MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

最新号のご案内

MonoMax 11月号

10月8日(金)
890円(税込)

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

キャンプにも重宝! サステナブルな東京発のギアブランド・cancan(カンカン)のPPバッグはデイリー使いに最適だ

『Life Style Gear あなたの生活に寄り添える最高のギア』をブランドテーマに、made in Tokyoのモノ作りを行なうギアブランド・cancan(カンカン)が新作をローンチ。

シートや建築物でも使用している軽くて強度も高い資材を用いた、水や汚れに強く、扱いやすい2型のバッグを発売開始しました。

「PP BAG S」3940円/約W23×H19×D13㎝

「PP BAG S」はブランドの定番とも呼べる巾着型。

アウトドアツールやギアを入れる収納ケースとしても、ショルダーを引っ掛けてプランターとしても使えます。

「PP BAG L」4950円/約W37×H40×D19㎝

「PP BAG L」は、エコバックとしてはもちろんのこと、衣類やシューズケースなどデイバックとして、あるいはプランターやインテリア収納として、またアウトドアツールやギアを入れるケースとしてなど幅広く使用できます。

深みのあるシルバーなので上品で馴染みやすいカラーです。

いずれも取り外し可能なショルダーが付いた2WAY、多機能ポーチ。資材素材を使用しているため、軽くてタフで、水にも強い。
使い込む内に素材自体が柔らかくなり、より扱いやすくなるのも特徴で、どちらもメイン使いからバックインバックとしても使えます。
内側の縫い代もパイピング始末をしており、縫い目からの水や汚れも最小限に防ぎます。
仕様デザインは、入れる物やシーンに幅広く対応できるものを追求。内側の小物ポケット、BAGの開閉コード、バランスを考えた持ち手など、通常のバッグ要素以上の用途の広さを感じさせるアイテムです。
今後はサイズやカラーもバリエーションを広げての展開を予定。

=詳しい情報はココをチェック!=
カンカン公式サイト
https://can-can.tokyo/

構成/編集部

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

monomax,モノマックス,付録,特別付録,豪華付録,ジムニー,ミニチュア,収納ボックス

【特別付録】タイヤ付きでコロコロ動かせる!あのSUZUKI …