MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【集中連載】今語りたい名車 Car No.20 ボルボ V40 D4

「グランツーリスモ」シリーズのプロデューサー、山内一典さんが毎号1台のクルマを取り上げてその魅力を語るMonoMax連載「山内一典が選ぶ今語りたい名車、未来も語りたい名車」。
このたび、当連載がめでたく25回を迎えます。
そこで、これまで当連載で扱ってきた名車を本ブログにて1台ずつご紹介。

第20回の名車はボルボ V40 D4です。

リラクゼーションという名の
立派な安全性能

001

2012年にデビューを果たしたボルボの5ドアハッチバック、V40に“D4”が追加されたのは2015年のこと。
“D4”とはボルボが自社開発した直列4気筒2リッターのディーゼルターボエンジンの名称。
日本向けボルボとしては初めてのクリーンディーゼルである。
最高出力は190ps、最大トルクは400Nmで、日本のアイシン製8速TAと組み合わせられ、JC08モードで20km/Lの燃費性能を実現
している。
ガソリンエンジンの主力となる1.5リッターターボの“T3”と比較して、出力とトルクがそれぞれ38psと150Nm高く、燃費性能の面でも3.5km/Lほど上回っている。
基本的にはD4エンジン搭載以外に、従来型からの目立った変更点はない。
装備や仕様の違いで3タイプが用意されていて、価格は349.0~459.0万円。
今回の撮影車両は最上級グレードであり、スポーティグレードでもある、V40 D4 R-Designだ。

●ここにも注目!

002
デビューから数年が経過したが、古さをまったく感じることがないV40のスタイリング。
それはインテリアも同様で、人の感性に優しい北欧デザインならではの魅力は健在だ。

005
D4ユニットは、ディーゼルでありながらラインナップ中で最も高性能はエンジンでもある。

004

取材・文/嶋田智之 撮影/福永仲秋(ANZ)
(本文の内容は2016年本誌掲載時点のもの)

■関連記事
ビームスライツのBIGバッグインバッグは本誌付録史上最高級の出来です!【MonoMax8月9日発売号特別付録】

2795

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

全国のどん兵衛“味の境界線”はどこ?、間違いない「ご当地カレーラーメン」ほか【即席麺マニアの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【狙い目は定価を下回るロレックス!?】腕時計投資家が教える「腕時計投資の極意3か条」とは?

【太陽光からPCを守るカバン】驚異的な放射冷却素材を使用した「SPACECOOL × master-piece」のコラボバッグが登場!

【タイメックスの復刻シリーズ】80年代初頭のデジアナモデルをアップデートした「Q LCAトランスパレント」に注目!

【ドン・キホーテの無限お菓子】やみつきになる「最強おつまみ&おやつ」をドンキマニアがレポート!「黒糖×ピーナツ×柿の種」の組み合わせとは!?

【お風呂掃除の救世主】排水溝の髪の毛、取れない水あか……“あるある悩み”を解消する超コスパグッズベスト4『最高の日用品2024年版』

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!