宝酒造の甲類焼酎はなぜここまで美味いのか?その秘密を探る!

PR宝酒造

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

本誌編集長が愛してやまない焼酎を工場取材、インタビュー、飲み方解説から徹底検証!

宝酒造の甲類焼酎は、なぜここまで美味いのか。その秘密を探りました。

「本当に毎晩飲んでいる宝の焼酎の素晴らしさをぜひ知ってほしいです」

「気づけばこの丸2年、家で焼酎を飲むときは必ず宝の焼酎を飲むようになっていました。選ぶのは甲類焼酎。焼酎と氷を入れて、好みのもので割って飲む。炭酸水とレモンを入れたレモンサワーや焼酎ハイボール、お水と抹茶で抹茶割り、もちろん烏龍茶も。夏でも冬でもいつ飲んでも本当に美味い。友人の家で集まりがあるときも、焼酎持参で出かけます。もう宝焼酎なしに家では晩酌できないようになってしまった! 普段飲みで最高のお酒ではないかと思います。

正直なところ、恥ずかしながら2年前までは甲類焼酎と乙類焼酎の違いも知らず、その種類にも疎く、どんなメーカーの焼酎を飲んでも味に大差はないと思っていました。しかし、偶然、甲類焼酎を飲み比べる機会があり、その味の違いに素直に驚き、それから宝酒造のファンになりました。

私の好みは『極上〈宝焼酎〉25』。これが宝の焼酎の中でもっとも好き。まろやかで透き通るような味、あらゆる割材に合うので、飽きずに飲み続けられます。そして、不思議とどんな料理とも合う。『極上』という名前だけあって、宝の中でも1ランク上のお酒という位置づけですが、その割にはコスパにも優れています。個人的には全方位的に優れた、欠点が見つけづらい甲類焼酎というイメージです。

なぜ宝の焼酎をこれほど美味しいと感じるのか? この美味しさの理由をぜひとも知りたく、宝酒造の工場がある、宮崎県の高鍋町まで取材に出かけました。取材に行ってみたら、宝焼酎が以前より一層好きになってしまいました。

ぜひ宝焼酎の世界を堪能していただき、少しでも私の熱量が伝わればうれしいです」

編集長・柚木昌久

極上〈宝焼酎〉25° 1.8L ¥1,564(税抜)

連続式蒸留機で不純物を取り除いたピュアな焼酎に、宝酒造が独自に製造し熟成させた樽貯蔵熟成酒を3%ブレンド。ロックや水割りで飲んだときはまろやか、チューハイなどのベースとしたときは、割材の味を活かしつつ、焼酎の味わいがしっかり感じられる。

Part 1. そもそも甲類焼酎とは? 宝酒造の焼酎は何が違う?

まずは焼酎の基本から。

甲類焼酎と乙類焼酎は何が違う?

焼酎は大きく分けて、甲類焼酎乙類焼酎(本格焼酎)の2つ。大きな違いは蒸留方法で、甲類焼酎は連続式蒸留機、乙類焼酎は単式蒸留機を用いて蒸留されています。

甲類焼酎はピュアで割って楽しめるもの。ロックも美味しいが、ピュアでクセがないため、割材と合わせて様々な味が楽しめます。原料はサトウキビ糖蜜が多く、大麦、トウモロコシなどが使われることも。

乙類焼酎は原料由来の味わいが楽しめるもの。シンプルな蒸留方法でつくられ、原料由来の風味が活きた味わいを楽しめます。原料は麦、米、さつまいも、黒糖、そばなど。よく聞く麦焼酎、芋焼酎などは、この乙類です。

甲類焼酎にはどんな特徴がある?

甲類焼酎の一番の特徴は、何度も蒸留を行うことで生まれる、ピュアでクセのない味わい。そのため、様々な食材や飲料と相性がよく、割材の美味しさが活きた味となります。無色透明で割材の色がそのまま出るため、居酒屋などで、チューハイやお茶割りのベースの酒として使われることも多いもの。もちろん甲類焼酎単体で飲んでもOKで、雑味がない味が楽しめます。

長い歴史に裏打ちされた宝酒造の製法へのこだわり

宝酒造の創業は江戸時代後期。1842年、京都の伏見で清酒造りを始めたのが起源とされています。1864年頃には、酒粕を原料とする、粕取焼酎の製造を始めていたのだとか。その後1912(大正元)年に販売を開始した「寶焼酎」は、爆発的な人気を得ました。

こちらは昭和初期の木製看板。

転機が訪れるのは、昭和の戦後復興期。食料不足が続き、庶民の酒だった焼酎の需要が急増した結果、闇市で粗悪な密造酒が売られるようになり、焼酎のイメージは低下してしまう。そこで、宝酒造は焼酎復権を目指し、さらなる品質向上のために、高品質焼酎の開発に取り組むことに。たどり着いたのが、焼酎の味わいに広がりをもたらす樽貯蔵熟成酒の製造とそのブレンド技術。この製造技術を軸として宝焼酎「純」など様々な焼酎を開発し、美味しい焼酎を世に広めていきました。

大正元年に誕生した寶焼酎が大ヒット。酒屋で計り売りだった焼酎を壜詰めで発売したのもこの頃。左の写真は昭和初期の壜詰め焼酎。 右は同時期のポスター。

今や多くの人がチューハイやサワーなどで気軽に焼酎を楽しんでいますが、その礎を築いたのは、宝酒造の焼酎トップメーカーとしての矜持に他なりません。

Part 2. 造り手の現場には宝酒造のすごさが詰まっている

宝焼酎ファンにとって聖地とも言える、宝酒造の工場へ!

今回伺ったのが、宮崎県高鍋町の日向灘にほど近い場所に位置する宝酒造 黒壁蔵。敷地内の蔵の壁が漆黒なことが工場名の由来で、現在は乙類焼酎(本格焼酎)と甲類焼酎にブレンドする樽貯蔵熟成酒を製造しています。

蒸留──ビル並みの巨大施設がピュアな味を造り出す

焼酎造りで欠かせないのが蒸留。発酵させた原料を加熱して、アルコールを含んだ蒸気を発生させ、その蒸気を冷却してアルコールを造り出す作業です。

メリットは不純物を取り除き、ピュアなアルコールが得られること。甲類焼酎は、何度も蒸留を繰り返し、よりピュアでクセのない味を目指しますが、そのために使うのが連続式蒸留機です。蒸留してできた蒸気を冷却し、再び加熱して蒸留。それを何度も繰り返すことで、度数が高いアルコールが製造されます。

「あの味を造るため、そして効率的な蒸留のためにこの高さが必要なんですね。階段で最上階まで息を切らして上った甲斐がありました!」と柚木も満足げ。

写真左は宮崎県の黒壁蔵にある連続式蒸留機の一部。その高さはビル6階分。写真右は千葉県松戸市にある宝酒造松戸工場。宝酒造で最大規模の連続式蒸留機があり、その高さは約35m。極上〈宝焼酎〉に使われるピュアな焼酎は、主にここで造られる。

貯蔵/熟成──約85種類・約2万樽のかけがえのない財産

連続式蒸留機で造られたアルコールは、樽に詰めて一定期間貯蔵庫に保管されます。これが、貯蔵/熟成

施設内の樽貯蔵庫には約2万もの樽が保管されており、中に入っている樽貯蔵熟成酒も、約85種類と様々。樽に使われている樹種はアメリカンホワイトオークがメインで、一部ヨーロピアンオークも使われています。原料・発酵・蒸留方法が同じアルコールでも、貯蔵年数や詰める樽が違うと、異なる風味に育つというから奥が深い世界です。

貯蔵庫に入って驚かされるのは、その規模。比較的新しい自動樽貯蔵庫は、巨大な樽が頭上はるか上まで、理路整然と積み上げられている様子に、思わず言葉を失います。

工場長の岡さんは「3ヶ月ごとに香りや味のチェックを行い、熟成の度合いを確認しています」と話します。

もう一つ、古い方の樽貯蔵庫では薄暗い照明の中に樽が並び、甘い熟成香が漂います。まさに熟成蔵といった佇まいに、「写真で見た以上にすごい! ついにここに来られた!」と柚木も驚嘆。その場で樽からサーベルで汲み取ってもらった樽貯蔵熟成酒は、樽の色が移った、鮮やかな琥珀色。樽の香りも感じられ、その風味は一般的な焼酎のイメージからは想像もつかないものでした。この樽貯蔵熟成酒が使われているのが、宝酒造の焼酎の大きな魅力というのもうなずけます。

「正直に言って美味かった!」(柚木)。

敷地内には、樽の加工を行う施設も。一見、樽のメンテナンスと焼酎造りは結びつきにくいかもしれませんが、樽の中で寝かせて、樽の香味成分がアルコールに移ったのが樽貯蔵熟成酒であるため、樽が熟成に果たす役割はとても大きいもの。つまり、樽のメンテナンスに注意を払うことは、樽貯蔵熟成酒の品質を高めることにつながるんです。

「チャー」と呼ばれる樽内部を焼く作業がまたダイナミックでした。最初は樽内部をあぶるようにバーナーで火をあてていくだけなのが、最後の一瞬、突然炎の勢いが激しくなり、樽全体が大きな炎に包まれます。その迫力には本誌スタッフはもちろん、同行した宝酒造のスタッフからも声が上がるほど。

「まさか施設内で、樽を焼く作業までやっているとは! 樽貯蔵熟成酒にこだわるからこそ手を抜かない姿勢に、焼酎メーカーの誇りを見た思いです」(柚木)。

ブレンド──約85種類から味を決める途方もない作業

約85種類の樽貯蔵熟成酒は、1種類ずつ商品に使われているわけではありません。1つの商品ごとに、多数の樽貯蔵熟成酒から選別・ブレンドを行い、使う味を決めています。このブレンド技術こそ、貯蔵・熟成技術とともに、宝酒造が持つ最大の強みでしょう。

ブレンド技術の心臓部とも言えるのが、施設内の官能検査室。ここでは、樽貯蔵熟成酒の味のチェックや、ブレンドの試行錯誤などが行われていました。こうした日々のデータの積み重ねがあるから、個性の異なる様々な焼酎造りが可能になるんです。

「官能検査の仕事のすごさを知り驚きました。室内は静かでしたが、ある意味、施設内で最も焼酎造りの情熱を感じる場所でした」(柚木)。

工場取材を終えて

実は驚いたのはブレンド。85種の割合、配分で味を決めるって…甲類焼酎は想像以上に奥が深い!

「黒壁蔵へ伺い宝酒造の熱量を感じました。とにかくみなさん自社製品が好き(笑)。いくつか飲みましたが、樽貯蔵熟成酒ごとに味はかなり違い、選んでブレンドしていくとなると途方もない作業。焼酎の味がそれぞれ異なるのも腑に落ちて素直に感心しました」(柚木)。

Part 3. 豊富な種類の宝焼酎の特徴をわかりやすく解説!

宝酒造の「宝焼酎」ブランドは種類が多く、味わいもコンセプトも多種多様。そこで、宝焼酎がひと目でわかるマトリックスを作成! 選ぶのに迷ったら、まずこれを見て!

宝焼酎「タカラモダン」25° 600mL ¥499(税抜)
何かと割って飲むならこれがイチオシ。アルコールの角がないやわらかい味わいと、すっきりとした後味。割材の風味を引き立てる、ほのかな甘味を持つ。サワーベースとして、割って美味しく飲めるので、幅広い年齢層が楽しめる甲類焼酎。

宝焼酎 25° 600mL ¥499(税抜)
100年の伝統に培われた信頼できるクオリティ。キリッとしたハードタイプながら、まろやかで飲み飽きない味わいが特徴。アルコールのにおいや刺激味が少ないので、焼酎初心者でも、軽く飲めるのがいい。

極上〈宝焼酎〉25° 700mL ¥709(税抜)
ひとクラス上のプレミアム焼酎。樽貯蔵熟成酒を3%ブレンドした芳醇な味わい。ほのかな甘い香り、まろやかな口あたりとすっきりした後味が特徴。ロックや水割りはもちろん、チューハイでもいける、オールマイティーさが◎。※飲食店限定商品

こだわりのレモンサワー用〈宝焼酎〉25° 600mL ¥680(税抜)
こだわりレモンサワーを自宅で簡単に。コリアンダーシードなど、レモン系の香り成分を含むハーブを原材料の一部に使用。樽貯蔵熟成酒を3%使用し、レモン本来の風味を引き立てるブレンドで造り上げた、レモンサワーのための甲類焼酎。

宝焼酎「純」25° 720mL ¥748(税抜)
樽貯蔵熟成酒11種類を使ったベストセラー。独自のブレンド技術で、厳選した11種類の樽貯蔵熟成酒を13%使用した、絶妙な味わい。まろやかで口当たりがよく、後味もすっきりと心地よい。ロックや水割りなど、焼酎の味を活かした飲み方が◎。

宝焼酎「ゴールデン」25° 600mL ¥637(税抜)
大衆酒場ファンに送るゴールデンに輝く1本。独自の蒸留、ブレンド技術によって甘い香りと絶妙なコクを実現した、宝焼酎シリーズのラインアップ。琥珀色に輝く液色は大衆酒場のイメージにピッタリ。炭酸で割ったゴールデンハイボールがおすすめ。

宝焼酎「レジェンド」25° 720mL ¥777(税抜)
30年以上親しまれるロングセラー。サトウキビ糖蜜、コーン、大麦などを原料とし、樽貯蔵熟成酒を20%ブレンドした芳醇でまろやかな味わい。ロックで飲むと、深いコクと豊かな香りが、よりはっきりと味わえる。琥珀色の輝きも美しい。

Part 4. 膨大なトライ&エラーが最高の一杯を生み出す

膨大な手間と創意工夫のうえにでき上がる宝焼酎。これだけ美味しいものを手掛けている人は、一体どんな思いやこだわりを持っているのでしょう? 担当者にお話を伺いました。

蒸留技術部 蒸留酒課長 髙橋悠典さん/2002年宝酒造入社。清酒の開発業務や、黒壁蔵にて焼酎の製造に携った後、現在まで焼酎の開発業務に携わる。抱負は「焼酎を通じて、人々の<いきいき>に貢献したい」。

「戦後に粗悪な焼酎が出回ったせいで焼酎のイメージが落ちてしまい、弊社の売上も低迷したんですね。そこで、会社として甲類焼酎の復権のために何をやったらいいかと考えた結果、思いつくあらゆることをやってみようということになったんです。世界の蒸留酒を研究したり、いろいろ試行錯誤をしたようですが、その中の一つが、樽貯蔵熟成酒の研究でした」。

宝酒造のもう一つの強みであるブレンド技術も、同じような時期に始まったといいます。

「いろいろな焼酎を造ろうと思ったら、原料や蒸留をどう変えるか、精製という仕上げ工程はどうするかと考えると思います。それだけでも膨大な組み合わせですが、さらに、経験豊富な技術者が『あれとこれを混ぜたら、こうなるはずだ。こう組み合わせたらこうなるんじゃないか』と、想像力を働かせて試していたようです」

樽貯蔵熟成酒もブレンド技術も、最初はトライ&エラーの一つだったというのが興味深い。このチャレンジ精神は、宝酒造の社員に強く根付いているよう。新しい味を造る際、開発者は数百を超える量のブレンドを試すといいます。

「今は分析技術が進んで、ある程度データベースの蓄積があるので、最初の絞り込みはできますが、最後はやはり、何回もトライ&エラーをして造り上げていきますね。新商品を造るときでなくても、普段から、開発者それぞれがいろいろなブレンドを試しているんです」。

髙橋さんも、ユニークなトライ&エラー経験を持つ。樽貯蔵熟成酒が熟成中に蒸発するのを防ぐため、樽をラップでぐるぐる巻きにしてみたところ「蒸発しなかったけれど、全然美味しくならなかった(笑)」。そんな失敗を笑い話にできる風通しのいい社風だからこそ、唯一無二の技術をここまで磨き上げられたのかもしれません。

今後、髙橋さん自身がトライしていきたいことは?

「宝焼酎をはじめ甲類焼酎は、みなさんの生活に寄り添って、その中で進化を遂げてきたと思っていますので、その点は変えずにいたいです。ただ、生活も時代によって変わりますから、時代に合わせながらちょっとずつ味を変えて、常に生活に寄り添っていくような、そういうお酒を造り続けたいと思います。最近発売した『樽が香る〈宝焼酎〉』という新ブランドもそうですが、我々が常に研究している樽貯蔵熟成酒というものに、新しい要素を加えながら進化させていければと思います。あと、これは個人的な願望なんですが、今までなかったような樽貯蔵熟成酒を造れないかと考えています。もしかしたら、今まで先輩たちが通ってきた数々のトライ&エラーと同じことをするかもしれないですけど、そこで、樽貯蔵熟成酒をより一層深く掘り下げられないかと研究しています」

樽が香る〈宝焼酎〉25° 1.8L ¥1,575(税抜)

9月発売の新商品。マイルドな飲み口は食中酒にピッタリ! 厳選した樽貯蔵熟成酒を10%使用し、樽由来の甘い香りと飲み続けられる味わいを追求した新しい「宝焼酎」。樽貯蔵ならではの鮮やかな琥珀色と樽の香りが楽しめます。

宝ホールディングスお客様相談室
075-241-5111
商品について詳しくはコチラ 

お酒は20歳を過ぎてから。
飲酒運転は法律で禁じられています。
妊娠中や授乳期の飲酒は、胎児・乳児の発育に悪影響を与える恐れがあります。
飲酒は適量を。

(提供:宝酒造)

取材・文/金山靖、柚木昌久[本誌編集長] 撮影/(商品)植野製作所、(取材)村本祥一[BYTHEWAY]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(水)
891円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

マザーズバッグとして超便利! アーバンリサーチのツールバッグ…