MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    PRHonda

    今、電気自動車を選ぶなら! 最高に使えるシティコミューター「Honda e」で始めるEVライフ!

    環境性能に優れる電気自動車(EV)は、今や次世代自動車のスタンダード。ついにホンダからも市販量産型EV「Honda e」が発売されました!

    街中ユースに最適な癒やし系フォルムの実力車

    F1を筆頭に「エンジン屋」のイメージが強い自動車メーカー、ホンダが送り出した初の量産型EV(電気自動車)が「Honda e」。丸みを基調としたフォルムはどこから見ても可愛らしさ満点。しかもその中身は独創性のカタマリです。

    パワーユニットにモーターを採用するEVならではの魅力は、巨大な発進トルクによる走りっぷりですが、Honda eはハンドリングも素晴らしい。その秘訣がリアシートの下にモーターを搭載した点。前後重量配分を50:50としつつ、フロントタイヤの切れ角を大きく設計できました。そのため軽自動車よりも小回りが利き、狭い都市部でも取り回しに苦労することはありません。

    さらにアクセルペダルを踏んで加速、ゆるめて減速という「シングルペダルコントロール」はホンダ初採用の装備ですが、極めて自然な操作感を実現していて、慣れると実に運転しやすいんです。

    環境性能に優れたEVというだけでなく、都市部ユースに最適な小型車としての基本性能もバツグン。それがHonda eの魅力です。

    ホンダ初のピュアEVは世界初を盛り込んだ機能にも注目!

    移動するバッテリーとして日常も緊急時も大活躍

    蓄えた電力は普段の移動に使用されるだけでなく、災害時など万が一の際は建物や機器などへの給電も可能。車内には100Vのコンセントを備えています。

    シンプルなデザインに満載された最新技術

    リアのドアノブを隠しているため一見3ドアですが、実用的な5ドアを採用。小ぶりなサイドミラーは、LEDウィンカーとカメラを内蔵していて、カメラの映像はインパネの左右端に表示されます。

    急速、普通充電対応でEV走行距離は259㎞

    上級グレード「アドバンス」の一充電走行距離は259㎞(WLTCモード)。充電、給電ポートをボンネット中央に備え、チャデモの急速充電と通常充電に対応します。

    操作性と視認性に優れた世界初※の5スクリーン

    ドライバーの前面には5連のスクリーンが並ぶレイアウト。センター部分には12.3インチ×2枚のモニターを用意。左右端のモニターにサイドミラーの映像が表示されます。

    ※量産車において。ホンダ調べ(2020年8月時点)

    なくす心配とはさようなら! スマートフォンがキーになる

    自身のスマホをペアリングさせると、リモコンキーとして使用することが可能に。車両状態を外部からモニタリングできる他、タイマーを設定してエアコンを入れておくといった使い方もできます。 

    ホンダ「Honda e Advance」
    ¥4,950,000(税抜)

    ●全長×全幅×全高/3,895×1,750×1,510㎜
    ●モーター 交流同期電動機
    ●最高出力 113kW【154PS】/3,497-10,000rpm
    ●最大トルク 315N・m【32.1kgf・m】/0-2,000rpm

    Honda お客様相談センター
    0120-112010
    公式ウェブサイトはこちら

    取材・文/佐橋健太郎

    モノマックスの記事をシェアする

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…