MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

特集本当に使える!新・三種の神器

【間違いない腕時計】カルティエの最高傑作、最も注目されたコラボ作 ほか「2023年を代表する腕時計」ベスト3

執筆者:

2023年に話題や注目を集めた象徴的な時計3本

この記事の画像一覧を見る(14枚)

2024年もスタートし、早くも1カ月が過ぎました。新たな一年の始まりにワクワクもしつつ、昨年はどんな年だったかを振り返るのもいいかも知れません。そこで今回は2023年に話題や注目を集めた象徴的な時計3本をピックアップ!2024年も引き続き話題性たっぷりの3本を紹介していきます。

1. ジュエリーウォッチの最高傑作“カルティエ タンク フランセーズ”

カルティエ
タンク フランセーズ

カルティエ
タンク フランセーズ
¥698,500

2023年のビッグニュースと言えば、この1本は欠かせません。Cartie(カルティエ)のアイコンでもあるタンクコレクションより、新作が登場したことです。

そもそもカルティエと言えば、世界的なジュエラーでもありますが、世界で初めて男性用腕時計を作ったというブランドでもあります。飛行家であるアルベルト・サントス=デュモンからの「操縦中に時間を確認したい」という要望に応える形で、1904年に世界初の男性用腕時計である“サントス”が誕生し、1917年には、第一次世界大戦時に終戦をもたらせた平和の象徴である戦車をモチーフに“タンク”が生まれました。

1996年にタンクコレクションの新モデルとして発表され、2023年にリニューアルされた「タンク フランセーズ」ですが、ケースとブレスレットが一体化しており、ジュエリーとしても腕時計としても楽しめるという特徴を持ったモデルなのです。

大人の色気を感じさせてくれるフェイス今作の魅力となっているのが、気品漂うフェイスにあります。植字となったインデックスは立体感があり視認性がよく、サンレイ仕上げの文字盤は光のあたり具合によって輝きが変わり、大人の色気を感じさせてくれます。

シルバー×ブルーといった気品さを感じるカラーリングリューズはケースに半分ほど埋め込まれており、シンセティック スピネル カボションの装飾が上品さを加速させています。ブルースティール製の剣型針との相性もよく、シルバー×ブルーといった気品さを感じるカラーリングがたまりません。

ラウンドしたケースは腕に優しくフィットしてくれ、着用感も高いラウンドしたケースは腕に優しくフィットしてくれ、着用感も高いのが特徴です。小ぶりでラグジュアリーな雰囲気はトレンド感もあり、身につけるだけでクラス感をアップしてくれるような存在です。ジュエリーウォッチの最高峰だと思いますので、気になった方はぜひ一度お試しあれ。

素材:スティール製ケース、ファセットを付けたスティール製リューズにシンセティック スピネル カボションの装飾。シルバー仕上げダイアル、ブルースティール製剣型針、サファイアクリスタル。スティール製ブレスレット
ケースサイズ径:32 x 27mm
厚さ:7.1mm
日常生活防水

問い合わせ:カルティエ カスタマー サービスセンター TEL:0120-1847-00
URL:https://www.cartier.jp

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【新・一生モノ腕時計】プロが激推しする「永世定番モデル」とは?傑作時計ベスト2選を徹底解説!

【100気圧防水の本格ダイバーズ】エドックス「ネプチュニアン」の日本限定モデルに大注目

【ティソの最新スポーツウォッチ】歴史の新たな一章を拓くクロノグラフ「PR516」が鮮烈デビュー!

【5万円以下の機械式時計】Orient「オリエントマコ 40」最新モデルは日常使いにちょうどいい傑作だった

【注目必至の限定ドレスウォッチ】ブランド創成期のデザインを再現した「クレドール」50周年記念モデルが登場

【オリエントスターの機械式時計】先進的なテクノロジーを駆使して開発された新モデル「M34 F8 デイト」がデビュー

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!