MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【簡単にきれいに!】デニムケアのススメ、色落ちを気にせず洗えるのが嬉しい! 

色落ちが気になるデニム、どのように洗えば長持ちするのか考えたことはありませんか? 

日頃のコーディネートに取り入れることの多いデニムだからこそ、しっかりとしたケアの方法が気になりますよね……そこで、今回はデニムの洗い方をヴィンテージデニムアドバイザーの方に伝授してもらいました!

ビヨンデックス スペシャルデニムケアウォッシュ

ビヨンデックス
スペシャルデニムケアウォッシュ
価格:3,900円

用意するのはこちらのスペシャルデニムケアウォッシュ
これ1つで色落ちを気にせず、デニムが洗えちゃうんです!

STEP1 30ℓの水に洗剤を5プッシュ

まずは水を用意して、ビヨンデックスのスペシャルデニムケアウォッシュを投入!
目安としては水30ℓに対して5プッシュです。
水の量によってプッシュ数を調整しましょう。

STEP2 水と洗剤を手で軽く混ぜる

洗剤を入れたら後はかき混ぜるだけで準備完了。
無色の洗剤なので、水のように見えてしまいますが、洗浄力は凄まじいんです……!

STEP3 デニムを裏返す

このようにデニムを裏返すことで、色落ちを最小限に抑えてくれます。
さらに効果的に皮脂汚れなどを落とすこともできるんです。

STEP4 折り畳むように裾から入れる

この洗剤の使い方はつけ置きに近いイメージ。
写真のように容器に合わせて、デニムを折り畳んで入れていきます。
そして優しく全体を浸します。

STEP5 軽く揉み洗いして放置。20分後に軽く水で洗う

軽く揉み洗いして、20分ほどで終了。
本来はインディゴ成分が出てしまうデニムのつけ置き……しかし、見事に汚れだけを抽出してくれています!

STEP6 5分程度、脱水機にかける

軽く水洗いした後は洗濯機での脱水です。
脱水時間は5分程度で充分。
ポイントはデニムを洗濯機に張り付けるように置くこと!
こうすることで、デニムにかかる負担が軽減するんです。

STEP7 ハンガーを2本使って陰干し

パンツハンガーを2本使って、折りジワが付かないように立体的に干していきます。
直射日光を避けて、陰干しするのが大切です。

以上の工程で、デニムを清潔な状態に保てるんです。
所要時間はなんと30分ほど
ヴィンテージデニムは、色の濃さで価値が変化する……だからできるだけ色落ちさせたくない! けれども、汚れたままのジーンズを穿くと記事が弱って破れてしまいます。
この30分のケアを行うことによって、長く価値を保ちながら、愛用のデニムを着こなすことが可能になります!
このスペシャルデニムケアウォッシュは、ヴィンテージデニムをこよなく愛する人々が作った、ヴィンテージデニムのためのもの
ぜひチェックしてみてください。

MonoMaster編集部

MonoMaster編集部

MonoMaxの大人版として2018年9月に創刊した『MonoMaster(モノマスター)』。「“遊び心あるモノ・コト”が見つかる」をテーマに、こちらのWEBでは、時計やカバン、ファッション、車から、旅、グルメまで幅広いジャンルの情報をお届け。付録の紹介もしています!

Twitter:@monomaster_tkj
Instagram:@monomaster_tkj

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求した長財布!【付録速報】

もう、悩まない! たっぷり入る収納力と取り出しやすさを追求し…