MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

5月号通常号

5月号通常号

2024年4月9日(火)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【傑作カバン大賞】忖度なしでガチ審査!バックパック部門ベスト5「1位はシンプル顔ながら収納力◎の機能派」

執筆者:

カジュアルさと上品さが見事に融合!シンプル顔ながら収納も十分な機能派!

この記事の画像一覧を見る(18枚)

ライフスタイルの多様化が加速するなか、世間から求められているカバンとは一体どんなものなのでしょうか。「今本当に求められているカバンは?」をテーマに、この一年で発売された傑作カバンを厳選、それらをプロが審査してみました。

今回は「ビジネスバックパック」部門ベスト5をご紹介。新時代にふさわしい『カバン・オブ・ザ・イヤー2024』のNo.1に輝いた傑作カバンに注目です!

カバン・オブ・ザ・イヤー2024審査員と審査方法は?

忖度なしのガチ審査を実施すべく、10名のカバンのスペシャリストが集まりました。審査員と審査方法はこちら。

10名のスペシャリストが審査

ライター/岡藤充泰さん
カバンと財布にこだわって30年のベテランライター。一周回ってリュックは一層式派。

シップスバイヤー/小川厚也さん
メンズドレス部門を担当するシップスの敏腕バイヤー。ビジネス&フォーマルに強い。

株式会社ロフトバイヤー/小林幸司さん
センスのよさで知られるロフトを陰で支える物知りバイヤー。バラエティ雑貨を担当。

スタイリスト/小林知典さん
本誌をはじめ雑誌やWEBで活躍する人気スタイリスト。研究熱心で頼りになる存在。

スタイリスト/小孫一希さん
メンズファッション誌を中心に活躍するおしゃれ番長。着るもの、持つものは黒が基本。

株式会社ハンズバイヤー/坂本胡桃さん
旅行用などカバン全般を幅広く担当するハンズの凄腕バイヤー。確かな審美眼でジャッジ。

ボルシチ代表/辻井国裕さん
創立20年目のPR会社代表。これまで扱ったブランドは数知れず。圧倒的知識量を持つ。

スタイリスト/栃木雅広さん
雑誌、WEB、広告など幅広いメディアで活躍。特にドレススタイリングに定評がある。

ライター/横山博之さん
毎年数多くのカバンを吟味し、紹介してきたモノライター。トレンドの流れにも精通。

ライフブランディング代表/吉田泰則さん
伊勢丹メンズ館のバイヤーを経て独立。現在は個人向けスタイリングサービスを行っている。

5つの項目で総合的にジャッジ!

各部門、2023年1月~2024年1月発売のカバンから厳選。デザイン、素材、縫製(スーツケース&トローリー部門は静音性)、使い勝手、コスパの各10pt/合計50ptで審査。総合部門は、「ジャンルを超えてNo.1のカバン」を各プロに選出してもらい多数決により決定。

PC持ち運びはスタンダードの時代に

《ノミネート条件》
・3.5万円以下のモデル
・15.6インチPCを収納できるスリーブを完備
・ややカジュアル感のある丸みを帯びたフォルム

新時代になって仕事カバンの主役はブリーフケースからバックパックへ。ノミネートされたのはPCスリーブを備え、スーツやジャケットスタイルに合わせやすいだけでなく、カジュアルシーンでも使えるものとなった。

小川「部門1位に輝いたアントラックはベンタイルの素材感、縫製のよさなど完成度が高かった。ビジネス中心に考えるとややカジュアルな印象を受ける素材ですが、それでも使い勝手のよさを含め素晴らしかったです」

小孫「アントラックは素材感がややカジュアル寄りに見えましたが、シンプルなデザイン、機能的な作り、パーツなどへのこだわりを高く評価しました」

吉田「私もアントラックを推しました。全体のバランスが取れていて非常に使いやすいバックパックだと思います。一方で、ジャック・ウルフスキンの軽さ、使いやすさ、スマートなデザインも気になりましたね」

小川「価格を考えればインケースが突出していました。あのクオリティが1万円台で買えるのは驚きです」

小孫「タフに使いたい人にはミステリーランチも捨てがたい。ビジネスにもアウトドアにも活躍する汎用性の高さはさすがです。審査基準が変われば1位になるカバンだと思います」

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

“間違いない”ビジネスマン三種の神器、悩みに応える仕事カバンの最適解 ほか【ビジネスグッズの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【仕事や遊びの相棒カバン】軽量・快適・多機能を叶えるクロームの新ライン「ディストリクトコレクション」全6型に注目!

【大注目ブランドの新色カバン】アントラック「CITY/VT」にベージュが仲間入り!デイパックがもらえるキャンペーンも実施中

【太陽光からPCを守るカバン】驚異的な放射冷却素材を使用した「SPACECOOL × master-piece」のコラボバッグが登場!

ヴィンテージ感◎のコールマン最新バックパック、絶賛爆売れ中のショルダーバッグほか【コールマンの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

プロがガチ審査「傑作カバン大賞」、品と収納力がある最強の仕事バッグ ほか【バックパックの人気記事 月間ベスト3】(2024年3月)

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

本格派か!? 機能性派か!? イオンのスーツ&ジャケパンは三拍子そろった傑作だった!

【手ぶら派の味方】便利でタフでチルできる!グラミチの「最新ボトム」コレクション3選

今月のモノマックス特別付録

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!

【昨年完売!ナンガのコラボ付録が再び降臨!】12個のポケット搭載のショルダーバッグ付録がすごい!