MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2016/10/05 17:00

    【試して比較!】話題のスティッククリーナー、メイン機として活用できる4万円前後のモデル厳選3選!

    オススメ02
    【エレクトロラックス エルゴラピード・リチウム スタンダード】(実勢価格¥38,800)
    %e3%82%a8%e3%83%ac%e3%82%af%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9
    9月に発売されたばかりの14.4Vモデルの最新版。スイッチを踏むだけでブラシにからまった髪の毛などをカットし吸引するブラシロールクリーン機能を装備。運転時間:約30分(通常モード)、充電時間:約4時間、W27×H107×D15cm、質量2.5kg。

    【実際に使って試してみた!】
    126129
    ゴミ30g中、29gを集じん!
    抵抗を感じることなく集じんできた! 滑りがよくじゅうたんマットの上でも抵抗感なく進めた。先端にLEDライトがあるのも特徴です。
    114
    ヘッドにトライアングルパワーノーズを採用。ノズル全面を三角形にして、吸引力と空気の流れのバランスを向上し、大小さまざまなゴミがとれる。
    119
    本体の一部が外れ、ハンディ機となるのが同シリーズの特徴。布用ノズルなど付属ツールも多い。
    116
    専用のスタンドを使って部屋の片隅で充電ができる。スタンド自体はコンパクトなので邪魔になりにくい点もよい。

    【総評】
    本体はやや重く持ち上げに向かない形状だが、その分使用感はスムース。ハンドユニットとの使い分けがカギだ。

    オススメ03
    【マキタ 充電式クリーナ CL182FDRFW】(実勢価格¥37,600)
    makita
    18Vリチウムイオンバッテリーを着脱して活用する、プロ清掃業者にも人気のモデル。かなり軽量なのがウリで、狙ったゴミをすばやく吸引できる。運転時間:標準約40分、充電時間:約22分、W11.5×L100.4×H15.1cm、質量:約1.5kg(バッテリー含む、ノズル、パイプ除く)

    【実際に使って試してみた!】
    121123
    ゴミ30g中、28gを集じん!
    一度のストロークでは大きめのゴミを残してしまったが、細かなゴミはほぼすべて吸引できた。
    112
    電動駆動のブラシはなくシンプルなヘッドで、本体を床近くまで傾けても床面から浮きにくい構造。
    118
    手軽にゴミを捨てられる紙パック方式を採用。再利用可能な布製ダストパックも1枚ついてくる。
    115
    たった22分の急速充電が可能なのがポイント! バッテリーを取り外し、付属の専用充電器で充電する。

    【総評】
    手足の長いじゅうたんは不得手かもしれないが、とにかく軽くて扱いやすいことが、掃除への抵抗感をなくしてくれました!

    いかがでしたでしょうか。掃除機は日常の掃除を劇的に変えてくれるアイテム。購入をお考えの方、ぜひ参考にしてみてください!

    12

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群な「スマホショルダーバッグ」が1090円で付いてくる!

    【付録】毎日これ一つでお出かけ可能! 機能もデザイン性も抜群…