MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(木)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

PRシチズン時計

引き算の美意識を追求した「シリーズエイト」こそ今買うべき機械式腕時計だ!

大胆かつ繊細なフォルムによって国内外の熱狂的な時計ファンから高く評価されたシチズン「シリーズエイト」が、2021年8月3日に再始動を果たすことが決定! 強烈な個性を放つ3型が新登場し、華々しい幕開けを印象づけます。

そもそも「シリーズエイト」は、腕時計本来の魅力を追求しようという流れから2008年に誕生したシリーズ。このたび、時計の新しい価値観を形にしようという機運の高まりから、再始動が決定。「引き算の美意識」というコンセプトを継承し、腕時計の原点といえる機械式ムーブメントを軸にモダン・スポーティな力強いデザインを提案します。

シンプルながらエッジの立ったデザインで魅せる「870 メカニカル」

「シリーズエイト」再始動第一弾モデルにおいてのフラッグシップ的位置づけが、この「870 メカニカル」です。

搭載されたCal.0950は「磁気に1cmまで近づけてもほとんどの場合性能を維持することができる」JIS規格第2種耐磁性能を備え、現代のデジタル環境に対応。日差-5~+10秒という高精度やムーブメント厚4.1mmという薄型設計も特徴で、「引き算の美意識」を中心から支えています。

注目すべきは、このベゼル。IP(イオンプレーティング)処理によって艶のある光沢を表現した内側と、ヘアラインが印象的な外側の2体構造を採用しています。これほど質感の異なる両者をひとつの時計で表現できているのは、別体だからこそ。水平方向に張り出した複雑な組み合わせでありながら、歪みもなく接合させているところに成形技術の高さがうかがえます。

また、シンプルな文字板の上で稼働する骨太な長短針にも独自の美学を感じさせます。

直線と面で構成された造形も、スポーティな雰囲気を高めるポイント。バンドにはあえてヘアラインを粗めにかけ、力強い印象を高めています。

ジャケット¥10,890、シャツ¥4,290、パンツ¥7,590/すべてオリヒカ(問)ORIHICA池袋東口店☎03-5958-1488

シンプルで力強いデザインの「870 メカニカル」は、ジャケパンとの相性も抜群。優れた耐磁性能を誇るゆえにタブレットやスマホもストレスなく使えますし、視認性も高いので時刻をすばやく確認するというビジネスのニーズにも応えます。

左)「NA1004-87E」¥220,000、中)「NA1000-88A」¥220,000、右)「NA1005-17L」¥209,000

シンプルなブラック文字板の「NA1004-87E」とエレガントなシルバー文字板の「NA1000-88A」、そしてウレタンバンドを使用しアーバンスポーツな印象を高めたブルー文字板の「NA1005-17L」という3モデル。それぞれベゼルのカラーも異なり、全体の印象も大きく変わっています。

新生「シリーズエイト」の理想が余すところなく注ぎ込まれた「870 メカニカル」。時計の魅力を再定義します。

「シリーズエイト 870 メカニカル」

ケース:ステンレス
バンド:ステンレス(NA1004-87E, NA1000-88A)、ウレタン(NA1005-17L)
ガラス:サファイアガラス(両面無反射コーティング)
ケース径 / 厚み:40.8mm / 10.9mm(設計値)
ムーブメント:Cal.0950 / 自動巻き+手巻き / 平均日差-5~+10秒 / 駆動時間約50時間(最大巻上時) / 振動数28,800回/時 / 石数24石 / カレンダー機能 / 秒針停止機能
防水性:10気圧防水

白蝶貝を取り入れた煌めく文字板に心惹かれる「830 メカニカル」

「シリーズエイト」の再始動は、あらためて「時計の新しい価値観」を追求し、それを形にするためでした。そうした意気込みを如実に感じさせる意欲作が、この「830 メカニカル」です。そのワケは、文字板をご覧いただければ一目瞭然です。

