[PR]ついに7月7日に決行! 高さ約1,000mのフィヨルド登頂に、乾電池「エボルタNEO」で動くロボットが挑戦! 果たして成功なるか!?


「エボルタチャレンジ」、みなさんもCMなどで一度は目にしたことがあるのではないだろうか? 乾電池で動く小さなロボット・エボルタくんがグランドキャニオン登頂を果たすなど、これまで様々な挑戦を行ってきたが、今年のチャレンジは過去最大級に難しいチャレンジとなりそうだ。

その名も「フィヨルド1,000m登頂チャレンジ」。北欧ノルウェー・リーセフィヨルドのシェーラグ山にて、標高1,000mの断崖に張ったロープを登ることに挑戦するのだ。

チャレンジするのは長もち実証ロボット「エボルタNEOくん」。身長はわずか17cm。体重は電池ありで169g。動力源は単3形乾電池 エボルタNEO2本のみだ! この小さな体で1,000m登頂にチャレンジする。

チャレンジの場所はこちらの、ノルウェー リーセフィヨルド シェーラグ山。エボルタNEOくんは体が小さいので、1分間に126cmほどしか登ることができない。なので、実際のチャレンジは登頂まで13時間以上の時間を要するのではと予想されている。そこで、白夜のため日長時間が18時間ほどと長いノルウェーが選ばれたというわけだ。

しかしながら、その環境はかなり過酷だ。

まず、その総距離。こちらの比較がわかりやすいが、東京スカイツリーよりも遥かに高い。

そして、こちらがシェーラグ山の一角。ご覧のように上の方は雲で霞んで見えるほどの高さなのだ。当然ながら風もチャレンジをより過酷にする。

当然ながら、チャレンジに携わるスタッフたちは入念な準備が必要となる。こちらは登頂のためのロープを張りに行くスタッフの写真。一見、簡単そうなロープを張るという作業だが、当然、張るまでには山に登らなければならない……

こちらはゴールからスタート地点にロープを下ろす作業の写真。相当過酷な作業だ。

こんな環境の中、エボルタNEOくんたちは成功へ向けて準備を着々と進めている。

そして、今回エボルタNEOくんを手掛けたのは、ロボットクリエイターの高橋智隆氏。過去にもグランドキャニオン登頂ほか、数多くのエボルタチャレンジに挑戦し成功に導いてきた。今回は1,000mに耐えられるよう、耐久性や省エネ性を重視して開発をしているという。

こちらは先日の発表会の様子だが、今回はチャレンジのために開発された「追跡撮影システム」がエボルタNEOくんとともに登頂をする(※エボルタNEOくんの下の機材)。360度カメラが搭載されており、エボルタNEOくんと同じスピードでロープを登りながら、その様子を撮影していく。こちらの映像は、7月7日チャレンジ当日、ニコニコ生放送 他でライブ配信される。

最後にこちらが、パナソニックとして9年ぶりのアルカリ乾電池の新製品「エボルタNEO」。

パナソニック アルカリ乾電池 エボルタNEO
オープン価格

改めて、こちらのチャレンジは2017年7月7日のスタートが予定されている。果たして成功なるか! ぜひチャレンジを生で見て応援してください!

 

■関連記事

エボルタNEOフィヨルド1,000m登頂チャレンジ | チャレンジについて

エボルタNEOフィヨルド1,000m登頂チャレンジ | チャレンジレポート

週刊エボルタ NEO通信

 

関連記事

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

タグから探す

MonoMax Webを購読する

Twitterでフォロー

@MonoMaxWEB

RSSで購読

RSSファイル

follow us in feedlyfeedlyで購読

メルマガを購読