』は5,500円でした。そのDNAを受け継ぐ『サクラクラフトラボ007』は、より幅広い層の方々にお使いいただきたいと思い、コスト調整や価格設定を行いました。シンプルながら質感の高い本体デザインのほか、個装ケースにもこだわり、手に取っていただいた方が開封する瞬間から価格以上の魅力を感じていただけるよう工夫しています」

最もこだわったのは本体デザインだ。

<廣瀬さん>「今までのサクラクラフトラボシリーズになかった細軸を採用しました。ボディは梨地のマット感と真鍮鏡面のコントラストで独自の風合いを高めています。グリップ部分は流線型となっており、握りやすい機能性とスマートさを強調するデザイン性を兼ね揃えた仕上がりになっています。また、頭冠部分にはモダン建築のような繊細な段差をあしらい、天面にさりげなくサクラマークを配すなど、細部までこだわっています」

様々なブラックを用意したインキ色は、近年のサクラクレパスが注力しているところ。

<廣瀬さん>「『007』は『001』と同じレフィルを採用しているので、6種類の黒色から好みのインキ色を選ぶことが可能です」

標準装備のブラックに加えて、別売オプションではブルーブラックやブラウンブラック、グリーンブラック、漆黒などが選べる。同じブラックでも書いたときの色あいが異なり、個性をさりげなく表現できるのが楽しい。すべてブラックなので仕事に使えるという利点もある。
ボディからインキにいたるまで、サクラクレパスと開発者の想いが詰まっている『サクラクラフトラボ007』。掘れば掘るほど、価格を上回る魅力が溢れ出してくる。一生側に置いておきたくなるし、一生使える高コスパな一本だ。

この記事の画像一覧
  • サクラクラフトラボ007シリーズ
  • サクラクラフトラボ007 ミッドナイトブルー
  • 重厚感を表現する真鍮製のグリップ
  • 手にしっくりくるシンプルなフォルム
  • 頭冠部分にもさりげない演出あり
  • ブラックにこだわったインキ6色
  • サクラクラフトラボ007 プラムワイン
  • サクラクラフトラボ007 ミッドナイトブルー
  • サクラクラフトラボ007 ディジョンイエロー
  • サクラクラフトラボ007 セージグリーン
  • サクラクラフトラボ007 ストーミーグレー

この記事の画像一覧を見る(11枚)

123

この記事のタグ

モノマックス2024年3月号のご案内

3月号通常号

モノマックス2024年3月号

特別付録は「アーバンリサーチ 6つのスペースで荷物を整理できる!3WAYショルダーバッグ」!

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

モノマックス2024年3月号を見る

この記事を書いた人

MonoMax編集部

MonoMax編集部

カバン、財布、腕時計、アパレルなどのファッションアイテムから、家電、文房具、雑貨、クルマ、バイクまで、「価格以上の価値あるモノ」だけを厳選し、多角的にお届けします!

Twitter:@monomaxweb

Instagram:@monomax_tkj

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【史上最細を実現!?】進化した書き心地がたまらなくクセになる……人気シリーズ「フリクション」に最新作登場!

【ロフトの大ヒットモノ】コスパ最強!暮らしが激変する…「LOFTで売れた日用品」ベスト5

【発売20周年】多様化する働き方に対応!マルマンのビジネスノート「ニーモシネ」注目の数量限定品&コラボアイテム3選

【あの癒され“肉球”ノートが復活】ずっとプニプニしてられる…コクヨ「キャンパス肉球ソフトリング」第2弾は完売必至!?

アイデア力がすごい大ヒット作、専門家が買ってよかったベストバイ大賞 ほか【文具の人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【文具大賞】“優秀ペン部門”は話題作が勢揃い!「進化するデスクワークの良き相棒」ベスト7

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!

【コールマンのバッグ付録がすごい!】水に強い、5つのポケット付きで最強説!