MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【2022年最高の発明】完全ワイヤレスイヤホン「Nothing Ear(2)」が使えすぎ、デザイン良すぎで手放せなくなる!

執筆者:

「Nothing Ear(2)」

この記事の画像一覧を見る(7枚)

イギリスのデジタルブランドNothingが、完全ワイヤレスイヤホン「Nothing Ear(2)」を発表。日本では2023年3月30日より発売します。Nothingは2020年にロンドンを拠点として設立された、イヤホンやスマホなどのガジェットを開発するブランド。特にイヤホンの第一弾となる「Nothing Ear(1)」はタイム誌による「2022年最高の発明」にも選ばれています。そのイヤホンの後継機が、「Nothing Ear(2)」なのです。

「Nothing Ear(2)」のここがすごい!

「Nothing Ear(2)」
ケースも本体もクリアに統一されたデザインを踏襲しながらも、「Nothing Ear(2)」の機能は前作を大きく上回っています。特長をまとめました。

強力なノイキャン機能

「Nothing Ear(2)」
「Nothing Ear(2)」はLHDC5.0コーデックに対応し、ハイレゾオーディオ認証の本格的なサウンド体験が楽しめます。独自のノイズキャンセリング技術を搭載し、最大40dBのノイズ低減を実現。ユーザーの外耳道の形状に合わせたパーソナライズド・アクティブ・ノイズ・キャンセレーション、環境に応じてノイズ低減レベルをリアルタイムで自動調整するアダプティブ・モードにより、個人とその場に合わせた最適なノイズキャンセリングを可能としています。

自分に合ったサウンドにカスタマイズ可能

Nothing Xアプリのイコライザー設定画面専用アプリNothing Xでヒアリングテストをすると、ユーザーの聴力に合わせてイコライザーのレベルが調整でき、好みのサウンドプリセットを作れます。

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【U7000円のスマートウォッチ】機能に不足なし!ゲオにてコスパ最強の個性派モデル2型の限定販売がスタート!

【スリコで大バズり】完売を繰り返す…3COINS“幻のスマートウォッチ”は買って正解?『YouTubeで徹底解説』

【U5000円の完全ワイヤレスイヤホン】耳への負担が少なく、うれしい機能も搭載「OPPOの新型」その実力は?

【ドンキでバズり中】胃カメラみたいに耳の中を見ながら耳掃除…「イヤークリーナー」はある意味危険!? 実力をぶっちゃけレポート

【すごすぎる外付けSSD】容量1TBながら驚くほどに小さい!これさえあれば仕事もプライベートも超快適/編集長 奥家の『コレ買いです』Vol.44

【爆売れの予感】プロの味を再現できる充電式、急須で淹れる!? ほか “コーヒー好きを唸らせる”最新ツール3選

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!