MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

「時間がない!」

共働き家庭を始めとする時短を求めるユーザーに、救いの手を伸ばしてくれたロボット掃除機。シェアNo.1のアイロボットルンバ」の国内出荷台数は300万台以上で、その御利益に与っている人は急増しています。

そして10月26日には、このムーブメントをさらに加速させそうな新製品「ルンバe5」が発売されました。さっそく私、MonoMax編集長の柚木が使ってみました。

 

歴代ルンバのいいとこ取りした優等生だった!

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

スタジオでは元気に走り回る「ルンバe5」の姿が!

はい、こちらが新作「ルンバe5」です。ボタンの数や配置などに他モデルとの違いはありますが、家具の隙間を抜けられるサイズ感や吸塵テクノロジーの根幹はある意味完成されてしまっているのか、見た目に他モデルとの大きな違いはありません。

最初に「e5」のポジションを解説すると、同機は現在廃番になった800シリーズの後継モデルにあたり、最上級モデルの900シリーズと、エントリーモデル600シリーズの中間に位置します。ただ、どっちつかずではありません。機能面では900シリーズに迫るクリーニングシステムを備えつつ、ルンバ唯一の便利機能も搭載。そのうえで価格は600シリーズに限りなく近い。つまり、いいとこ取りなんです!

 

ここがeね!/ダスト容器を水洗いできる!

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

ちなみに私、「ルンバ628」ユーザーです。今でも現役のお掃除担当大臣として活躍してくれていますが、ちょっと手間に感じていたのが溜まったゴミの処理でした。我が家の「ルンバ628」を始め、これまでのルンバ全モデルはダスト容器内に水濡れ厳禁のモーターがついていたため、小型ブラシでケアする必要があったのですが……

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

モーターを本体に移したことで、水洗いが可能に! 隅についたホコリも洗い流せるから、より清潔に。心のどこかにあったモヤモヤも洗い流されるようで、うれしい進化だと感じました。

 

ここがeね!/ゴミの吸引性能もかなり優秀!

肝心のお掃除性能もしっかり賢くなりました。

部屋の状況を把握する「高速応答プロセスiAdapt®」は前身の800シリーズや現行の600シリーズと同様なのですが、ゴミを吸引するシステムが強化されています。その名も「AeroForce® 三段階クリーニングシステム」。

名前にもある3段階とは、次の通り。

  1. デュアルアクションブラシでゴミを叩き浮かび上がらせる!
  2. 真空エアフロー構造でゴミをかき込む!
  3. ハイパワーモーターユニットで細かなホコリを吸引する!

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

こちらがデュアルアクションブラシ。どちらもゴム製です。

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

1本目がゴミを浮かび上がらせ、逆回転の2本目が床を徹底的に清掃。

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た! ゴミが吸い込まれる導線は真空状態になり、吸引力を加速します。

クリーニングシステムにAeroVacを搭載していたちょっと前の600および700シリーズ(うちのルンバもそうです)とカーペット上で比べると、その吸引力は5倍もアップしたとか。

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

たしかに短時間でたっぷりのゴミを吸引していました。音は従来機同様で、特に気になるレベルではありません。

うちの子より5倍優秀なのか……。現状でも十分満足していたのですが、それを圧倒的に上回る新製品が出た途端、満たされない気持ちになってしまうのは、モノ好きの性だとあきらめる他ありません。

 

ここがeね!/スマホで働きぶりをチェック!

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

iRobot HOMEアプリ対応で、Wi-Fi環境があれば「ルンバe5」を遠隔操作できます。帰宅直前に掃除してもらったり、休日はお休みを与えたりとスケジュール管理できますし、どれだけお掃除してくれたのかも見ることもできます。成果の見える化、大事ですね。

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

なお、スマートスピーカーにも対応していますので、GoogleアシスタントやAlexaを介して指示を出すことも。残念ながらうちはまだ導入できていないのですが、さらなる快適時短生活を目指すべく、着手してみたいと考えています。

 

ロボット掃除機自体、未来感のある製品であるため、多くの人はその先進性ばかりに注目しがちです。で、ハイエンドの「ルンバ980」を覗いてみると¥125,000(税抜・公式オンラインストア価格)で、「ふーん、なるほどね」となる。

でも、そんなハイエンドに迫る性能を備えた「ルンバe5」は、¥49,880(税抜・公式オンラインストア価格) 。なんといっても、ここが一番の驚きでした。

アイロボットジャパンはロボット掃除機の「一家に1台」をスローガンにしてますが、「ルンバe5」は目標達成への本気っぷりが伺える新製品といえるでしょう。

 

近く、我が家のお掃除担当大臣も交代を迎えるかもしれません!

 

使ってわかった「コイツはeね!」ルンバe5に本気っぷりを見た!

アイロボット「ロボット掃除機 ルンバe5」¥49,880(税抜・公式オンラインストア価格) 主な付属品/デュアルバーチャルウォール(1個)、ホームベース、電源コード、交換用フィルター(1個)

アイロボットサービスセンター
0120-046-669

ルンバe5  https://www.irobot-jp.com/product/e5/index.html

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【リビング掃除の救世主】究極のロボット掃除機、車内も水洗いできるクリーナーほか、コスパ・タイパ最強の掃除グッズベスト6『最高の日用品2024年版』

【梅雨対策におすすめ】ジメジメ&カビカビ臭いを撃退!最新鋭の大注目クリーン家電3選

【熱中症対策におすすめ】みまもりモードを搭載したシロカ「3D サーキュレーター」が便利

【最強“4K有機ELテレビ”誕生】パナソニックの「マイクロレンズ有機ELパネル」搭載ビエラがハイスペック過ぎる!

「防塵防滴ってアウトドアでも最強!?」1時間で目標金額達成の超注目家電!シロカのコードレス扇風機の実力とは?

【コレ買い!ベスト3、ラクラク家電大賞etc.】MonoMax6月号の目次を公開します!

MonoMax編集長も太鼓判! 夏の不快感の原因は「汗」! それを打破してくれるのがずばり「アセドロン」なんです!

【新しい旅のカタチ】 JTBが提案する「アドベンチャーツーリズム」に注目!現地ガイドが案内するおすすめプランで新発見と感動の旅を!

【コスパも最高!】シャツ感覚で羽織れて清涼感がスゴイ! MK ミッシェルクランオムの“大人のウエア”を発見!

今月のモノマックス特別付録

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!

【この付録が便利すぎる!】カード20枚収納&キーリング付き!ミニ財布の決定版!