MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

路面が濡れていても関係なし! 浮遊するテントとは?

この時期のキャンプはちょっと。。。
と敬遠しがちな人の理由に上がってくるのが虫対策。
自然に囲まれた空間ですることの多いキャンプだと、どうしても避けては通れない問題ですよね。
そんな夏キャンプにこそ活躍してくれるテントを発見しました。
TRAVELER(トラベラー)という中国のアウトドアメーカーが画期的なテントを発売していましたので、ご紹介していきます!

1 路面が濡れていても関係ありません!浮かしちゃえばいいんです!

アウトドア

まずはこの写真をご覧ください。
鮮やかなオレンジカラーのテントですが、一般的なものに比べてどこか違う点があるのをお分かりでしょうか?

アウトドア

下からの写真だと分かりやすいかも知れません。
これ、浮いてるのがわかりますか?
そう、実はこのテントは浮遊型テントなんです!
では正体も判明したところで、スペック等をみて行きましょう。

アウトドア

今回紹介するのは浮遊型テントですが、一般的なテントと大きくは変わりません。
折り畳み式で付属の収納袋に納められます。

アウトドア

付属もかなり充実していて、ストラップ・ラチェット・カラビナ・アルミポール・アルミペグなどなど、テント設営に必要な器具は一通り揃っています。

アウトドア

ではなぜこのテントがいいのか?
気になるメリットを話していきますね。
まず浮遊型ということは、路面や傾斜を選ばずに設営できるということ!
ちょうど良い木のスペースを見つけてしまえば、濡れた路面であっても傾斜が付いていようが関係ありません。
だって、空中に張ってしまうんですからw。
それともう一つ、浮遊させることで生まれるメリットがあります。
地面から虫が侵入してこないということです。
一般的なテントであれば、平たい地面の上に設営するため、どうしても虫が侵入してきてしまいますが、浮遊させることで少なくとも地面からの侵入は防げると言うわけです。

アウトドア

でも空中に設営するって何だか不安になりますよね。
しかしこのテントはスペックも高く耐荷重250kgまで対応しています。
大人2人であれば安心して使えそうですね!
ナイロン製のため速乾性と強度がありソフトな肌触りを楽しめるので、気持ちよく過ごせると思います。

アウトドア

浮遊しているテントというアイキャッチさもあって、ファミリーキャンプでも大活躍すると思います。
お子さんのハートを鷲掴みにすること間違いなしなので、安定する設営をしてから楽しみましょう!
夏キャンプのイベントの1つとしても盛り上がりそうな浮遊型テント。
気になった方は是非ともチェックを。

[TRAVELER―木にロープで固定する浮遊型テントー]

アウトドア

素材: 210D リップストップナイロンPU3000(下部テント部分)、210T リップストップポリエステルPU3000(上部タープ部分)
サイズ:H300×W300×D100 cm
重量:3.5kg
色:オレンジ、ブルー
付属品: ストラップ( 3ケ), ラチェット(1ケ), カラビナ(2ケ), アルミ製ポール(3本), アルミ製ペグ(2ケ), ナイロンロープ(2ケ、各4m), 上部テント(1ケ), 下部テント本体(1ケ)
¥32,780

[問い合わせ先名]
株式会社ビックボックス
TEL:028-634-1236

文/スタイリスト 小林 知典

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …