【MonoMaxが使って試した】ユニクロのニットスニーカーがとてもよいデキ!

圧倒的なコストパフォーマンスを考えると、MonoMax的にもオススメ!

ユニクロ ニットライトスニーカー これまでも何度かスニーカーをリリースしているユニクロから、まさかのニットスニーカーが登場しました。名称は「ニットライトスニーカー」。ご覧のようにとてもスタイリッシュな仕上がりで、編集部でも「これユニクロなの!?」との声が続出! さらになんとお値段2,990円(税別)! と聞いて部員たちはさらに驚愕! こちらの一足、デザイン&価格だけでなく優秀なポイントがいくつもあったので、ここに記していこうと思います。

シンプルなデザインなので様々なコーディネイトに対応!

ユニクロ ニットライトスニーカー

このニットライトスニーカー、編集部では「デザインがいい!」という声があがりました。すごくカッコいいというわけではなく、非常にシンプル、いい意味でコーディネイトの“邪魔をしない”絶妙なデザインなのが好評でした。どんな洋服にも合わせやすそう。休日のカジュアル服に問題なく合わせられるのはもちろんですが、これから迎えるクールビズシーズンに履いても問題ないのではと思います。汎用性は高いです。

色はブラックとホワイトの2色展開!

コーディネイトに使いやすい黒と白の2色展開なので、好みで選べるのもよいです。そして価格が2,990円(税別)というニットスニーカーとしては考えられない驚異的コストパフォーマンスなので、悩むなら2足買ってしまってもよいかもしれません。買ってもどこかで使えそう、そう思わせてくれるシンプルデザインが好感触な1足です。

ユニクロ ニットライトスニーカー

※写真提供/UNIQLO

ユニクロ ニットライトスニーカー

※写真提供/UNIQLO

軽くて柔らかい“ブリーズニット”を採用している!

ユニクロ ニットライトスニーカー

今回表面に採用しているのは、軽さと柔らかさを併せ持つブリーズニット素材。当然ながら通気性に優れているので、これから夏を迎える季節に最適。スニーカーはムレが気になる……そんな方にぴったりです。また、このブリーズニット素材のポイントのひとつが軽いことです。26cmなら僅か186gという驚異的軽さ! 

ソールも柔らかなので、

ソールはユニクロ オリジナルのものを採用。こちらも軽く屈曲性に優れています。写真のように「ぐにゃり」と曲がってもへっちゃら。

ユニクロ ニットライトスニーカー

気になる履き心地は……

履いてみて思ったのは、「ふわふわした履き心地」ということ。インソールのクッション性がかなりあるので、歩いていて反発するのではなく、吸い込まれるように足が沈んでいく。それがふわふわした印象を与えてくれます。長時間歩いた際に多少の疲れを感じましたが、許容範囲かなと思います。

ユニクロ ニットライトスニーカー

そして通気性がかなりあるので、足元は涼しいです。逆に冬場は寒いかもしれません。夏場の快適さを求めるならよいかと思います。

ユニクロ ニットライトスニーカー

スライダーの位置を変えるだけでヒモがほどけないので、ホールド感の調整がとにかく楽です。特徴的なのが靴ひもで、これ通常の靴ひもではなくなんとゴム製。普段はきちんとホールドしてくれるのに、靴を脱ぐときはゴムが伸びてくれるので、スライダーの位置を変更することなく、靴の着脱ができます。

まとめ/買ってよいと思います!

ユニクロにスニーカーのイメージがある方ってなかなかいないかもしれませんが、このニットライトスニーカーはなかなかよいデキではないかと思います。流行中のニットスニーカーを気軽に手に入れられるコスパの高さ、そしてシンプルなデザインと、1足あったら便利に使えるはず。夏の足元にオススメいたします。

 

ユニクロ ニットライトスニーカー

¥2,990(税抜)

問 ユニクロ

 

取材・文/編集部 撮影/村本祥一

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(火)
950円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから