• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(水)
900円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

鍛え抜かれたコンパクトカー!

アクティブなカーライフを楽しむクルマ!

 数あるクルマのカテゴリーの中でも、取り回しと優れた燃費性能、さらに軽快な走りやコストパフォーマンスの高さで使い勝手においてはトップクラスなのがコンパクトカー。また運転初心者でも快適に使えるところも魅力となっている。

 近年は空前のアウトドアブームからSUVや車高の高いハイトワゴンなどが人気となっているが、普段使いや少人数でのドライブ&アウトドアにおいては、こちらの方が快適な場合も多い。カーライフを気軽かつフレキシブルに楽しみたい人にはオススメのクルマとなっている。

 そこで、今回はその中でも、今年2月に発売される注目のコンパクトカーをご紹介。その名は「YARIS(ヤリス)」。クルマ好きは別として、聞いたことがないという人もいるかとは思うが、この車両の以前の名前は「ヴィッツ」、日本以外の国では「ヤリス」の名で呼ばれ、今回からその名前が日本でも採用され、世界共通となったのである。

 名前も新たに登場したこのモデルは、その走り、低燃費、安全性に快適性、そして先進技術の搭載と鍛え上げられ、プレミアムなモデルとなっている!

コンパクトカーの枠を超えたゆとりある走り

ドライバーの思い通りに”走る・曲がる・止まる”を追求したヤリス。トヨタのコンパクトカーとして初めて、クルマの骨格から見直すTNGA(トヨタニューグローバルアーキテクチャー)に基づいた、低重心かつ高い剛性を備えるプラットフォームが採用された。これにより、スムーズで安定感のある走りを実現している。また、安定性&クラスを超えた乗り心地を両立させるフロント&リヤサスペンションも採用されている。最小半径も4.8mと短く、細い路地での走行やUターン、そして縦列駐車の際もグッと楽になり、外出を楽しくしてくれる。

アクティブなスタイルに快適装備も充実

アクティブな走りをイメージさせるボディには、新型エンジン+ハイブリッドシステムを搭載。力強さと軽快さを持ち合わせた走りとともに世界トップレベルの低燃費性能を実現、また4WDモデルは、滑りやすい路面においても、安心感のあるドライブを楽しむことができる。内装はコンパクトカーながらもゆとりのある空間となっていて、質感も高く、ドライブが楽しくなる室内に。また、シートが回転しながら傾き、スムーズな乗り降りと足腰への負担を軽減してくる機構「ターンチルトシート」*1やシートに自分好みの位置を記憶させ、簡単操作で素早く調整できる「運転席イージーリターン機能」*2も設定されている。

*1は運転席、助手席 HYBRID ZとZを除く全グレードにメーカーオプション、運転席+助手席 G(1.5L・2WD)、X(1.5L・2WD)にメーカーオプション *2はHYBRID ZとZに標準装備、HYBRID GとGにメーカーセットオプション

先進の安全機能&コネクティッドサービスを装備

 多くの人が安心して運転を楽しめるようにとヤリスには、先進機能の数々を搭載している。主なものとしては、前方や交差点での車両や歩行者、自転車を検知し、衝突回避または被害の軽減をサポートするプリクラッシュセーフティや自車の直前に歩行者や自転車がいる状態で、停車または徐行状態からアクセルペダルを必要以上に強く踏み込んでしまった場合にエンジン出力を抑制または弱いブレーキで加速を抑制し、衝突回避や被害の軽減をサポートする機能、そしてステアリング、アクセル、ブレーキを操作することなく、クルマが高度な制御によって駐車操作をアシストし、駐車を完了させてくれるトヨタチームメイト[アドバンスドパーク(パノラミックビューモニター付)]など。またヤリスには、様々な音楽メディアやTVを楽しめるディスプレイオーディオやクルマとトヨタスマートセンターを通信で繋げ、24時間365日のカーライフサポートを可能にするDCM(専用通信機)も標準で装備されている。

スペシャルなスポーツカー「GRヤリス」も登場!

FIA世界ラリー選手権(WRC)から学び、勝つためのノウハウが注ぎ込まれたスポーツカー「GRヤリス」の特別仕様車RZ"First Edition"とRZ"High-performance・First Edition"の先行予約(2020年6月30日までの期間限定)も専用WEBサイトにて開始されている。空力、軽量、高剛性を追求したボディに新開発の1.6L直列3気筒直噴ターボエンジンを搭載。さらに、あらゆるシーンでドライバーのドライビングスタイルに合わせて気持ち良い走りをサポートしてくれる新開発のスポーツ4WDシステム”GR-FOUR”も装備している。

YARIS

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):3940×1695×1500

排気量(cc):996〜1490

エンジン:直列3気筒

最高出力(PS/rpm):69〜120/5500〜6600

最大トルク(kgf・m/rpm):9.4〜14.8/3800〜5200

燃料タンク容量(L):36〜42

価格(帯):¥1,395,000〜¥2,493,000(税込)

カラー:

(モノトーン)

スーパーホワイトⅡ、ホワイトパールクリスタルシャイン*、シルバーメタリック、ブラック、ボルドーマイカメタリック、センシュアルレッドマイカ*、アイスピンクメタリック、コーラルクリスタルシャイン*、アバンギャルドブロンズメタリック、サーモテクトライムグリーン*、ダークブルーマイカメタリック、シアンメタリック *はメーカーオプション

(ツートーン)*メーカーオプション

ホワイト×ブラック、ホワイト×センシュアルレッドマイカ、ブラック×シアンメタリック、ブラック×アバンギャルドブロンズメタリック、ブラック×コーラスクリスタルシャイン、ブラック×アイスピンクメタリック

GR YARIS 1st Edition

【スペック】

全長×全幅×全高(mm):3995×1805×1460

排気量(cc):1618

エンジン:直列3気筒DOHC直噴ターボチャージャー

最高出力(PS/rpm):272

最大トルク(kgf・m/rpm):37.7

*6速マニュアル・電子制御4WD

価格(帯):¥3,960,000〜¥3,960,000(税込)

カラー:スーパーホワイトⅡ、プラチナホワイトパールマイカ、エモーショナルレッドⅡ、プレシャスブラックパール

*スーパーホワイトⅡ以外はメーカーオプション

専用サイト:https://toyotagazooracing.com/jp/gr/yaris/

【問い合わせ】

トヨタ自動車 お客様相談センター 0800-700-7700

公式ホームページ https://toyota.jp/yaris/

取材・文/安室淳一 写真提供/トヨタ自動車

この記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 オロビアンコ orobianco porch ポーチ

【速報】オロビアンコの豪華ポーチ3個セットが登場します!