MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【日本導入が待ち遠しい】ボルボ史上最小の電動SUV「EX30」が誕生!欧州では販売開始、日本ではいつ?

執筆者:

イタリア・ミラノで世界初公開されたコンパクトプレミアム電動SUV「ボルボEX30」

この記事の画像一覧を見る(9枚)

ボルボはイタリア・ミラノで新型のコンパクトプレミアム電動SUV「EX30」を世界初公開。欧州および一部の地域ですぐに注文受付を開始して話題を集めている。欧州でのスタート価格は内燃エンジン搭載車両と同等の約3万6000ユーロ(約540万円)で、「Care by Volvo」サブスクリプションパッケージが利用できることも魅力となっている。日本導入に関しては現段階ではアナウンスされていないが、すでにその準備が進んでいるのは間違いない。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

ボディサイズはC40/XC40よりひと回りコンパクト

ロングホイールベースに前後そろったオーバーハングにより洗練されたプロポーションを実現

ボルボ史上最小のSUV「EX30」のボディサイズは、全長4233×全幅1837×全高1555mm、ホイールベースは2650mm。ロングホイールベース、大径ホイール、短いオーバーハングにより、バランスのとれた洗練されたプロポーションを形成。エクステリアはフロントグリルのない電気自動車的なデザインで、フロントフェースにはデジタル表現を用いたトールハンマーヘッドライトがあしらわれている。

デジタル表現を用いたトールハンマーヘッドライトを採用

ボディカラーはスタイリッシュなクラウドブルーなど個性的な5色を設定

ちなみに現行C40のボディサイズは、全長4440×全幅1875×全高1595mm、ホイールベースは2700mmなので、ひと回りコンパクトということになる。

ボディカラーも新鮮で、スタイリッシュなクラウドブルー、明るく表情豊かなモスイエロー(モスイエローはスウェーデン西海岸の岩に生える地衣類からインスピレーション)など、個性的な5色が設定されている。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!