MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PR ファーウェイ

【デキるビジネスマンの心強い相棒】ファーウェイの“進化版オーディオグラス”は実用性も洒落感も◎ 一度使ったら手放せない!

執筆者:

ファーウェイの“進化版オーディオグラス”は実用性も洒落感も◎

この記事の画像一覧を見る(12枚)

オンライン会議の普及やゲーム人気などによって、最近のオーディオ機器の進化は目を見張るものがあり、メガネとBluetoothイヤホンが一体になったオーディオグラスという新カテゴリーも脚光を浴びています。そして、同カテゴリーを牽引するHUAWEI(以下ファーウェイ)から、新モデル「HUAWEI  Eyewear 2(以下、ファーウェイ アイウェア 2)」が登場しました。ファーウェイ アイウェア 2は前モデルより機能が大幅にアップデートされているのはもちろん、デザイン面でもメガネ市場で人気のハーフリムを採用し、ビジネスでもレジャーでもシーンを選ばず活躍します。

「ファーウェイ アイウェア 2」はこんなシーンで使える!

幅広いシーンで使える「HUAWEI Eyewear 2 」ファーウェイ アイウェア 2の魅力を解説していきます! まずはファーウェイ アイウェア 2が幅広いシーンで使えること。ビジネスからエンタメ、アウトドアまで快適に使える機能を搭載しているだけでなく、スタイリッシュなデザインはどんなシーンにも違和感なく溶け込むんです。

シーン① 長時間のWEB会議も快適!

長時間のWEB会議も快適!すっかりビジネスシーンに定着したオンライン会議ですが、ファーウェイ アイウェア 2はオンライン会議をさらに快適にします。BluetoothでPCやタブレットにワイヤレス接続できるので耳周りのわずらわしさがなく、スピーカーもマイクも搭載しているので1台で通話が可能。

薄型軽量で長時間かけていても疲れにくく、耳をふさがないから耳道が痛くなることもありません。前モデルより約20mm前方にマイクを配置し新しい風ノイズ低減設計によるノイズ軽減によって、自分の会話もより鮮明に伝わります。ロングバッテリー搭載で長時間通話が可能。音漏れ抑制機能も搭載しており、通話の内容が周囲に聞かれるのを防止します。

シーン② 迫力サウンドで動画視聴がはかどる!

迫力サウンドで動画視聴がはかどる魅力的な動画コンテンツが登場し、くつろぎ時間に動画視聴を楽しむ人も多いことでしょう。そんなときにもファーウェイ アイウェア 2は活躍します。シリーズ初の同一指向型デュアル振動板スピーカーによって低音域の迫力が増したことに加えて、新たな正面出音設計によってきめ細やかな音質表現が可能になり、動画への没入度が飛躍的に高まりました。

音漏れ抑制機能によって周囲を気にすることなく動画に集中できるのも◎。耳をふさがない“ながら聞き”状態だから視聴中に電話やインターホンが鳴ったとき、すぐ反応できるのもメリット。この特性を活かせば、音楽を聞きながら掃除や洗濯などの家事を快適にこなせます。洗濯機や電子レンジの完了音などを聞き逃しませんし、固定スピーカーと違って部屋を移動しても常にベスト状態の音楽が聞けます。

シーン③ 防水機能付きでアウトドアでも活躍!

防水機能付きでアウトドアでも活躍ファーウェイ アイウェア 2はIP54の防塵防滴規格に対応しており、屋外でも使えます。汗の影響も受けず、雨などの悪天候も安心。適度に環境音が聞こえるため、周囲の変化にも気づきやすく、事故につながるリスクを減らします。テンプル(つる)部分をタップ・スライドで再生や音量調整などの操作ができるので、いちいちスマホを取り出して操作するストレスがゼロ。タップで通話応答もできるから、外出中に電話がかかってきてもスマホを触ることなく通話応答できるんです。

ここが使いやすい! 3つの“推しポイント”

ファーウェイ アイウェア2は従来のオーディオグラスに抱かれがちな不安要素を払拭ファーウェイ アイウェア 2はどんなシーンでも使い勝手がいいことを説明しました。それを実現しているのは同モデルに3つの便利なポイントがあるから。この3つは従来のオーディオグラスに抱かれがちな不安要素を払拭しているポイントでもあり、その点でファーウェイ アイウェア 2はオーディオグラスカテゴリーのハイエンドモデルと言っていいでしょう。3つのポイントを順に紹介していきます。

① “薄くて軽い”から長時間かけていても快適

“薄くて軽い”から長時間かけていても快適ファーウェイ アイウェア 2は重量を約35g(500°レンズ)と軽量化。スピーカーなどを搭載したテンプルは最も厚い部分でも約9.7mmで、前モデルより約20%スリム化されており、見た目もよりスタイリッシュに。鼻パッドも弾性があり鼻梁への負荷が少ない素材を採用しています。

