MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【レア物の宝庫!?】アメリカントイがびっしり詰まった“ニブンノゴ!・大川知英”さんのコレクションルームへ潜入!

執筆者:

工場を改装。友人と一緒に床を張り、色を塗って仕上げたコレクションルーム。

この記事の画像一覧を見る(10枚)

歳を重ねるごとに一個人が考える“センス”も変わっていく。MonoMaster3月号特集「MY ROOM STYLEセンスのある空間。」では、部屋作りの達人たちがこだわりを詰め込んだ個性が光る空間を取材。その特集内から2人目に登場していただくのじゃお笑い芸人/ ニブンノゴ!・大川知英さん。アメリカントイがびっしりと詰め込んであるコレクションルームは、以前より2倍の広さとなるスペースへ引っ越し、余裕を持った間取りとなったはずなのになぜがギュウギュウ。だからといって無造作に並べてあるのではなく、絶妙なカラーバランスを保っている。まさにこれぞセンスのある空間だったのだ。

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

PROFILE

アメトイがびっしり詰まったニブンノゴ!・大川知英さんのコレクションルームへお邪魔します!

お笑い芸人
ニブンノゴ!・大川知英さん
地元の先輩、友人とお笑いトリオ「ニブンノゴ!」を結成。アメリカントイだけでなく、貴重なヴィンテージジーンズなども多数コレクション。ヴィジュアル系ロックバンド「jealkb」でギタリストとしても活動中。ユーチューブチャンネル@vintagecultureclub72

バツイチになり、収集癖が爆発!

MonoMaster3月号特集「MY ROOM STYLEセンスのある空間。」より
前の部屋から2倍の広さとなる50畳のスペースへと引っ越して半年。広くなったにも関わらず、びっしりとアメリカントイが詰まったお笑い芸人・大川知英さんの趣味部屋。
「子どもの頃からゾイドやキン消しとか、おもちゃ集めは好きでしたね。フィギュア集めを始めたのは『トイ・ストーリー』から。でもお笑いの仕事に集中しようと、一度はコレクションを実家に送ったんです」
それから本格的に集め出したのは2014年のこと。
「離婚して一人になったことがきっかけです。一人暮らしになった瞬間に“趣味を爆発させる”ということで、コレクションを復活させたんです」
9年間でカテゴリーも幅広くなり、コレクションは一気に増えた。
「所ジョージさんが主催するアメリカンピクニックデイに行ったとき、出店しているブースでアメリカントイに出会ってアメトイも集め始めました」
以来、個人輸入にも手を伸ばした。
「看板とかキャラクターとか、アメリカンアドバタイジングは赤、黄色、白が主体だから部屋に飾ると色が偏ってくる。センスがいい空間にするには色彩感覚が重要だと思うんです」
コレクションがぎっしり詰まった部屋だけれど、バランスが取れている。
「赤だけが集中しないようにバラしてみたり、アメリカントイには数少ない青や緑を足したり、カラーバランスを見ながら配置してるんです」

大川さんのコレクションルームはレアものの宝庫!

マフラー以外はオリジナルのスズキGS1000は自分と生まれ年が同じ1978年製。
マフラー以外はオリジナルのスズキGS1000は自分と生まれ年が同じ1978年製。

ヴィンテージのレザーやTシャツなどのコレクションも一部飾っている。
ヴィンテージのレザーやTシャツなどのコレクションも一部飾っている。

漫画家・鳥山明先生と親しく、キャラに寄せた似顔絵をいくつも描いていただいている。
漫画家・鳥山明先生と親しく、キャラに寄せた似顔絵をいくつも描いていただいている。

おそらく日本に1つしかないレアもの看板も存在する。
おそらく日本に1つしかないレアもの看板も存在する。

この空間で後輩芸人・まんじろう米女さんとユーチューブ動画を撮影している。
この空間で後輩芸人・まんじろう米女さんとユーチューブ動画を撮影している。

工場跡なのでインダストリアルライトがよく似合う。
工場跡なのでインダストリアルライトがよく似合う。

アメリカンダイナーを意識したコーナーも設置。
アメリカンダイナーを意識したコーナーも設置。

photo/Makoto Yamada edit & text/Shin Nogami(SIESTA PLANET)

この記事の画像一覧
  • 工場を改装。友人と一緒に床を張り、色を塗って仕上げたコレクションルーム。
  • アメトイがびっしり詰まったニブンノゴ!・大川知英さんのコレクションルームへお邪魔します!
  • MonoMaster3月号特集「MY ROOM STYLEセンスのある空間。」より
  • マフラー以外はオリジナルのスズキGS1000は自分と生まれ年が同じ1978年製。
  • ヴィンテージのレザーやTシャツなどのコレクションも一部飾っている。
  • 漫画家・鳥山明先生と親しく、キャラに寄せた似顔絵をいくつも描いていただいている。
  • おそらく日本に1つしかないレアもの看板も存在する。
  • この空間で後輩芸人・まんじろう米女さんとユーチューブ動画を撮影している。
  • 工場跡なのでインダストリアルライトがよく似合う。
  • アメリカンダイナーを意識したコーナーも設置。

この記事の画像一覧を見る(10枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

MonoMaxの大人版として2018年9月に創刊した『MonoMaster(モノマスター)』。「“遊び心あるモノ・コト”が見つかる」をテーマに、こちらのWEBでは、時計やカバン、ファッション、車から、旅、グルメまで幅広いジャンルの情報をお届け。付録の紹介もしています!

執筆記事一覧


Twitter:@monomaster_tkj

Instagram:@monomaster_tkj

Website:https://tkj.jp/monomaster/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

「親子でドハマり確定」高性能な最新ラジコン、“超飛ぶ”外遊び道具 ほか【ホビーの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「座っても立っても使えるデスク!?」作業のムダ時間がなくなった?“FlexiSpotの電動昇降式デスク”をライターが数ヶ月体験してみた

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「お得な先行販売実施中」ラッセルホブスから“アテンティブコーヒーバー”が登場、本格的な味わいのコーヒーが自宅で気軽に味わえる!

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!