[PR]雨の日も気にせず履ける!モーブスから撥水仕様のスニーカーがついに登場!

お気に入りのスニーカーは、積極的にコーデに取り入れたくなるもの。しかし連日雨が続くようだと、濡らしたくない一心から履くのをためらってしまうもの。履きたいけど履けない……。そんなストレスは、モーブスの「ホーフミッド ウォーターリパレント(¥7,800・税抜)」なら無用です。

 

定番モデルに撥水加工を施した雨の日も快適なレインスニーカー

自社開発の撥水加工で水をはじく!

特殊加工で優れた撥水性を実現するナイロンアッパーを採用。雨が降る中でも水を強力にはじいてくれるんです。

内部への水の浸入を防ぐ“水かき”を採用

さらに、ベロの付け根には水かきパーツを追加。水が浸入しやすい部分といえばここですが、隙間を埋めるように水かきを設けたことで、降雨時も内部に水が入りにくい構造になっています。

 

履き心地にもこだわりあり!

ライニングとインソールにムレにくい3Dメッシュを使用!

アッパーの履き口やインソールが3D形状になっており、足の形にフィット。通気性のいいメッシュ素材だから、ムレも抑制してくれます。

脱ぎ履きを容易にするサイドジップ

サイドジップを装備したことで、脱ぎ履きのたびにシューレースを解く手間を不要に。もちろん、ここから水が入りにくいよう、内側には比翼も備わっています。

 

デザインや足型は、同ブランドの中でも一番人気のモデルを踏襲したものだから、その出来は折り紙付き。アッパーにはライン入りのテキスタイルとブランドネームの刺繍をレイアウトし、さりげないアクセントになってくれます。全5色とバリエーションも豊富で、着こなしに合わせてのチョイスも可能です。

 

スタイルの幅を広げるローカットもオススメ!

モーブス「ホーフⅡ ウォーターリパレント」¥7,400(税抜)

よりカジュアルなコーデに合わせやすいローカットモデルも。撥水加工を施したアッパーやアクセントのテープなどは同一ながら、ソールにホワイトカラーを起用しています。

 

晴れの日も雨の日も。モーブスの撥水スニーカーなら、気持ちよく外へと踏み出せるはずです。

 

◆モーブスとは……90年以上の歴史を誇るドイツブランド

1924年、200m走のトップ選手だったフリッツ・モーブス氏がドイツで創業。1936年のベルリン五輪では公式シューズサプライヤーに抜擢され、1958年にはドイツ・バイエルン警察官用にトレーニングシューズを供給。ドイツサッカーリーグ「ブンデスリーガ」が開幕した1963年以降は、多くの選手が愛用。日本には2003年に本格上陸を果たした。

 

ヒーローインターナショナル
078-252-3439
http://mobusfootwear.com/

 

文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月7日(金)
890円(税込)