MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

「フィアット500」への変わらない愛情がつまった限定車、ルジアーダグリーンを採用したセンプレヴェルデが登場

執筆者:

フィアット500に限定車「500/500C センプレヴェルデ」が登場

この記事の画像一覧を見る(6枚)

2008年2月に日本市場に登場して以来、老若男女を問わず幅広い層から愛され続け、超ロングセラーとなっているフィアット500に、限定車「500/500C センプレヴェルデ」が登場した。フィアット500は、そのアイコニックなフォルムや欧州コンパクトらしい走りの良さが大きな魅力となっているが、今回の限定車に設定された新色のボディカラーは、なんとも魅力的。フィアット500の限定車はいつも好評で、すぐに販売終了となることが多いが、今回の限定車「500/500C センプレヴェルデ」がどんなモデルなのか見てみよう。

フィアット500オーナーのいつまでも若々しい気持ちを表現

日本でも根強い人気を誇る現行フィアット500の原型となったのが、1957年に誕生した「ノーヴォ500」。アニメ「ルパン三世」の愛車として日本でも広く知られているモデルだ。

「センプレヴェルデ」=Sempreverdeとは、イタリア語で「エバーグリーン、常緑」という意味今回登場した限定車「500/500C センプレヴェルデ」は、その「ノーヴォ500」が7月4日に66回目の誕生日を迎えたことを記念した限定モデルの第2弾。「センプレヴェルデ」=Sempreverdeとは、イタリア語で「エバーグリーン、常緑」という意味で、このモデル名には、フィアット500オーナーのいつまでも若々しい気持ち、フィアット500に対する変わらない愛情が込められている。

インパネにもボディ同⾊の専⽤⾊「ルジアーダ グリーン」を採⽤ボディカラーに新色のルジアーダ グリーンを採用し、インテリアにルジアーダ グリーンがあしらい、今回のテーマである「エバーグリーン、常緑」を表現しているのがポイントだ。

パワフルな直列2気筒インタークーラー付きターボエンジンを搭載

専用の16インチダイヤモンドカットアルミホイールも特別装備この限定車のベースとなったのは、パワフルな直列2気筒インタークーラー付きターボエンジンを搭載する「500 ツインエアー ドルチェヴィータ」で、爽やかなグリーンのカラーリングのほか、専用の16インチダイヤモンドカットアルミホイールも特別装備されている。

電動開閉式ソフトトップを備えたコンバーチブル「500C」にも設定ボディバリエーションは、コンパクトハッチバック「500」のほか、電動開閉式ソフトトップを備えたコンバーチブル「500C」にも設定。500C センプレヴェルデは、ルジアーダ グリーンのボディカラーにブラックのソフトトップを組み合わされたポップな仕様で、インテリアもブラックとアイスのツートーンカラーとなる。

ブラックとアイスの2トーンシートを採用車両価格(税込み)はフィアット500 センプレヴェルデが344万5000円、フィアット500C センプレヴェルデが355万円。限定台数は500が200台、500Cが100台の合計300台。

ちなみに、66回目の誕生日記念限定モデルの第1弾として、イタリアンフラッグのバッジと専用フロアマットを特別装備してリーズナブルな価格を実現した「500 スーパーポップ イタリア」が登場している。

限定車「フィアット500 センプレヴェルデ」スペック

全長×全幅×全高 3,570×1,625×1,515mm
ホイールベース 2,300mm
車両重量 1,040kg
エンジン 直列2気筒SOHCマルチエアターボ横置
総排気量 875cc
最高出力 63kW(85PS)/5,500rpm
最大トルク 140Nm(14.8kgf・m)/2,000rpm
トランスミッション 5速AMT
駆動方式 FF
メーカー希望小売価格 ¥3,445,000(税込)

文/近藤暁史 写真/ステランティスジャパン

この記事の画像一覧
  • フィアット500に限定車「500/500C センプレヴェルデ」が登場
  • 「センプレヴェルデ」=Sempreverdeとは、イタリア語で「エバーグリーン、常緑」という意味
  • 電動開閉式ソフトトップを備えたコンバーチブル「500C」にも設定
  • 専用の16インチダイヤモンドカットアルミホイールも特別装備
  • インパネにもボディ同⾊の専⽤⾊「ルジアーダ グリーン」を採⽤
  • ブラックとアイスの2トーンシートを採用

この記事の画像一覧を見る(6枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/近藤暁史

ライター/近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!