[PR]なぜシチズン アテッサ新作が「間違いのない1本」なのか?

いつか今という時代を振り返ったとき、エポックメーキングなモデルとして、私たちの記憶に刻まれることになるかもしれません。シチズン アテッサの新作「エコ・ドライブGPS衛星電波時計 F950」からそうした予感を受けるのは、ここにあらゆる先進性が凝縮されているからです。

「間違いのない1本」たる所以は、製品完成に至るまでのシチズンの歩みにありました。

 

理由1/100年の歴史を持つシチズンが作っているから

左から、1976年、世界初の光発電式アナログ時計「クリストロン ソーラーセル」、1993年、世界初の多局受信型電波時計、2011年、世界初の人工衛星から時刻情報を受信する衛星電波計「エコ・ドライブ サテライト ウエーブ」

数多くの世界初を発表してきたように、シチズンは常に革新を生み出してきました。これらは、シチズンが部品から完成時計まで自社一貫製造を行うマニュファクチュールだからこそ。技術的な発見や性能の改善など、ムーブメント設計や技術開発、外装デザインといった役割の異なる担当者が即座に連携することで、独創的で先進のモデルを生み出しています。

 

理由2/チタニウムウオッチのパイオニアだから

今は腕時計の素材として定着した感のあるチタニウムですが、この素材をいち早く採用したのがシチズンでした。加工が難しい素材であるものの腕時計素材としての可能性に目をつけ、他社に先駆けて開発を実施。1987年の「シチズン アテッサ」初号機に採用されました。

 

理由3/最強の外装ブラックチタン™をまとっているから

シチズンが半世紀近くにわたって続けたチタニウム研究のひとつの集大成と言えるのが、キズが付きにくく艶のある黒を生み出す独自の表面硬化技術「デュラテクトDLC」を施した「ブラックチタン™」。特にCC4004-58Eには、すりキズだけでなく打ちキズにも強い「デュラテクトMRK」も重ねて施しており、軽量かつ肌に優しく、錆びにくいチタニウムの性質に加え、耐傷性も獲得しています。長年使い続けても金属本来の輝きを失わず、なめらかな質感を維持できる最高級素材です。

 

理由4/針も超高速! 衛星電波時計の始祖だから

光発電式衛星電波時計の始祖であるという矜持から同分野の技術開発には特に熱が入り、今作でも多機能の光発電GPS衛星電波時計として最速レベルで時刻情報を受信。さらに高速ツインコイルモーターの進化により、メインタイムの時針と分針を従来のキャリバーF900比で約2倍に高速化。異国の地に降り立っても、瞬時に時刻合わせできます。

 

理由5/細部までデザインにこだわり抜かれているから

デザインや造形の美しさも魅力。金属の表情が生きるシャープな面構成は、チタニウム素材の扱いに長けたシチズンだからこそ。デュアル球面サファイアガラスやラウンド形状のプッシュボタンは、エレガントな雰囲気を醸成。全体に高級感が満ちています。

 

理由6/あらゆる使用シーンにマッチするから

ブラックチタン™が放つ美しい艶感や細部に施されたエレガントなエッセンスは幅広いシーンにマッチ。スーツスタイルはもちろん、カジュアルコーデでも男らしさを高めてくれます。

 

マニュファクチュールとして自社一貫製造を行うシチズンのすべてが詰まったモデルで、高い満足感を得られる間違いのない1本です。

 

シチズン「アテッサ エコ・ドライブ GPS衛星電波時計F950 CC4004-58E」¥230,000(税抜) ケース径44mm、10気圧防水、光発電エコ・ドライブ

左)シチズン「アテッサ エコ・ドライブ GPS衛星電波時計F950 CC4000-59E」¥200,000(税抜)、右)同「CC4000-59L」¥200,000(税抜) ケース径44mm、10気圧防水、光発電エコ・ドライブ

 

シチズンお客様時計相談室
0120-78-4807 受付時間 9:30~17:30(祝日を除く月~金)
https://citizen.jp
https://www.facebook.com/CITIZENwatch.jp

 

取材・文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 2月号

1月9日(水)
890円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから