超話題! 世界初の3Dプリンター「3Doodler」で空中に絵を描いた!

(編集部・石堂)

「3Doodler」ってご存知ですか?

世界初の“ペン型”3Dプリンターでして、描いた絵が立体(!)になる未来アイテム。

ペン先から熱くなったプラスチックを押し出し、それを急速冷却することで好きな形に固めるのです。
他の3DプリンターのようにPCもソフトウェアも要りません!

クラウドファンディングサービスKickstarterで約2億4千万円の資金を集め、開発されたこちら。
日本ではナカバヤシ株式会社が販売しています。

作例から溢れるワクワク感に興味津々! でした。
この度ついに機会到来。
さっそく使ってみます!
1

 


セットは本体と、ACアダプタ、専用プラスチックフィラメントと、ここには写ってないですが
メンテナンスキット。

専用プラスチックフィラメントはPLAとABS樹脂(各25本ずつ付属)製があり、
それぞれ適した温度(どちらも200度ほどになるので扱いには注意!)で溶かします。
P1010973

PLAのプラスチックを使うなら
P1010984

スイッチをPLAに合わせます(ああ見えにくい)。

余熱ができたら、好きな色のプラスチックをセット!
P1010985

スピードは2つ。
△型の上のボタンが遅い、下のボタンが速い。
どきどきしながら「遅い」を選択。
ボタンを押し続けている間、熱で溶けたプラスチックが出てきます。

Mo~はMo~noMaxのーMo~~~~
P1010989

↑このようにしっかりとしたになるまでひっそりと練習しましたよ。
最初は自由気ままに出てくるにょろにょろに翻弄されましたが、なんとかコツを掴んだところです。

フォオオオオオオオン!!
という音に吸い寄せられて(ファンが回っています!)やってきた皆様に時に見守られながら、
完成!

P1020017

MonoMaxのMと思いきや、チューリップでした!ふふふ

ちゃんと立体です。
P1020016

ちなみに。
空中に絵(?)を描いてみた!

P1020012

このように空中に直接3Dを描いて立体にしたり、
紙に書かれた線をなぞる→はがすでパーツを作り、パーツを組み合わせて立体を作ったり、

やり方はいろいろ! 楽しかった~
公式サイトの「COMMUNITY」ページでみんなの力作を見るのも楽しいです。

「3Doodler」本体は16,000円、専用プラスチックフィラメントは1,500円(ともに消費税別)です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから