MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

「見切り品の刺身は買わない方がいい?」食のプロが伝授!スーパーで役立つ“新鮮な刺身”の選び方

執筆者:

スーパーの刺身

この記事の画像一覧を見る(3枚)

暑さのせいで食欲のない日でもお刺身なら食べられる!という方も多いはず。スーパーでも1人前から手軽に購入できますが、閉店間際の見切り品の中には「これ大丈夫?」と思ってしまうようなものもありますよね。

そこで今回は食の専門家であるスギアカツキさんに「スーパーで刺身を買う時の上手な選び方」について聞きました。

ドンキの“ヤバ盛り”冷凍食品、ムジラーもリピ買いする「大ヒット作」ほか【コスパ最強グルメの人気記事ランキング】(2024年6月版)

刺身がマズくなるメカニズムとは

スーパーの刺身そもそもの「刺身の鮮度が落ちる」理由について理解していると、閉店間際の刺身売り場の中でもより良いものを選ぶことができるようになるとスギアカツキさんはいいます。

「刺し身の鮮度が落ちるとマズくなる理由は『魚の油』にあります。魚の油といえばDHAやEPA、オメガ3などを含み身体に良い効果があると言われていますよね。しかし、魚の油の弱点は酸化しやすいことなんです。

オメガ3を多く含む亜麻仁油などは『加熱してはいけない』と言われますが、これは加熱することによって酸素と結びついて酸化してしまうから。油は酸化すると臭くなってしまいます。

特にDHAやEPAを多く含む青魚が日持ちしないと言われるのは酸化しやすい=劣化しやすいからです。青魚以外にもマグロ・ブリ・サーモンもそうですね。マグロは特に油の多いトロの部分は赤身よりも劣化しやすい……これは刺身の状態になっても同じです。

一方で油をあまり含まない白身魚は劣化しにくいです。もし鮮度の良さを重視して閉店間際のスーパーで刺身を選ぶなら、ヒラメやタイなどの白身系を選ぶと良いでしょう」(スギアカツキさん)

この記事のタグ

この記事を書いた人

松本果歩

ライター松本果歩

インタビュー記事から食レポ記事までジャンルを問わず執筆するフリーランスライター。コンビニを愛しすぎるあまり、OLから某コンビニ本部員となり、店長を務めた経験あり。

執筆記事一覧


Twitter:@KA_HO_MA

Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

ドンキの“ヤバ盛り”冷凍食品、ムジラーもリピ買いする「大ヒット作」ほか【コスパ最強グルメの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「SNSで話題沸騰の本格コンビニ飯」セブン‐イレブン“エリックサウス監修ビリヤニ”は本当にうまいのか?新発売の2024年夏版をコンビニマニアが実食レポート

「こまめに電源オフは逆効果?」エアコンの勘違い節電、ドンキ“驚安家電”の実力 ほか【家電の人気記事ランキング】(2024年6月版)

「国産牛=和牛は間違い?」実は焼きすぎ!? 食のプロに教わる“美味しい牛肉”の選び方、焼き方のコツ

“ウインナーに切り込みを入れるのはNG!?”、プロ伝授「夏にバナナを長持ちさせる保存方法」ほか【ライフハックの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「エアコンのお掃除機能はない方がいい?」節電のプロが教える、エアコンの“買い替え時”と“種類”とは?

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!