• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 7月号

6月9日(水)
980円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PRウエスタンデジタル

置くだけバックアップがスゴイ! サンディスクのiXpand ワイヤレスチャージャーが超カンタンに使える理由を検証!

カンタンに、そして確実にデータをバックアップできる方法があったら……そんな声を受けて開発されたサンディスク「iXpand ワイヤレスチャージャー」。Qi対応の端末を置くだけで、充電しながら写真・動画・連絡先を自動的にバックアップできるというスグレモノなんです。

実際にどれだけカンタンで便利なのか? 使って試してみました!

置き忘れでの紛失、故障による操作不能……スマホヘビーユーザーこそ、もしもの備えが重要!

いまやスマホは、あらゆるシーンの中心にある存在。仕事で使う連絡先情報も、プライベートで撮影した写真や動画も、この1台に集約しているという人は少なくありません。しかし、だからこそ怖いのはスマホが使えなくなってしまったとき。落下による破損や水没、紛失、盗難……これまでのデータが、一気に失われてしまうことに。

「ま、そんな故障なんてそうそう起こらないから~」と楽観視してはいられません。

2018年春、サンディスクが1102人のiPhoneユーザーを対象に調査したところ、約2人に1人がなにかしらの理由で故障を体験していたという驚きの結果が! そのうえで、次のような事実も浮かび上がってきました。

  • 修理の際、バックアップを取った →88.9%
  • バックアップがカンタンではなかった →58.1%

万一の保険としてバックアップを取ろうにも、設定に意外と手こずっている様子がうかがえます。

iPhoneには「iCloud」、Androidには「Google ドライブ」「Google フォト」によるクラウドのバックアップ方法がありますが、無料プランでは容量に制限があるため、それだけでは足りないという人も。インターネット通信も必要なので環境によってはバックアップに時間がかかりますし、いわゆる「ギガが減る」のを嫌う人もいるでしょう。

iPhoneなら「iTunes」アプリを使って自宅パソコンへのバックアップも可能ですが、データが大きいと空き容量を圧迫してしまいます。

こうした不満を解消するために開発されたのが、サンディスクの「iXpand ワイヤレスチャージャー」です。

見た目はスマホ用のスタンド台。でもQi対応のチャージャーで、最大10Wのワイヤレス充電が可能です。さらにはスマホの充電開始がスイッチとなって内部データとの接続が行われ、「連絡先」「写真」「動画」を自動でバックアップしてくれるんです。

モノとしてそこにあるから、「クラウドだとバックアップされた実感が湧かなくて不安だ」という人にもうってつけです。

使える理由1. “ながら”自動バックアップができて超カンタン!

1週間ほど使ってみてわかったのは、ルーティン化しやすいというメリットでした。バックアップ作業を毎日の仕事やプライベートの中に自然と取り入れることができるんです。たとえば「iXpand ワイヤレスチャージャー」をベッドサイドに置いておけば、就寝中に充電&バックアップを済ませられます。

個人的には、デスク上での使用もオススメです。

仕事中、通話やアプリ操作をしているといつの間にかバッテリーが多く減っていることが多いので、常に充電状態を保てるのはいいところ。それに、取材の記録として動画撮影を行うことがあるのですが、撮影データに「万一のこと」が起きようものなら顔面蒼白の危機的状況に……。でも、この「iXpand ワイヤレスチャージャー」があれば即座にバックアップを取ってくれるので、非常に安心できました。

充電&バックアップ中であっても、必要なときはスマホをサッと取り上げても問題なし。セットし直せば、バックアップを途中から再開してくれました。

自宅にWi-Fiルーターがあるときはルーター経由で、ルーターがない場合はチャージャーと直接接続するように設定が可能です。

別売りのmicroUSBケーブルを使ってパソコンと接続すれば、外部メモリのようにも使えるので、カンタンにパソコン上にコピーすることもできます。

使える理由2. バックアップデータをアプリで管理できてパソコン不要だから超カンタン!

バックアップデータは、専⽤アプリ「Ixpand Charger」を通してリアルタイムに確認することが可能です。ユーザビリティに優れたわかりやすい設計で、はじめての設定もトラブルなく行えました。初回は大量のデータをバックアップするため時間がかかりますが、それ以降はとてもスムーズです。

すべての操作をアプリだけで完結できるのも、ストレスを感じさせません。

まるごとバックアップするだけでなく、端末のメモリ不足を解消することにも利用できます。「iXpand ワイヤレスチャージャー」には十分な容量があり、アプリを使ってバックアップを終えた端末内のデータをカンタンに消去できます。もちろん、バックアップデータのスマホへの復元も可能です。

機種を変更した際には、大切なデータを新しい端末に移すこともできます。

使える理由3. 家族で利用できて超カンタン!

置くだけでカンタン充電&バックアップという恩恵は、なにも1人に限られたものではありません。充電は1台に限定されますが、3台までの同時アクセスに対応しているから、家族で共用することもできるんです。スマホごとに別々のフォルダに分けて保存されるため、データがごちゃまぜになることもありません。

リビングに設置し、家に帰宅した順番にバックアップを取るようにしてみるといいのかも。

家族利用だけでなく、仕事とプライベートでスマホを分けているというような、複数台持ちのユーザーにとっても便利な機能です。

 

充電&バックアップの新しいスタイルを提案するサンディスク「iXpand ワイヤレスチャージャー」。さらに快適な日常がはじまりそうです。

サンディスク「iXpand ワイヤレスチャージャー」

容量:256GB、512GB
サイズ:W100.25×D19.51×H201.39mm
重量:201.39g
出力:最大10W
推奨動作温度:0~25℃
バックアップコンテンツ:写真、動画、連絡先
保証:2年間保証

サンディスク・カスタマーセンター
0120-893-009
公式ウェブサイトはこちら

取材・文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,エーグル,aigle,トートバッグ,豪華付録,

はっ水、充実のポケット……特別付録は、‟10大機能を備えた″…