MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【23-24 日本カー・オブ・ザ・イヤー】ぶっちぎりの1位にも納得!大賞に輝いたのはもちろんあのクルマ

執筆者:

【2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー】トヨタ プリウス トヨタが世界に誇るハイブリッドカーが受賞!

この記事の画像一覧を見る(6枚)

今年の顔、日本を代表するクルマを選ぶ日本カー・オブ・ザ・イヤーがついに決定。日本車、そして輸入車も交えた中から、今回ぶっちぎりの高得点で見事大賞に輝いたのは、あのエコカーだった!

日本カー・オブ・ザ・イヤーとは?
創設は1980年。一般社団法人「日本カー・オブ・ザ・イヤー」が構成する日本カー・オブ・ザ・イヤー実行委員会が運営し、各実行委員媒体(雑誌、ウエブなど)が推薦する選考委員の投票により決定される。今回は2022年11月1日~2023年10月31日までに国内で発表された乗用車から、あらかじめ10台の「10ベストカー」を選出し、そこから最終投票が行われて決定された。文字通り日本を代表するクルマの賞典であり、国内外から高く評価されている。

【日本カー・オブ・ザ・イヤー】トヨタが世界に誇るハイブリッドカーが受賞!

【2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー】トヨタ プリウス

トヨタ プリウス
[受賞理由] 1997年に登場した世界初の量産ハイブリッドカーがプリウス。抜群の燃費性能で低燃費車を牽引する存在だったが、5代目となりその殻を破って新たなフェーズへと移行した。省燃費もさることながら、スタイリッシュなモノフォルムデザインに加え、動力性能も著しく向上。スポーツドライビングが楽しめる性能が高く評価された。

2023-2024 日本カー・オブ・ザ・イヤー 得点表

1位 トヨタ プリウス 360点
2位 BMW X1 150点
3位 ホンダ ZR-V 100点
4位 トヨタ アルファード/
ヴェルファイア
90点
5位 日産 セレナ 60点
6位 三菱 デリカミニ 60点
7位 SUBARU クロストレック 56点
8位 アバルト 500e 42点
9位 フォルクスワーゲン ID.4 24点
10位 マセラティ グレカーレ 18点

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【トヨタのコンパクトHEV】一部改良のアクアに上質な特別仕様車「Z“ラフィネ(Raffine)”」が登場!

【ワイルドなクラウン!?】こうでなくちゃ!クラウン クロスオーバーに特別仕様車「 RS “ランドスケープ”」が登場

プロが解説「対向車のハイビーム」急増中の理由、ホンダのSUV「ヴェゼル」が上質モデルに移行!? ほか【クルマの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【お値段以上の作戦がすごい】スズキ新型「スイフト」は衝撃の“ノー”ストロングハイブリッド!自動車ジャーナリストが徹底解説『小沢コージの遊べるクルマ』

【限定200台のコンパクトSUV】自由な非日常を楽しもう!ジープ コンパスに限定車「ブラック シャーク」が登場

【さまざまなニーズに柔軟に対応】日産「アトラス」にダブルキャブ仕様、1.55t仕様が登場

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!