MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

MonoMax11月号

MonoMax11月号

2022年10月7日(金)
特別価格:1090円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ゼニスが1969年の最初期のデファイ モデルを復刻!待ってました!!!!

スイスのマニュファクチュラーであるゼニスは、1960年代および1970年代の歴史的なエル・プリメロの復刻モデルに続き、1969年誕生のもう1つの記念碑的モデルに注目。
ゼニス,デファイ,復刻
誕生時のデファイ モデルを現代に復刻した「デファイ リバイバル A3642」の販売を開始します。
ゼニス,デファイ,復刻

「デファイ リバイバル A3642」80万3000円/自動巻き/36mm径/30気圧防水/パワーリザーブ50時間以上/250本限定

エル・プリメロ キャリバーを発売した1969年は、ゼニスおよび時計製造業界全体にとって画期的な年ですが、同年、ゼニスにとってもう1つの驚異的な作品「デファイ」コレクションが誕生しました。

スイスの伝統的な時計製造業を脅かすクォーツ時計の急増に果敢に立ち向かったゼニスは、当時の大量生産された電子時計にはない、非常にエッジの効いたデザインと堅牢性を備えたタイムピースを製作することによって、機械式ムーブメントの存在感を証明しました。

この大胆な発想を実現したのが「デファイ A3642」であり、マニュファクチュールが探求するデザインと性能の新たな道を拓きました。

大胆な八角形のケースと14面のベゼルを組み合わせることで、さまざまな仕上げを備えたくっきりとしたラインとファセット加工を通じて、大胆さや頑丈さを見事に表現しています。
そしてそれは、現代のゼニスの「デファイ」コレクションにも受け継がれています。

1969年のオリジナルの設計図をもとに、驚くほど正確なディテールで再現された「デファイ リバイバル A3642」は、当時のオリジナルを非常に際立たせていたあらゆるディテールと特異なデザイン要素、そして現代の「デファイ」モデルにインスピレーションを与え続ける基準を確立した方法を復活させています。
ゼニス,デファイ,復刻
端に向かって濃くなる印象的なグラデーション効果を備えた温かみのあるグレーの文字盤は、1969年の発売当時はまったく新しいものでした。
通常とは異なるスクエア型のアプライド アワーマーカーは、永遠に動き続ける感覚を伝える水平方向の溝を備えています。
幅広の剣型の針は、オリジナルに見られるトリチウムに似た色調のスーパールミノーバがたっぷりと塗布され、同時代の多くのゼニスの時計の目立った特徴であるパドル型の秒針とペアになっています。
復刻版とオリジナルの見た目の違いは、サファイアクリスタル、内部を眺めることができるケースバック、夜光塗料の種類だけです。
ゼニス,デファイ,復刻
もう1つの重要な違いは、内部での時の刻み方。
ブランドのロゴの1つとなり、その後何年にも渡って繰り返し使用されるデザイン要素となった4つの点を結んだ星で装飾されたオリジナルのソリッド ケースバックの代わりに、「デファイ リバイバル A3642」は自社製自動巻エリート670 ムーブメントを眺めることができるサファイアクリスタルのケースバックを備えています。

構成/編集部

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

バッグとポーチが便利すぎ! 超豪華な3点セットが1冊に1つ付いてくる!

バッグとポーチが便利すぎ! 超豪華な3点セットが1冊に1つ付…