MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

7月号通常号

7月号通常号

2024年6月7日(金)発売
特別価格:1,290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PR ネイチャーラボ

【最注目のメンズケアブランドを徹底解剖】七つのキーワードからMARO17の魅力を紐解く!

執筆者:

あきらめない男のための、頭皮と髪のために新たな発想を加えて研究・開発されたメンズヘアケアブランド」としてネイチャーラボが発信するMARO17(マーロセブンティーン)

この記事の画像一覧を見る(8枚)

2017年、「あきらめない男のための、頭皮と髪のために新たな発想を加えて研究・開発されたメンズヘアケアブランド」としてネイチャーラボが発信するMARO17(マーロセブンティーン)。『あきらめるなよ。男だろ。』というキャッチフレーズを目にした人も多いのではないでしょうか? 優れた開発力を背景にした良好な使用感や独自の世界観を表現したデザインが高く評価され、いまや日本国内はもちろん海外でも高く評価される存在へと成長しています。

そこで今回は、関係者へ実施した取材も踏まえ、MARO17がここまで支持されている理由を7つのキーワードをもとに紐解いてみます!

【Keyword 01】世界中の研究機関と提携!「発想×研究、そしてMARO17の誕生」

メンズケアブランドMAROが若年層の人気を獲得する中、大人の男性が使いたくなるシャンプーの開発を目指したことがMARO17誕生のきっかけに。

「髪のハリコシ・ボリュームや乾燥といった年相応の悩みに答えることはもちろん、“美男子”のトレンドとも違う、“カッコいい大人の男”に近づけるような製品づくりを目指しました」と関係者は話します。

左)MARO17「コラーゲン配合(保湿)シャンプー パーフェクトウォッシュ 350mL」¥2,178(税込)中)MARO17「コラーゲン配合(保湿)スカルプ コンディショナー 350mL」¥2,178(税込)右)MARO17「BODY SOAP パーフェクトウォッシュ 450mL」¥1,078(税込)

(左)MARO17「コラーゲン配合(保湿)シャンプー パーフェクトウォッシュ 350mL」¥2,178(税込)……過剰な皮脂でベタつく頭皮を、濃密泡でスッキリ整える爽快シャンプー。超立毛*1ボリューム成分配合。

(中)MARO17「コラーゲン配合(保湿)スカルプ コンディショナー 350mL」¥2,178(税込)……髪だけでなく、頭皮のために開発した頭皮直づけコンディショナー。コラーゲンやヒアルロン酸Naを配合(保湿成分)。

(右)MARO17「BODY SOAP パーフェクトウォッシュ 450mL」¥1,078(税込)……大人の男のための香りと洗い心地を実現。きめ細かな弾力泡でスッキリ洗い上げる。

世界中の研究機関と提携するグローバルオープンイノベーションの手法により、独自処方のペプチド*2をはじめとする多くの保湿成分を配合。ボトルデザインやCMなどのクリエイティブでも世界観を表現し、今やトップクラスのシェアを誇るメンズケアブランドへと成長しました。

「こだわりを持つ多くの男性から支持をいただいております。今後も魅力的な製品をお送りすべく、精力的に開発を続けているところです」

【Keyword 02】使ってわかる仕上がり!「こだわり贅沢成分」

MARO17が高い人気を誇る大本は、やはり洗い心地がいいことにあります。シャンプー・コンディショナーにはキャピキシル*3と独自処方のペプチド*2を配合。さらにうるおいを与えるローヤルゼリー酸*4とコラーゲンも配合されています。

こだわり贅沢成分たとえば「コラーゲン配合(保湿)シャンプー パーフェクトウォッシュ」を例にすると……独自処方のペプチド*2や海藻エキスが毛髪にうるおいを与えるとともにパーフェクトウォッシュ処方で頭皮のベタつきをオフ。さらに3Dボリューム成分配合でボリューム感のある仕上がりとなっています。

この記事のタグ

この記事を書いた人

横山博之

ライター横山博之

カバン、時計、ファッションなど男性のライフスタイルを彩るモノを領域とするライター。デザイナーや職人などモノづくりに関わるキーパーソンへのインタビュー経験も豊富。時代の先端を行く技術やカルチャーにも目を向ける。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする