• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから

最新号のご案内

MonoMax 12月号

11月9日(月)
1136円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PR宝ホールディングス

毎晩、宝焼酎を飲む本誌発行人の柚木が本気で推す!「宝酒造のレモンサワーが美味しすぎる!」

『宝焼酎』ブランドで知られる宝酒造は、日本初の缶入りチューハイ『タカラcanチューハイ』を発売し、チューハイをもっとも長く研究しているメーカー。長年の研究で培った美味しさの秘密、さらに美味しく飲む秘訣を、本誌発行人と酒好きライターが徹底解説します!

(左)宝島社 柚木昌久/晩酌を欠かさない宅飲み好き。独自の黄金比率で抹茶ハイをつくるなど、チューハイには無類のこだわりあり。(右)ライター 金山 靖さん/お酒・グルメ記事を多数執筆。仕事柄、缶チューハイやお酒の新商品、トレンドチェックは欠かさない。

飲み比べも楽しい!樽貯蔵熟成酒入りで味が違う!

宝酒造のレモンサワーを愛しています!

自宅で焼酎を飲む際は、いつも『宝』の焼酎を選ぶという柚木。お酒の世界の底の深さを教えてくれたメーカーで、万全の信頼をおいていると断言します。

柚木「コロナ禍の影響もあり、自宅での晩酌を充実させるようになりました。好きなのが甲類焼酎を割って飲むレモンサワーで、自宅での一杯目は大体レモンサワー。自分の人生において大きな影響を与えた会社を挙げろと言われれば、宝酒造は間違いなく入るし、ふるさと納税も宝酒造黒壁蔵のある宮崎県高鍋町にしているくらい愛しています(笑)」

柚木「世の中に自宅で飲めるレモンサワーは数多くあって、自分でもそれなりに試してきました。どのメーカーのものも、一口目はとても飲みやすいんですよ。強炭酸と甘さが体に染み渡り『あー、最高!』って思うのだけれど、なぜかグラスや缶を一杯飲みきることがなかなかできない。甘さに疲れてしまうのか、『もう十分』となってしまうんです。一方、宝酒造のレモンサワーは、そのほとんどが甘くないのが特徴。もはや“甘くないことへのこだわり”と言ってもいいかもしれません。一口目だけでいえば、キャッチーなレモンサワーではないかもしれない。ただ、一杯飲んで、もう一杯。それでもまだ美味しい。気づけば、同じレモンサワーを何度もおかわりしてしまう……これができるレモンサワーは少ないはず。それに甘くないから、食事の味も一層引き立ててくれるんですよね。聞けば、焼酎自体の美味しさに自信があるので、甘さで味をごまかす必要がないのだとか」

宮崎県高鍋町にある宝酒造黒壁蔵。ここには約85種類・約2万樽の樽貯蔵熟成酒が保管されている。宝酒造にとってかけがえのない財産。

柚木「とにかく、宝酒造のレモンサワーを私は本当に愛しているんです。お酒が好きな人ほど、きっとこの美味しさに気づいてもらえるはず。ぜひ一度お試しいただきたい!」

樽貯蔵熟成酒入りだから味が違うんです!

宝酒造 こだわりのレモンサワー用<宝焼酎> 25° 600ml ¥680(税抜)/レモン系の香り成分を含むハーブを原材料の一部に使用。樽貯蔵熟成酒を3%使用し、レモン本来の風味を引き立てるブレンドで造り上げた、レモンサワー用の甲類焼酎。

柚木「『こだわりのレモンサワー用〈宝焼酎〉』は炭酸で割ってレモンを搾るだけなのに、どうしてこんなに美味しいんだろう?」

金山「原材料にレモンの風味を引き立てるハーブが入っているのがポイントですよね。あとはやっぱりアレじゃないですか?」

柚木「そう! 樽貯蔵熟成酒が3%入っているからですよね。発酵・蒸留した様々なアルコールを樽で一定期間貯蔵して熟成させるって、すごい!」

金山「しかも、樽貯蔵熟成酒は約85種類・約2万樽もあって、その中からブレンドして、味を決めているんです。途方もない手間がかかってますよ」

柚木「そんなお酒を使用して出来上がったと考えると、何だか貴重なお酒に思えてきたぞ」

金山「割るのがもったいないですね~」

柚木「レモンサワー用なんだから、そこは割らなきゃ(笑)。宝酒造のHPでおいしいレモンサワーのつくり方を見つけたから、その通りにつくってみましたよ。まあ一杯!」

金山「レモンの清涼感が強めでいいですね! 香りもいいし、ウマイ!」

柚木「そうそう! 何口飲んでも美味しいのが宝焼酎なんですよ!」

<これがおいしいレモンサワーのつくり方!>

宝焼酎、炭酸水、グラスを冷蔵庫で冷やす。グラスにたっぷりの氷を入れて、宝焼酎を注ぎ、氷となじむようにしっかりとステア。

炭酸水をグラスの縁に沿って氷にあてないようにゆっくりと注ぐ。レモンの皮を下向きにして果汁を搾り、ゆっくりと1回ステアすれば完成!

さらに楽しいのが飲み比べ! 味の違いがおもしろい!

(左)宝焼酎「タカラモダン」25° 600ml ¥499(税抜)/アルコールの角がない味わいと、すっきりとした後味。割材の風味を引き立てる、ほのかな甘味を持つ。サワーベースとして、割って美味しく飲める甲類焼酎。(中央)宝焼酎 25° 600ml ¥499(税抜)/キリッとしたハードタイプながら、まろやかな口当たりで飲み飽きない味わいが特徴。うまさ百年品質。一番愛され続けている王道中の王道。(右)宝焼酎「ゴールデン」25° 600ml ¥637(税抜)/独自の蒸留、ブレンド技術によって甘い香りと絶妙なコクを実現した甲類焼酎。琥珀色に輝く液体は大衆酒場のイメージにピッタリ。炭酸で割って飲むのがおすすめ。

金山「『宝焼酎』は種類豊富ですよね」

柚木「だから、飲み比べて味の違いを楽しめるんですよ。銘柄の種類が豊富な宝焼酎ブランドならではの楽しみ方で、宝焼酎好きにとってはこれがたまらない! 飲んでいてやめどきがわからなくなるのが困りどころだけど(笑)」

金山「それは面白そう!」

柚木「早速やってみましょう。この3本は焼酎初心者にもおすすめですよ」

金山「どんな飲み方がいいんですか?」

柚木「好きに飲むのが一番ですが、まずは炭酸で割るのがわかりやすいかも」

金山「宝焼酎はまろやかな味ですね。アルコールのツンとくる刺激が少なくて飲みやすい」

柚木「タカラモダンは角がない味だからサワー系に合います。焼酎が苦手な女性でも飲みやすいと思いますよ」

金山「ゴールデンは香りが豊かですね。コクもあって飲みごたえがあります」

柚木「この中では一番ブレンド技術を駆使してますからね」

金山「確かに、色が違います! 飲み比べると3本の味の違いが、はっきりわかりますね」

柚木「そうなんですよ。味の違いがわかると、自分好みの味を知れて、焼酎がもっと美味しくなるんです」

金山「味の違いは知っていても、実際に飲み比べると、それぞれの焼酎の個性の違いがはっきりわかって驚きました! これは新しい飲み方です!」

2人のプロに聞いた、宝焼酎を選ぶべき理由

レモンサワーの名店が語る!「焼酎こそが大事なんです!」

晩酌屋おじんじょ店長 渡辺慎一郎さん

お店に来るお客さんのほとんどがレモンサワーを注文する人気の居酒屋おじんじょ。店長の渡辺慎一郎さんによると、美味しいレモンサワーをつくる条件は3つ。

「1こだわりのレモン、2強めの炭酸、3美味しい焼酎です。うちは広島産で安全なノンワックスのレモンを使っています。炭酸は強い方がお酒の味が際立ちます。そして、美味しいお酒ですね。うちは芋焼酎を使った変わり種レモンサワーもありますが、人気なのはシンプルなレモンサワー。これをつくるときは宝焼酎しか使いません」

牛スジ豆腐の煮込みや特製のポテトサラダなど、料理も一工夫あるこだわり揃い。どれもレモンサワーが進む味。

おじんじょで使われている宝焼酎は2種類。宝焼酎「レモンサワー用焼酎」と、宝焼酎「純」。宝焼酎を使う最大の理由は、素材のよさ。

「レモンサワーは本来シンプルなお酒なので、素材に左右されます。やっぱり素材選びが一番大事なんです。宝焼酎は、すっきりしているのに、味わいがしっかりとしています。これでレモンサワーをつくると、大人の味がするしっかりとしたレモンサワーになるんです」

レモンサワーは、仕事終わりに飲む一口目が「一番美味しい」と語る渡辺さん。その味を提供するため、今日も宝焼酎でレモンサワーをつくり続けています。

「晩酌屋 おじんじょ」東京都渋谷区恵比寿西2丁目2-10 西牧ビル 1F/レモンサワーブームの先駆けとされる人気の居酒屋。宝焼酎を使った6種のレモンサワーは1日に150杯出ることも。

開発担当社員が語る!「食中酒としてダントツ美味しい」

宝酒造 商品第一部 蒸留酒課長 高井晋理さん/宝焼酎をはじめ蒸留酒の開発業務に携わる。入社以来、宝焼酎「純」が大のお気に入り。

宝酒造の焼酎の美味しさの秘密は樽貯蔵熟成酒だけではなく「ベースとなるアルコールにもある」と、宝酒造の高井さんは説明します。

「弊社は日本有数の設備と高い技術を持っており、雑味のないピュアなアルコールをつくれるんです。それに樽貯蔵熟成酒をブレンドしたのが『宝焼酎』ブランドです」

原料である粗留アルコールをきれいにした後にまた味付けをするというこの工程は、「白いキャンバスに薄い絵の具を少し落とす」イメージとのこと。作業の繊細さが伺える言葉です。

宝酒造は一貫して甘くないチューハイ商品をつくり続けていますが、それも焼酎へのこだわりから。

「甘味料や香料に頼りすぎると、宝焼酎の美味しさが伝わらないなと。我々は宝焼酎の美味しさを広めたいと思っているので、必然的に辛口になりますね。ですが、甘い酒が好きな方でも飲みやすい宝焼酎もつくっていますよ」。

どんなときに飲むと、宝焼酎は美味しいのでしょう?

「食事に合わせると、料理の味を壊さずダントツに美味しいです。飲みごたえがあるけど飲み飽きないのが宝焼酎のよさですし、そんな焼酎をつくっているので、ぜひ体感してもらえればと思います」

高井さんオススメの割り方は「宝焼酎とタカラモダンはお茶割り。ゴールデンは炭酸で割ると特徴が楽しめます」

焼酎がうまいから宝酒造は缶もうまい!

宝酒造は、缶チューハイの元祖「タカラcanチューハイ」をつくったパイオニア。最初の味の一つがレモンだったこともあり、同社はレモンに対するこだわりが非常に高く、今も多種多様なレモンサワーをつくっています。その中から、酒好きの本誌スタッフ4人が各々の推しレモンサワーを持ち寄り、プレゼン大会を開催!

爽快な切れ味が増した『タカラ「焼酎ハイボール」 〈レモン〉』

タカラ「焼酎ハイボール」〈レモン〉350ml ¥141(税抜)/「東京下町の大衆酒場で愛されるチューハイをイメージ。キレ味爽快な辛口かつアルコール7%で、飲みごたえがあります。さわやかなレモンの味はこってり系の食事に合います」(宝酒造・商品担当)

トップバッターは本誌発行人の柚木。

柚木「僕の推しは『タカラ「焼酎ハイボール」 〈レモン〉』。やっぱり主役は焼酎だと思う。レモンの風味で焼酎の爽快なキレ味が増すんです。唐揚げとか、こってり系の料理と合わせると最高ですよ」

乾きものとも合わせやすい『タカラcanチューハイ』

タカラcanチューハイ<レモン> 350ml ¥210(税抜)/「日本初の缶入りチューハイ。ベースの焼酎には、厳選された11種類の樽貯蔵熟成酒が贅沢に使用されており、シチリア産手摘みレモンと炭ろ過水を使用した辛口の味わいです」(宝酒造・商品担当)

カメラマンの村本さんも参戦。

村本「辛口なら『タカラcanチューハイ』もいいですよ。11種類の樽貯蔵熟成酒使用と贅沢。スルメとか乾きものと合わせると、電車の旅のお供って雰囲気が出てオツなんです」

繁盛店の味を再現した『寶「極上レモンサワー」』

寶「極上レモンサワー」各種 350ml ¥153~178(税抜)/「繁盛店の美味しいレモンサワーにこだわり素材を厳選。独自技術で本格的なレモン感を実現し、焼酎は樽貯蔵熟成酒とレモンサワー用宝焼酎を最適なバランスでブレンドしました」(宝酒造・商品担当)

ライターの金山さんが推したのが、『寶「極上レモンサワー」』。

金山「スッキリして甘くない、繁盛店のレモンサワーの雰囲気が再現されているんです。カルパッチョとかスパイシーなポテサラと相性最高ですから。女性も好きな味ですよ」

果汁のフレッシュ感たっぷりな『寶CRAFT』

寶CRAFT 各種 330ml ¥250~298(税抜)/「全国各地のご当地素材を使用したクラフトチューハイシリーズ。素材に合わせた酒質設計であることはもちろん、その土地で人気の食べ物にも合うよう設計されています」(宝酒造・商品担当)

果汁感も大事だと力説したのが、編集部の平。

「焼酎の味も大事ですけど、女性は果汁のフレッシュさを重視すると思うんです。だから私は『寶CRAFT』がイチオシです。地域限定の素材が使われていて、レモン以外の味もたくさんあるんです。しかも、その地域の料理に合う味に設計されているって、すごくないですか?」

気になる結論は?

村本「どれもよかったですね」

金山「途中から酔っていたので……全部美味しかった(笑)」

「みんなでワイワイやりながら飲み比べるのって楽しいですね~」

柚木「あ~、もう結論はいいから、このまま飲もう!(笑)」

宝ホールディングスお客様相談室
075-241-5111
宝酒造 公式webサイトはこちら

お酒は20歳を過ぎてから

取材・文/金山 靖 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax モノマックス 12月号 付録 特別付録 マーモット marmot ショルダーバッグ

マーモットのショルダーバッグは3つのポケット搭載で使いやすさ…