MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

リコー「GR Digital IV」発表!

編集部/ケヤキ

「使う場所を選ばないコードレスが大ヒット」手頃なミドル価格帯が人気!“万能すぎる推し家電・ギア”を識者が徹底解説【2024年上半期ヒットモノ大賞】

今年の春ごろから「そろそろ出るぞ」と言われ続けていたリコー GRシリーズの最新モデルGR Digital IVが、ついに発表されました!

gr4

まさに本日、その発表会があったわけですが、事前に配布されたメディア向けの招待状には「GR」の文字は一切なし。そのため「GRかな? 違うかな…」とドキドキしながら会場に向かった私。
そして、いざ会場内に入ると…。

会場の入り口には、早くもGR Digital IVがお目見え。
本体のみならず、周辺グッズもズラリと並んでいます。
_DSC4080

一刻も早く触りたい衝動に駆られながらも、とりあえずは着席し、新生GR Digitalの説明を受けることに。

GR Digital Ⅲからの改良ポイントを簡単にまとめると以下の通り。

●高感度撮影時の色ノイズが低減(階調特性も向上)
●画質&色の再現性が向上
●連射性能が向上
●AF合焦性能が向上(Ⅲの2分の1の時間で合焦)
●撮影機能の拡充(撮影設定追加・シーンモード追加・ダイナミックレンジ補正機能などを新たにサポート)

その後、実機にたっぷりと触ってきましたが、M露出にB(バルブ)やT(タイム)が追加されていたり、オートブラケット時のモード選択項目が増えていたりと、細かな部分にもたくさんの進化が見られました。
_DSC4094

発売日は10月中旬、価格は8万円前後とのことで、今から楽しみでなりません!

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「現代人のための優秀カメラ」大幅進化に驚き…… 最新フルサイズミラーレス一眼カメラ“LUMIX S9”のすごい機能/編集長のお墨付き『コレ買いです』Vol.64

「チェキの最新モデル」ワイドに撮れてセルフタイマー機能付きだから“instax WIDE 400”は記念撮影に超おすすめ!

【最高峰のカメラブランド】ドイツ・ローライの名機が真鍮ピンバッジになった!?

【ライダー必見】バイクライド時もストレスフリー!利便性もデザイン性も◎の優秀バックパックを見つけた

【手のひらサイズの“チェキ”】「INSTAX」新モデルは重さ41g!? キーホルダーのように持ち運べる新潮流のカメラだ!

「初ドラレコはコレで決まり!」ケンウッドが最旬の2カメドラレコのエントリーモデルをローンチ

「北陸新幹線で行こう!」大人の夏は学べる旅がいい!北陸の旅で日本の伝統に触れる。

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!