MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

「220台が日本上陸」史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極のディフェンダー“オクタ(OCTA)”がワールドデビュー!

執筆者:

史上最もタフなディフェンダー、「ディフェンダー オクタ」を発表

この記事の画像一覧を見る(15枚)

英国のジャガー・ランドローバーは、ディフェンダーのハイパフォーマンスモデル「ディフェンダー オクタ(OCTA)」を発表した。史上最もタフで、最も走破性が高く、最もラグジュアリーな究極の「ディフェンダー」で、7月11日から14日にかけてイギリスで開催されるグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード2024で一般公開される。

日本では注文を予定している顧客に向けて、すでに千葉にある「THE MAGARIGAWA CLUB」で特別プレビューイベント「DEFENDER ELEMENTS 」を開催しており、まもなく注文受け付けを開始する。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

いかなる路面でも高い信頼感と制御性を確保

ディフェンダー史上最も過酷なテストと開発プログラムを実施。13,960回以上のテストを行ったという「ディフェンダー オクタ」はディフェンダー110のボディに、最高出力635PS/最大トルク750Nmの4.4L V型8気筒ツインターボガソリンエンジン(MHEV)を搭載し、ハイレンジからローレンジまでをカバーする8速ATを組み合わせて、0-100km/h加速4.0秒を実現した史上最もパワフルな究極のディフェンダー。22インチの軽量アロイホイールとオールシーズンタイヤを選択すると、最高速度は250 /hに達する。

「ディフェンダー オクタ」はディフェンダー110のボディに最高出力635PS/最大トルク750Nmの4.4L V型8気筒ツインターボのマイルドハブリッドを搭載また、最大トルク750Nm(ダイナミックローンチモードでは最大800Nm)を1,800rpmから6,000rpm近くまで発揮し、オールテレイン走破能力に合わせたチューニングにより、卓越したドライバビリティも発揮する。

0-100km/h加速4.0秒を実現した史上最もパワフルな究極のディフェンダー

22インチの軽量アロイホイールとオールシーズンタイヤを選択すると、最高速度は250km/hに達するシャーシコンポーネンツには、6Dダイナミクスサスペンション、油圧連動の連続可変セミアクティブダンパーをはじめとする革新的なテクノロジーを採用し、強化されたウィッシュボーンや広げられたトレッドなどともあいまって、オンロード、オフロードなどいかなる路面でも高い信頼感と制御性を確保する。

6Dダイナミクスサスペンション、油圧連動の連続可変セミアクティブダンパーなどオンロード、オフロードともいかなる路面でも高い信頼感と制御性を確保6Dダイナミクスサスペンションはどんな路面を走行しているのかを自動的に検知し、それに合わせてダイナミックセッティングを最適化。デフォルト設定のコンフォートモードから、ステアリングホイールに配された透明なシグネチャーロゴボタンを一度押すとダイナミックモードに入り、車両のステアリングやアクセル、サスペンションをよりダイナミックなセッティングに調整する。

さらにこのボタンを長押しすると、オクタモードにアクセスできる。これはオフロード走行時のパフォーマンスに特化した専用モードで、滑りやすい緩い路面での最適な加速を実現するオフロードローンチモードも使用できるほか、トラクションコントロールの設定を「TracDSC」または「DSCオフ」にすると、独自のオフロードABSキャリブレーションが作動し、滑りやすい路面での最適なブレーキ性能を発揮する。

「オクタ」という名称は、8面体(octahedron)形状のダイヤモンドに由来するという「ディフェンダー オクタ(OCTA)」という名称は、地球上で最も硬く、最も人々を魅了する鉱物であり、特徴的な外観と耐久性を有する8面体(octahedron)形状のダイヤモンドに由来するという。

この記事のタグ

この記事を書いた人

近藤暁史

ライター近藤暁史

男だてらにお堅く学習院大学文学部国文学科卒。ファッション誌から一気に転身して、自動車専門誌の編集部へ。独立後は国内外の各媒体で編集・執筆、動画製作なども。新車、雑ネタを中心に、タイヤが付いているものならなんでも守備範囲。AJAJ(日本自動車ジャーナリスト協会)会員。自身のYouTubeチャンネル「こんどう自動車部」では、洗車・自動車のメンテナンスなどを中心に、クルマに関わる裏技を紹介中!

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

「使い方無限大」車中泊が気軽に楽しめる移動基地、3大人気ブランドの“業界最高峰”シューズ ほか【アウトドアの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「最新世代のガソリンエンジン採用」電動化、運転支援、デジタル化の領域でさらに進化!フォルクスワーゲン“ゴルフ”8.5世代に注目必至

「9月の注文開始に向けて先行公開」フォルクスワーゲン パサートが激進化、ボディタイプはヴァリアントに一本化

「この出っ張り、いったい何?」ドアミラーの付け根…ほか “トヨタ車にほぼ付いている”小さな突起の効果を自動車ライターが解説

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!