白蝶貝×メタルという、これまでありそうでなかった斬新なデザインを採用することで、新しい表現を実現しています。

マザーオプパール(MOP)とも呼ばれる白蝶貝は真珠光沢面を有する貝殻からなる素材で、オーロラのような光を放つことからドレス感を高める素材として重宝されています。この白蝶貝を文字板全体に敷いた上に、幾何学模様に加工したメタルを設置。白蝶貝の上品さや艶やかさと、メタルのソリッドさやスタイリッシュさが掛け合わされ、まさしく「新しい価値観」を表現しています。

シンプルかつ力強いバーインデックスも、この文字板が放つ独特の雰囲気にマッチ。長短針は中央が空いたデザインで、視認性を確保しつつ文字板の美しさを最大限に発揮します。

ニット¥22,000/マニュアル アルファベット(問)エムケースクエア☎06-6534-1177

スポーティでありつつ白蝶貝の存在も効いているから、きれいめな装いにマッチ。

搭載されたムーブメントは「870 メカニカル」と同じCal.0950なので、磁力による狂いを心配することなくパソコンやスマホを使えます。

左)「NA1010-84X」¥198,000、右)「NA1015-81Z」¥209,000

シルバーを基調とした「NA1010-84X」と、ブラックをベースにピンクゴールドを差してエレガンスを高めた「NA1015-81Z」の2モデル。

だれも知らなかった新しい時計の魅力が、ここにあります。

「シリーズエイト 830 メカニカル」

ケース / バンド:ステンレス
ガラス:球面サファイアガラス(両面無反射コーティング)
ケース径 / 厚み:40.0mm / 11.7mm(設計値)
ムーブメント:Cal.0950 / 自動巻き+手巻き / 平均日差-5~+10秒 / 駆動時間約50時間(最大巻上時) / 振動数28,800回/時 / 石数24石 / カレンダー機能 / 秒針停止機能
防水性:10気圧防水

洗練された美しさと高コスパで初めての機械式にもおすすめしたい「831 メカニカル」

実用性とデザイン性を追求したスタンダードモデルが、「831 メカニカル」です。

「830 メカニカル」と同じケースを採用しつつ、こちらはシンプルな文字板やフラットな風防を選択。そうすることでソリッドに構成された八角形ケースの造形や力強い文字板デザインが強調され、「シリーズエイト」が目指す美意識が伝わってきます。

ムーブメントはCal.9051。こちらもJIS規格第2種耐磁性能を備えているので、デジタルツールを気兼ねなく扱えます。

左)「NB6010-81A」¥132,000、中)「NB6010-81E」¥132,000、右)「NB6012-18L」¥132,000

汎用性に優れたシルバー文字板の「NB6010-81A」やビジネスでも重宝するブラック文字板の「NB6010-81E」に加え、ローズゴールド×ブルーカラーかつ革バンドで高級感を際立たせた「NB6012-18L」と、テイストの幅が広い3モデルがラインナップ。

10万円台前半という手を出しやすい価格設定も魅力で、新生「シリーズエイト」のエントリーモデルとしてうってつけです。

「シリーズエイト 831 メカニカル」

ケース:ステンレス
バンド:ステンレス(NB6010-81E, NB6010-81A)、ステンレス / ウレタン+カーフ革(NB6012-18L)
ガラス:サファイアガラス(両面無反射コーティング)
ケース径 / 厚み:40.0mm / 10.1mm(設計値)
ムーブメント:Cal.9051 / 自動巻き+手巻き / 平均日差-10~+20秒 / 駆動時間約42時間(最大巻上時) / 振動数28,800回/時 / 石数24石 / カレンダー機能 / 秒針停止機能
防水性:10気圧防水

 

どのモデルも2021年8月3日に発売予定。

腕時計の新しい価値を提唱するシチズンの「シリーズエイト」。8の数字には無限(∞)の意味も込められているといい、まさに無限の可能性を感じさせる注目のシリーズです。

シチズンお客様時計相談室
0120-78-4807
https://citizen.jp

文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY) スタイリング/栃木雅広(quilt)

※記事中に書かれた価格はすべて税込み表記です

モノマックスの記事をシェアする

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

ロゴスが本誌付録に初登場! いろんな場所に吊り下げられる10…