MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【バイクマニア待望】スズキのワンランク格上スクーター「バーグマンストリート125EX」に注目!

執筆者:

スズキからワンランク格上のスクーターBURGMAN STREET 125EXが新登場!

この記事の画像一覧を見る(43枚)

ドイツ・ケルンで開催された「インターモト」で発表され、国内販売はいつなのかとバイクマニアが待ち望んでいたラグジュアリースクーター「バーグマンストリート125EX」がついに発売となる。スズキの二輪車として初めて採用となる「SEP- α」エンジンを搭載。「S = Suzuki」「E = Eco」「P = Performance」の頭文字から「SEP」となるのだが、優れた燃費性能と、加速力をもったバランスのいいエンジンに、新たに「α」となるアイドリングストップを付与。「サイレント スターター システム」を追加することで燃費と静粛性を両立したのだ。

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

環境に配慮し優れた性能を実現するエンジン

待ち望んでいたラグジュアリースクーター「バーグマンストリート125EX」がついに発売
パワーやパフォーマンスだけでなく燃費や環境性能など、総合的な要素が求められる現代のバイクシーン。もちろん見た目の美しさやラグジュアリー感は絶対的に必要なエレメントでもある。燃焼効率を上げ、フリクションロスを低減することによりパワーを落とすことなく、低燃費を実現した「SEP」エンジンにアイドリングストップと「サイレント スターター システム」機能がプラス「α」として加わることで高性能でありながら環境にも十分配慮。

低燃費を実現した「SEP」エンジンにアイドリングストップと「サイレント スターター システム」機能がプラス「α」として加わった「バーグマンストリート125EX」
その燃費のよいライディングをひと目で確認することができるエコドライブインジケーターをインストルメントパネルに搭載。フル液晶ディスプレイを用いたインストルメントパネルはスピードメーター、オイルチェンジインジケーター、燃料計、時計とオドメーターだけでなく、ターンシグナルインジケーター、ハイビームインジケーター、マスターウォーニングインジケーター、エンジン警告灯、アイドリングストップインジケーターなど、ライダーが知りたいインフォメーションを網羅している。

この記事のタグ

この記事を書いた人

坂東 漠

パーツデザイナー坂東 漠

スタンドがないと倒れる。ライダーの支えがないと自立できない。ライダーがいてもときにコケるといった2輪車の特性に魅了され、自転車、e-Bike、モーターサイクルの部品を開発。多くの人は気づかないが、それがないと成り立たないといったパーツを手がけている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「今最もアツいバイクメーカー」トライアンフの大注目モデル“スピード400&スクランブラー400X”を乗り物ライターが体験レポート

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!