すでに売り切れ続出! Bose新作スピーカーSoundLink Miniとイヤホンに注目

★SoundLink_Mini_Bluetooth_Speaker_II_013_CMYK

6月26日に発売したばかりのBoseの新作スピーカー、SoundLink Mini Bluetooth speaker II。

こちらの記事でもご紹介しましたが、前作は1万円以上のBluetoothスピーカーのうち、シェア4割を誇る(※)大人気商品だったこともあり、その新作もかなり期待されています。(※MonoMax編集部調べ)

 

実際に、発売後の状況はというと・・・・・・

発売4日目にしてすでに初回入荷分が完売している店舗もあるとの情報をキャッチ!

次回の入荷待ちの方もいるようで、これは購入予定の方はお早めにチェックしたほうがよさそうです。

 

製品の詳細はこちら

高音質な音楽が聴けるコンパクトスピーカーが欲しいという方は、いま最注目のスピーカーです。お見逃しなく。

 

 

26日には、「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」のほか、Boseからノイズキャンセリング機能付きの新作イヤホンも発売されました。

その名も「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」(ボーズ クワイアットコンフォート20 アコースティック ノイズキャンセリング ヘッドホン)。

2年前に発売され話題となった「QuietComfort 20」は、雑音に対して逆位相の音波を瞬時に作り出し雑音を打ち消すという同社のノイズキャンセリング技術を詰め込んだインイヤー型。

雑音が入らず、水のなかにいるような感覚で音楽に没入できる快感と、そこに溢れ出すBoseの高音質な音楽が相まって、すぐに話題の製品となりました。

 

そこで今回の新作は、ブラックとホワイトのニューカラーモデルです。

Quiet_Comfort_20_Apple_001_RGBQuiet_Comfort_20_Apple_002_RGB

従来はダークグレーのみでしたが、新作は2色。どちらもブルーがアクセントとなり、前作よりカジュアルなデザインが印象的です。ホワイトは夏小物にぴったりの爽やかなカラーリングですね。

ブラックとホワイトの2色のほか、Apple製品対応モデルとスマートフォン対応モデルの2モデルがラインナップ。使用デバイスに合わせて選択できるようになりました。

またノイズキャンセリング機能には、消音性能と高音質に加え、ノイズを消したまま周囲の必要な音だけを聞き取れる「Awareモード」を搭載。雑音だけを排除しアナウンスなどの音は聞き取れるので、外でも安心して使用できます。

イヤーチップは、Boseの独自形状で、圧迫感がなく長時間の使用でも快適な着け心地。ストレスなく音楽に没頭できる形状になっています。

使用可能時間は、約2時間の満充電で約16時間の連続再生が可能。キャンプやBBQなどのアウトドアや、旅行のお供にも不安なく持ち出せますね。

 

 

26日に発売されたばかりのスピーカー「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」とイヤホン「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」。

どちらも完売になる前にお早めのチェックをおすすめします。

 

 

「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」 価格:¥25,000(税抜き)

「Bose QuietComfort 20 Acoustic Noise Cancelling headphones」 価格:¥35,000(税抜き)

お問い合わせ先:ボーズ オンラインストア 0120-002-009

 

 

 

編集部/小野

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読