MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【最新世代にビルドアップ】新型メルセデスAMG Aクラスが登場

執筆者:

メルセデスAMGモデル「A35 4マティック」「A45 S 4マティック+」「A35 4マティックセダン」が復活

この記事の画像一覧を見る(6枚)

メルセデス・ベンツ日本は「Aクラス/Aクラスセダン」のメルセデスAMGモデル「A35 4マティック」「A45 S 4マティック+」「A35 4マティックセダン」の一部改良モデルの国内導入を発表し、販売を開始した。世界最強の4気筒モデルと言われる「メルセデスAMG Aクラス」は、内外装のデザインをリフレッシュしたほか、パワートレーンやインフォテインメントシステムが最新世代にアップデートされている。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

2カ月の空白期間に、ファンから復活をのぞむ声が上がる

メルセデス・ベンツ「Aクラス/Aクラスセダン」は、ワイド&ローのプロポーションとアグレッシブで若々しいスタイリングに、メルセデス・ベンツの先進技術が注ぎ込まれたスポーツコンパクトとして広い世代から親しまれている。

2月に行われたフェイスリフトでは、ボンネットのパワードームやシャープさを強調したフロントエンド、新デザインのリアディフューザー、アップデートされたインフォテインメントシステム「MBUX」などの採用により内外装がリフレッシュされたが、メルセデスAMGモデルの発表はなく、しばらく導入が途絶える形となっていた。

パワートレーンが最新世代のものに強化されて登場

そんな中、いよいよ新型のメルセデスAMGモデル「A35 4マティック」「A45 S 4マティック+」「A35 4マティックセダン」が復活して注目を集めている。

A35 4マティックセダン

スタンダードのAクラス同様、メルセデスAMGモデルとして内外装のデザインを独自に刷新したのはもちろんのこと、ナビゲーションシステムをSクラスなどに採用されている最新世代にアップデートするなど、装備を充実させている。

新デザインのリアディフューザーや水平基調になったLEDリアコンビランプ、新しいデザインのホイール、新色のボディカラー「ローズゴールド」も新鮮だ。

メルセデスAMGモデルとして内外装のデザインを独自に刷新

新デザインのリアディフューザーに水平基調のLEDリアコンビランプ

パワートレーンも進化。「A35 4マティック」のM260型直列4気筒DOHCターボエンジンは新たにBSGによる48Vマイルドハイブリッドシステムを搭載、滑らかで力強い加速を実現するとともに、ウォーターポンプを電動化して冷却効率をアップしている。また、トランスミッションは従来の7速DCTから8速DCTに変更されている。

新世代ステアリングホイールを採用。3本のツインスポークにより近未来的なスポーティさを演出する

シートにはリサイクルから得られた原料を使用

「A45 S 4マティック+」は、「A35 4マティック」よりもさらにパワフルなM139型直列4気筒DOHCターボエンジンを搭載。今回の改良ではレスポンスや吹け上がりの改善も行い、レブリミットも7,200rpmに設定するなど、ピュアスポーツカー並みのエンジン性能となっている。

なお、「A35 4マティック」「A45 S 4マティック+」に搭載されるM139エンジンはメルセデスAMG本社があるドイツ・アファルターバッハで“One man - one engine”という哲学のもと、一基のエンジンを最初から最後まで責任を持って、ひとりのマイスターによって手作業で組み上げられている。

さらに磨きをかけて復活したメルセデスAMG A35 4マティック、A45 S 4マティック+。BMW M2クーぺ、アウディRS3あたりが想定ライバルとなるか。

メルセデスAMG スペック

メルセデスAMG Aクラス ラインナップ
メルセデスAMG A35 4マティック  ¥7,540,000(税込)
メルセデスAMG A45 4マティック+ ¥9,220,000(税込)
メルセデスAMG A35 4マティック セダン ¥7,61,000(税込)

メルセデスAMG A35 4マティック スペック
全長×全幅×全高 4,440×1,800×1,410mm(暫定値)
ホイールベース 2,730mm
エンジン 直列4気筒DOHCターボ+モーター
総排気量 1991cc
最高出力 225kW(306PS)/5,800rpm
最大トルク 400Nm/3,000-4,000rpm
トランスミッション 8速DCT
駆動方式 4WD
0→100km/h加速 4.7秒
最高速 250km/h
メーカー希望小売価格 ¥7,540,000(税込)

メルセデスAMG A45 4マティック+ スペック
全長×全幅×全高 4,440×1,850×1,410mm(暫定値)
ホイールベース 2,730mm
エンジン 直列4気筒DOHCターボ
総排気量 1991cc
最高出力 310kW(421PS)/6,750rpm
最大トルク 500Nm/5,000-5,250rpm
トランスミッション 8速DCT
駆動方式 4WD
0→100km/h加速 3.9秒
最高速 250km/h
メーカー希望小売価格 ¥9,220,000(税込)

メルセデスAMG A35 4マティック セダン スペック
全長×全幅×全高 4,560×1,850×1,410mm(暫定値)
ホイールベース 2,730mm
エンジン 直列4気筒DOHCターボ+モーター
総排気量 1991cc
最高出力 225kW(306PS)/5,800rpm
最大トルク 400Nm/3,000-4,000rpm
トランスミッション 8速DCT
駆動方式 4WD
メーカー希望小売価格 ¥7,61,000(税込)

文/近藤暁史 写真/メルセデス・ベンツ日本

この記事の画像一覧
  • メルセデスAMGモデル「A35 4マティック」「A45 S 4マティック+」「A35 4マティックセダン」が復活
  • A35 4マティックセダン
  • メルセデスAMGモデルとして内外装のデザインを独自に刷新
  • 新デザインのリアディフューザーに水平基調のLEDリアコンビランプ
  • 新世代ステアリングホイールを採用。3本のツインスポークにより近未来的なスポーティさを演出する
  • シートにはリサイクルから得られた原料を使用

この記事の画像一覧を見る(6枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!