• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月9日(金)
1173円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

軽さは正義!ダイソン史上最軽量の「Dyson Micro 1.5kg」で掃除がはかどる 

ダイソンから日本の住環境向けに開発された「Dyson Micro 1.5kg」(以下、Dyson Micro )が発売されました。標準質量(本体、延長パイプ、ヘッドの合計質量)が約1.5kgという最軽量モデルです(直販価格で64900円)。

2020年6月に質量約1.9kgの「Dyson Digital Slim」を発売したばかりですが、さらにコンパクトで軽量なモデルの登場です。

Dyson Micro は、軽量化のためにさまざまな点が工夫されています。

たとえば新Micro Fluffyクリーナーヘッドは、従来のFluffyクリーナーヘッドを45%小型化。ヘッドが小さいため、家具の下などにもさらに届きやすくなりました。

パワフルな吸引力のために小型のDyson Hyperdymiumモーターは、毎分最大10万5000回転(Dyson Digital Slimが12万回転)を実現。小型モデルでも吸引力を犠牲にしません。

サイクロン機構もわずか8個のルートサイクロン(Dyson Digital Slimは11個)という最小構成です。それでも96000Gもの遠心力を生み出して、ダイソンならではの変わらない吸引力を実現しています。

軽量化してもなお高い捕集性能を達成するために、フィルター構造の工夫により5段階の捕集設計を実現。微細なホコリを99.99%閉じ込め、部屋の空気よりきれいな空気を排出します。

オンラインで行われた製品発表会では、他社の軽量コンパクトモデルとの比較実験で、Dyson Microでは排気からゴミの粒子が出ないことをアピールしていました。

写真いちばん上のモデルがDyson Microです。

使用上の大きな違いは、トリガースイッチが廃止され、ボタン式に変更になったことです。一度スイッチを入れれば、トリガーを押し続けなくても掃除ができるようになったので、いっそう手軽になりました。

また本体部分は1kgを切っていて、かつ重心バランスが手元にあるので、掃除をしたときにさらに軽さを実感できます。

新Micro Fluffyクリーナーヘッド以外には、ふとんクリーナーとしても使えるミニモーターヘッド、コンビネーション隙間ノズル、卓上ツールなどが付属します。

直販限定モデルの「Dyson Micro 1.5kg Pro」(直販価格:80300円)には、さらに収納・充電ドックとLED隙間ノズルも付属します。

この製品の登場によって、ダイソンのハンディクリーナーは大きく分けると3つのモデルがリリースされたことになります。

パワフルで長時間(60分)利用できるV11
軽量(1.9kg)で40分利用できるDigital Slim
最軽量(1.5kg)で20分利用できるDyson Micro

ほかにも機能の違いはありますが、大きく分けるとこのようになります。

写真左側に並ぶ3つの製品の左からV11、Digital Slim、Dyson Micro。写真右側の製品はDyson Micro 1.5kg Proです。

 

日常的に毎日掃除をするのには、軽いというのは圧倒的な利点です。Digital Slimとのわずか400gの違いでも、実際の掃除では大きな違いを感じます。

今、ハンディクリーナー市場は、各社軽量化に力を入れていますが、そこに真っ向から切り込んできたダイソンの最軽量モデル。吸引力に軽さを兼ね備えたこのモデルは間違いなく売れそうです。

(取材・文:栗山琢宏)

この記事をシェアする

関連記事

今月の特別付録

monomax モノマックス 付録 特別付録 nano nanouniverse ナノユニバース 財布 長財布

カードが36枚入るうえ、出し入れしやすい!さらにスマホも入っ…