[PR]U4000円!数ある機能派ビズシャツの中でもずば抜けて買いの1枚を発掘!

まもなく訪れるクールビズの季節。暑い日でも快適に過ごせる“機能派ビズシャツ”への関心は高まるばかりですが、高ストレッチ・防シワ・吸汗速乾機能を備えながらU4000円の秀逸シャツを発見しました!

TOPVALU「ネオフィット 半袖ドレスシャツ」

TOPVALU「ネオフィット 半袖ドレスシャツ」各¥3,880(税抜)

それがこちらの「ネオフィット 半袖ドレスシャツ」。ずば抜けて買いと断言できる3つの理由をご紹介します!

 

理由1)見た目はドレスシャツなのに着心地はポロシャツ!

タイドアップすることを意識した衿型やパンツの裾から出にくい着丈といった縫製と、東洋紡のアルティマ糸によって表現されたハリコシのある質感が、ドレスシャツ特有の風格を表現。それなのにニット仕立てだから、着心地も抜群なんです。

 

理由2)汗をかいても着心地はサラッと!

布帛の場合、汗をかいたら肌にベタッとくっついて不快で堪らないもの。しかし、このネオフィット半袖シャツは肌との接触面が少ないニット素材だからベタつきが少ないし、吸汗速乾性も備えているため、暑い季節が訪れても快適に過ごせます。

 

理由3)シワになりにくく、アイロンいらず! しかも早く乾く!

ストレッチ性に加え、防シワ性を備えているのも見逃せないポイント。洗濯後にそのまま干しておくだけで、大きなシワが入ることなく自然乾燥させることが可能です。だから仕事で忙しくて、アイロンを当てる余裕がないときに大助かりなんです。

 

人気スタイリストもその出来を絶賛!

左)小孫一希さん、右)栃木雅広さん

本誌をはじめ、数多くの男性誌で活躍する2人のスタイリストにも、その出来を味わってもらいました。

パッと見で目に飛び込んできたのは、ハリがあってキレイな生地感でした。

 

 

衿型とか、ドレスシャツのシルエットをしっかり踏まえていることもあって、さらに生地の風合いのよさを感じるんでしょうね。で、実際に手にとって見るとたしかにニット素材で「おっ!?」と驚く。

 

ニットのシャツというと、それがまた味でもあるのだけど、テレッとして柔和な雰囲気なのが一般的。でもこのシャツはハリコシがあるから、ジャケットとも合わせやすい。クールビズのシーズンに単体で着用しても、カッチリして見せられる。スタイリングにおいて、シルエットや生地から漂う質感は重要ですから。

 

ビジネスのカジュアル化が進んでいるとはいえ、テレッとしたものを受け付けない企業はまだ多いでしょうからね。見た目はピシッとしているのに、ニット素材特有の着心地のよさを備えているのだから、実用性はかなりのものです。ストレッチが効いているから動きやすいし、吸汗速乾なのもこれからの時季にピッタリなんじゃないですか。

 

それに僕らスタイリストとしてもうれしいのは、防シワ性に優れている点。アイロン掛け、面倒だからね(笑)。シャツはファッションでもあり、仕事の実用着でもあるから、管理しやすいというのも大きな利点だと思います。

 

それでいて、4000円を切る価格なのはスゴイですよ。ある種消耗品となる実用着だからこそ、コストパフォーマンスの視点は不可欠ですけど、これだけキレイな見た目と実用性があってこの価格なんですから……!

 

メーカーがトップバリュだというのも驚いた。ここまでのクオリティのシャツを送り出してくるとは……。4000円以下という価格も、全国に店舗があって大量のロット数をさばけるからこその値付けだろうから、こりゃ敵わないね。

 

僕も目からウロコでした。こんな身近なところに秀逸なシャツがあるなんて。

 

 

これは売れますよ!

 

 

 

2枚目に買うならクールマックス®ファブリックを使用したこちらのシリーズ!

TOPVALU「長袖ドレスシャツ(クールマックス ファブリック製)」「半袖ドレスシャツ(クールマックス ファブリック製)」

左)TOPVALU「長袖ドレスシャツ(クールマックス® ファブリック製)」¥2,880(税抜)、右)TOPVALU「半袖ドレスシャツ(クールマックス® ファブリック製)」¥2,880(税抜)

特に暑い季節でも快適に過ごしたいと望むのなら、吸汗速乾に優れたクールマックス糸仕様の長袖/半袖シャツを選ぶ手も。強い日差しの下でも、涼しくドライな着心地を提供。さらに、衿やカフスの裏にはアクセントとなる別色柄生地をあてたうえで防汚加工が施されているので、長く愛用できるのもうれしいポイントです。

 

今年の夏は、TOPVALUの機能派ビズシャツを要チェックです!

 

トップバリュ お客さまサービス係
0120-28-4196(10:00~17:00 日曜は除く)
商品のご購入はこちら

 

文/横山博之 撮影/村本祥一(BYTHEWAY)

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 9月号

8月9日(木)
890円(税込)