MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【伝統の“赤バッジ”が復活】究極のGTカー「スカイラインNISMO」が1000台限定で登場!

執筆者:

究極のGTカーとして「スカイラインNISMO」が登場

この記事の画像一覧を見る(10枚)

8月1日に発表された「フェアレディZ NISMO」に続き、究極のGTカーとして「スカイラインNISMO」が登場して大きな話題を呼んでいる。スカイラインは1960年代の2代目S5系からGTカーとして進化してきたが、「GT-R」が「ニッサンGT-R」として独立したこともあって、近年は400Rを設定するなど「大人のGTカー」として進化成長してきた。そんなスカイラインに突如登場したのが、あの伝統のGT赤バッジを復活させた「スカイラインNISMO」。いったいこのモデルはどんなクルマなのだろうか。なお、「スカイラインNISMO」は1000台限定で9月上旬に販売開始される。また、さらに特別な「スカイライン NISMO Limited」が100台限定で2024年夏に登場する。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

GT500レース用エンジン開発部門がチューニングを担当

前後のバンパーやサイドシルカバー、フォグランプなどにNISMOデザインを採用今回登場した限定車「スカイラインNISMO」は、スカイラインのトップグレードである「400R」をベースに、レーシングカーの開発やレース活動などを行っているNISMOが開発したモデル。

エンジンは、GT500レース用エンジンに携わった開発者が同じ開発設備を使でチューニングを実施搭載されるV6 3L VR30DDTT型エンジンは、GT500レース用エンジンに携わった開発者によって、同じ開発設備を使ってチューニングを施され、400Rよりさらに最高出力を15ps、最大トルクを75Nmアップして、420ps/550Nmを発生する。

トランスミッションは7速ATで、このモデル専用に各ドライビングモードの変速スケジュールのセッティングを変更。「スポーツ」と「スポーツ+」ではエンジンを高回転で維持し、スポーツ走行でレスポンスのよさを発揮する。

リアタイヤは幅を20mm拡大した専用開発の高性能タイヤを採用また高出力化に対応して、リアタイヤの幅を20mm拡大した、専用開発の高性能タイヤを採用。ホイールもリム幅を拡大しながらも高い剛性と軽量化を両立したNISMO専用エンケイ製19インチとし、操舵初期のレスポンスとコーナーでの接地性を向上させている。さらにこの高性能タイヤにあわせて、サスペンションとスタビライザーを専用チューニング。ブレーキは摩擦材を耐フェード性に優れるものとし、ABSとVDCの電子制御にも手が加えられた。

なお、前後ウィンドシールドガラスの接着剤に車体剛性の向上に貢献する高剛性接着剤を使用するのも注目ポイント。これは「ニッサン GT-R NISMO」にも採用されている。

内外装にもレース参戦のノウハウが盛り込まれる

フロントバンパーロアグリルとフォグランプを取り囲む造形も往年のスカイラインらしさを表現エンジンやシャシだけでなく、内外装にも手が加えられている。

エクステリアでは、前後のバンパーやサイドシルカバー、細く鮮やかなレッドアクセント、フォグランプなどにNISMOデザインを採用。中でも、フロントバンパーロアグリルとフォグランプを取り囲む造形や、ボディサイドのリアホイール中心を前後に貫くサーフィンラインのデザインは、往年の「スカイライン」らしい力強さを表現したものとなっており、フロントフェンダーには伝統の「赤バッジ」も復活している。

フロントフェンダーには伝統の「赤バッジ」も復活空気抵抗を低減しながらダウンフォースを大幅に向上させる機能を持ったデザインは、高速走行時の安定性向上に貢献。グリル開口部の断面と内部エアガイドの形状は、ラジエーターやオイルクーラーへの流れを最適化したものとなっている。ボディカラーは専用色のNISMOステルスグレーを含む全5色をラインナップする。

インテリアはレッドセンターマーク付のNISMO専用本革巻ステアリングホイールなどを採用NISMO専用チューニングRECARO製スポーツシートも用意インテリアは、人気グレード「400R」をベースに黒基調で統一し、コクピットまわりにはレッドセンターマーク付のNISMO専用本革巻ステアリングホイール、280km/hスケールのスピードメーター、NISMOロゴを配したレッドリングタコメーターなどを採用。NISMO専用チューニングのRECARO製スポーツシート、トランクスルーレス、カーボンフィニッシャーをセットした仕様も設定される。

■限定車「スカイライン NISMO」
NISMO ¥7,880,400(税込)
NISMO RECAROシート+カーボン製フィニッシャー装着車 ¥8,470,000(税込)

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!