② ハード・ソフト両面で周囲の“音漏れ”を防止! 音質もクリアになった

ハード・ソフト両面で周囲の“音漏れ”を防止! 音質もクリアになった耳をふさがないオープンイヤー型は周囲への音漏れが気になるところ。しかし、ファーウェイ アイウェア 2は音声学に基づいた逆音波アルゴリズム2.0によってノイズを軽減し、通話音量を自動的にコントロールするスマート音声調整アルゴリズムによって音漏れを抑える設計。また、同一指向型デュアル振動板スピーカーで迫力ある低音域と豊かな高音質を実現しています。

③ 長時間の使用にも耐え、急速充電もできる“タフなバッテリー”!

長時間の使用にも耐え、急速充電もできる“タフなバッテリー”オーディオグラスに限らず、ワイヤレスイヤホンは持続時間の長さが使い勝手の良さに繋がります。その点でもファーウェイ アイウェア 2は優秀。ロングバッテリーを搭載し、フル充電時、音声通話なら最大約9時間、音楽再生なら最大約11時間の連続使用が可能です。

充電速度も改善しており、約50分でフル充電できるほか急速充電にも対応。約10分の充電で音楽再生なら最大約3時間・通話なら最大約2時間稼働します。充電はテンプルの両端を専用ケーブルにつなぐだけ。ケーブルのボタンでペアリングする仕様です。

これも便利! 直感的に操作できるボタンレスデザイン

直感的に操作できるボタンレスデザインファーウェイ アイウェア 2はボタンレスデザインを採用しており、タップやスライドで操作ができます。ダブルタップでは音楽の再生と一時停止、通話の応答と終了が可能。テンプルをスライドすることで音量調整または曲の切り替えもできるほか、2秒以上長押しで着信拒否になります。凹凸のないスッキリとしたフォルムは落ち着いた雰囲気に一役買っていますね。

これも便利! 低遅延でゲームに没頭できる

低遅延でゲームに没頭できるBluetooth5.3を搭載したことで音声の低遅延を実現。映像とのズレが極力少なくなり、ゲームプレイではチャンスやピンチの瞬間に気づけてノーストレス。動画視聴も音声とのズレなく楽しめます。

【結論】ファーウェイ アイウェア 2は一度使ったら手放せない!「デキるビジネスマンの強い味方」だ

ファーウェイアイウェア2は一度使ったら手放せないファーウェイ アイウェア 2があれば、ビジネスもエンタメもアウトドアも快適になります! 様々なシーンでQOLが上がるだけでなく、耳に入れるイヤホンが合わない人や、周囲の音が聞こえづらくなると困る事情がある人にもおすすめ。

HUAWEI Eyewear 2 (ファーウェイ アイウェア 2)
市場想定価格:チタニウムシルバー¥47,800、ブラック¥37,800(各税込み)
問い合わせ:ファーウェイ https://consumer.huawei.com/jp/
Amazon https://www.amazon.co.jp//dp/B0CJX3TWB7/?th=1

※かけ具合の調整、度付きレンズやサングラスへの交換はOWNDAYS(オンデーズ)の店舗にて行っています(レンズ代など一部有料)。

撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/栃木雅広(quilt) ヘア&メイク/米尾太一(TUNE) モデル/タカシ

この記事の画像一覧
  • ファーウェイの“進化版オーディオグラス”は実用性も洒落感も◎
  • 幅広いシーンで使える「ファーウェイ アイウェア2」
  • 長時間のWEB会議も快適
  • 迫力サウンドで動画視聴がはかどる
  • 防水機能付きでアウトドアでも活躍
  • 「ファーウェイ アイウェア2」は従来のオーディオグラスに抱かれがちな不安要素を払拭
  • “薄くて軽い”から長時間かけていても快適
  • ハード・ソフト両面で周囲の“音漏れ”を防止! 音質もクリアになった
  • 長時間の使用にも耐え、急速充電もできる“タフなバッテリー”
  • 直感的に操作できるボタンレスデザイン
  • 低遅延でゲームに没頭できる
  • 「ファーウェイ アイウェア2」ならビジネスもエンタメもアウトドアも快適に

この記事の画像一覧を見る(12枚)

この記事のタグ

この記事を書いた人

ライター/金山 靖

ライター/金山 靖

文房具、家電、インテリア、雑貨などライフスタイル系グッズに精通。商品の企画開発担当者をはじめ、タレントや文化人などへのインタビュー経験も豊富。カップ麺やお菓子などグルメ全般にも造詣が深い。

Twitter:@kuunelu5963

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする