• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 2月号

1月9日(木)
891円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PRマツダ

リフレクションが表現する、マツダの美麗デザイン

グローバルな視野を持つマツダとデザインスタジオが、鮮烈かつ圧倒的な存在感を放つインスタレーションを完成させた。芸術の域まで高められた空間に鎮座するクルマとは?

ブランニューモデル・MAZDA CX-30をアートイベントでお披露目!

東京ミッドタウンで開催された『デザインタッチ2019』において、MAZDACXー30が展示された。

同イベントは、“デザインを五感で楽しむ”をコンセプトとし、空間やテクノロジーなどさまざまな視点でデザインの本質を体現したアートイベント。

昨年に続き出展したマツダは、今回、デザインスタジオ「WOW(ワウ)」とコラボし、クルマに映像を組み合わせたアートを完成させた。大小様々なミラーや光線、映像、そして中央に鎮座するCXー30のボディへの映り込みを駆使して、リフレクション(光の移ろい)を表現している。

近年のマツダ車は、「魂動(こどう)」と呼ばれるデザインコンセプトを掲げており、そのキモとなっているのが、ボディの面構成である。ブランニューモデルのCXー30でも見事に昇華されているこの美しい面構成が、動物的であると同時に、日本的な、和の美しさを重ねたスタイリングを実現し、ドライバーが運転の楽しさを実感できるクルマを完成させているのだ。

アクティブに動く光のアート映像が映り込んだCXー30のスタイリングはより美しく輝き、足を踏み入れた人々の五感を刺激する空間を創り出していた。

CX-30は、モダンかつ躍動的なスタイリングを持つクロスオーバーSUV。CX-3とCX-5の中間に位置するサイズで、運転のしやすさと乗員の快適性を両立している。搭載エンジンは、2.0リッターガソリンと1.8リッターディーゼルの2種類だ。

 

マツダのデザイナーにも取材を敢行!

「引き算の美学”で要素を減らし、日本人の心に訴えるような美意識を表現しています」

【右】マツダ デザイン本部 チーフデザイナー 柳澤 亮さん
【左】マツダ デザイン本部 カラー&トリムデザイングループ 狩野 梓さん

「初期の魂動デザインは、シャープなラインを多く入れて動きや生命感を表現していましたが、最近は余計な要
素をできるだけなくすことで、美しい動きやより奥深い表現をしています。

マツダは日本のブランドですので、日本人の心の奥底にある美意識を表現したい、それが『引き算の美学』ということで、ここに辿り着きました。

会場では、まず、マツダがアートをどういう風にやっているか感じていただきたい。そして近くで見ていただいた時に、このクルマは自分たちのライフスタイルに合うかもしれないなと感じていただければ幸いです」( 柳澤)

デザイナーが語るポイント 1/ドアに浮かぶS字の光

「ドア面に映り込んだS字形のリフレクションは、“日本の美”のひとつの表現です」(柳澤)

 

デザイナーが語るポイント 2/全員が楽しめるスタイル

「CX-30のスタイルは、4人のお客様がドライブを楽しめるキャラクターを表現しています」(柳澤)

 

デザイナーが語るポイント 3/豊富な選択肢の内装色

「黒一色はなく、ライフスタイルに合わせて選べるような組み合わせを用意しました」(狩野)

マツダ
MAZDA CX-30
¥2,392,500(税込み)~
問マツダコールセンター0120-386-919

取材・文/安藤修也 撮影/木村博道

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

MonoMax モノマックス 整理バッグ A4バッグ ナノユニバース nanouniverse

ナノ・ユニバースの整理上手!なA4バッグはいろんなシーンで大…