[PR]仕事に箔がつくプレミアム電卓という選択

たかが電卓と安物で済ませたり、スマホで代用しているようでは二流のまま。使い心地も美しさも極めたS100なら、格上のステイタスを手に入れられます。

 

洗練されたデザイン性確かな品質と

カシオのフラッグシップモデルであるS100は、2015年に発売されたプレミアム電卓。その使い心地は、本職の会計士や税理士なども太鼓判を押す出来です。その上に重厚かつスタイリッシュで、その高級感は他の一流文房具と並べても決して引けを取りません。

切削アルミニウムボディが洗練された上質感を実現

ボディはアルミニウム合金から丹念に削り出したもので、硬質感は格別。優れた堅牢性を実現しつつ、美しいヘアライン仕上げで高級感を醸し出しています。

【業界初※】両面ARコートにより視認性に優れた液晶表示

業界ではじめて、ARコートと呼ばれる反射防止コーティングをディスプレイウインドウ表裏両面に採用。蛍光灯などの映り込みを低減し、視認性を高めています。

【業界初※】V字ギアリンク構造&薄型アイソレーションキーを採用

さらに使い心地を生むポイントが、キー。V字ギアリンク構造&薄型アイソレーションキーを採用したため、指がキー中心からズレても圧力方向がぶれず、安定感のあるキー操作を実現。キー同士の間隔も設けられていて、タッチ感に優れています。

フラッグシップモデルであることを追求すべく、生産は国内の山形カシオで行われています。同社は最先端の設備環境を有し、高品質の製品を作り続けるカシオの中枢。熟練の技術者たちによって、S100は生み出されています。

 

デスクは持ち主の知性や品格が表れるスペースであり、老舗ブランドの高級万年筆や革張りの手帳をしつらえる方は多いでしょう。さらに電卓まで最高級品でそろえれば、ひとつ格上のステイタスがもたらされるに違いありません。

S100は、50年以上にわたって電卓の進化を牽引し続けてきたカシオの電卓の頂点といえるモデル。所有欲を満たしてくれるはずです。

カシオ「S100」¥30,000(参考価格) W110.5×H17.8×D183mm

 

カシオ計算機
03-5334-4907
S100特設サイト

 

文/横山博之、撮影/若林武志(Yukimi Studio)

※2018年7月現在カシオ調べ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 1月号

12月7日(金)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから