• MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 8月号

7月9日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PR富士山の銘水

天然水で淹れた至高の一杯を味わう。FRECIOUS Slat+cafe

ウォーターサーバーとコーヒーメーカーの1台2役を果たすフレシャス・スラット+カフェ。普段からコーヒーにこだわっているという俳優・戸次重幸さんに、その実力を確かめていただきました。

戸次重幸さん
1973年北海道札幌市生まれ。演劇ユニットTEAM NACSメンバーで、舞台、映画、ドラマ、バラエティ番組など多岐にわたり活躍。4月5日よりTEAM NACSの舞台『マスターピース~傑作を君に~』が全国で公演開始。

コーヒーにも水にもこだわる一流俳優がその味を認めた

「これ、おいしいなぁ……」

フレシャス・スラット+カフェで淹れたコーヒーを口にした戸次さんから、感嘆の声が漏れてきました。大のコーヒー好きだという戸次さんは、理想を求めて能登半島の専門店からコーヒー豆を取り寄せているほどのこだわりよう。でも、それと引けを取らないほどの旨味や味わいをこの一杯に感じたといいます。

「コーヒーはもちろん、この天然水がいいんですね。僕が育った北海道にはあちこちに名水があって、おいしい水に慣れ親しんできました。東京の水はいまだ慣れないのですが、フレシャスの水を飲むと自然とくつろいだ気分になったんです」

UCCのドリップポッドを使って手軽にコーヒーを淹れられる他、自分で用意した好みのコーヒー豆で挽いた粉でも抽出できるという点は、こだわり派の戸次さんにとって納得できる機能。なによりも、この1台でコーヒーメーカーとウォーターサーバーの2役を果たすという製品コンセプトを高く評価します。

「これは人間をダメにしてしまいますよ(笑)。これほどコーヒーも水もおいしいと。ボタンひとつで簡単にできてしまうので、1日に何杯も飲んでしまいそうです。あとはこのスタイリッシュなサーバーを違和感なく設置できるよう、インテリアにこだわりたい気持ちも湧いてきますね(笑)」

Point 1. わずか40秒、簡単ステップでハンドドリップの味わいが愉しめる

UCCが独自開発したコーヒーメーカーを内蔵し、プロが淹れたハンドドリップの味わいを手軽に愉しめるのが魅力。11種類のコーヒーの他に紅茶と緑茶も愉しめ、フレシャス限定価格で購入可能です。

予熱を完了したサーバー本体にUCCドリップポッドをセットし、あとはボタンを押せば、わずか約40秒で淹れたてのコーヒーが味わえます。温度調節や蒸らしといった細かな調節も自動で行ってくれるので楽ちんです。

さらに、こだわり派の人にとって嬉しいのが、専用フィルターを使えば市販の挽いた豆(粉)でも淹れられるところ。ストレスを一切感じることなく、好みの一杯を自宅で堪能できるんです。

Point 2. 多彩な温度調節が可能なウォーターサーバー機能

もちろんコーヒーメーカーだけでなく、ウォーターサーバーとしての機能も充実。冷水・温水はもちろん常温水も利用でき、天然水ならではのおいしさを味わえます。通常80~85℃の温水を3~4分で約90℃にまで再加熱するリヒート機能は、カップラーメン作りに便利。エコボタンを押せば温水70℃に下げられるので、節電になる他、赤ちゃんの調乳に使えます。

Point 3. インテリアに映えるデザインと高度な実用性

ミニマムで無駄のない、インテリアに馴染むデザインも魅力のひとつ。各種操作はレバーではなくボタン式で、サーバー上部にスッキリとレイアウト。小さな子供の手が届かない位置なので、火傷やいたずらの心配がありません。使い捨てができる9.3Lクラッシュボトルはサーバー下部に収納する下置式だから、設置時に頑張って持ち上げる必要もないんです。

Point 4. コーヒーがおいしい理由は天然水にあり

富士の標高1,000m地点から採水されたフレシャスの天然水は、ほのかな甘味と舌の上でまるみを感じられる味わいが特徴。バナジウムを多く含む絶妙なミネラルバランスの軟水で、コーヒーやお茶との相性も抜群です。

 

戸次さんも太鼓判を押すフレシャス・スラット+カフェ。天然水コーヒーが、生活に癒やしと潤いを与えてくれます。

FRECIOUS Slat+cafe(フレシャス・スラット+カフェ)
購入プラン¥66,000(税込)、レンタルプラン月額¥1,320(税込) ※別途お水代
サイズ:W29×H110×D35cm
カラー:マットブラック、マットホワイト

フレシャスお客様サポートセンター
0120-800-026
公式ウェブサイトはこちらから

撮影/関 竜太 スタイリング/栃木雅広(quilt) ヘア&メイク/横山雷志郎(Yolken) 文/横山博之

この記事をシェアする

この記事のタグ

今月の特別付録

monomax,モノマックス,特別付録,coleman,コールマン,ミニチュア収納ワゴン,豪華付録

\コロコロ/タイヤで部屋の中をスイスイ移動! コールマンのミ…