MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

【文房具大賞】に登場したコレ、〇〇すぎな文房具6選! 楽しすぎ…おしゃれすぎ…色多すぎ…エシカルすぎ!?

MonoMax3月号の目玉特集「スゴイ文房具大賞!頂上決戦2022!」では、番外編として「『コレ〇〇すぎ』な文房具!」をお届けしておりますが、特別にその一部をご紹介しちゃいます!

尖りすぎたコンセプトや超マニア層狙いなど、突き抜けた個性を持った文房具が集合!

そのユニークすぎる姿に突っ込みたくなるとともに、ニッチさゆえに沼へとハマってしまいそう。

 

トップバッターは、「楽しすぎる文房具」から。

やっぱり使って楽しいのが文房具の最大の魅力。

それを極限まで突き詰めた、楽しすぎる文房具がこちら!

用もないのについつい触ってしまい、作業がストップする可能性も!?

なに、この文房具、楽しすぎ!
世界でひとつだけのスタンプを作ろう!

シヤチハタ
いろづくり
(スタンプパッド本体)
各¥440(税込)
問:シヤチハタ 052-523-6935

こちらは、文房具の識者も激推しする、好きな色を使い自分だけの模様が作れるスタンプパッド。

全29色の専用インキから好みの色を塗布していくだけで、まだら模様やストライプなど、好みの模様が作れて、鮮やかなスタンプが押せるんです。

専用インキは別売り¥330(税込)。

作っている過程もまた楽しい!

盤面に少しずつインクを塗り込んでいく作業が楽しい。

最初に完成図を作ってから始めるのがコツ。

この文房具、楽しすぎ!というか便利!
消しクズが磁石でピタッ 後片付けが楽チン

クツワ
マ磁ケシ
¥550(税込)
問:クツワ 06-6745-5611

フェライト(鉄粉)を配合し、使った後の消しクズが磁石で集められる消しゴムです。

消しゴム界で超話題になったこちら。

ケース底にネオジム磁石が内蔵されており、消しクズをくっつけられます。

キャップをはめると磁力がオフになり、消しクズが落ちる機能が◎!

同社は、見た目はふつうの消しゴムなのにケースに磁石が付いた「磁ケシ」が人気でしたが、さらに進化した姿で登場しました。

消しクズがキャップに落ちる!

キャップをはめると内蔵の磁石が自動で下がり、消しクズがキャップの中に落ちる仕組みです。

これ本当に文房具!? おしゃれすぎ!
あの人気シューズが消しゴムになっていた

近年の文房具ブームでは、デザイン性が高い文房具をコレクションする人が増えており、「おしゃれ」は文房具の魅力を語る上で大きな要素となっています。

そこで、ひとめぼれ間違いなしのオシャレ文房具を集めてみました!

学研ステイフル
コンバース消しゴム
各¥495(税込)
問:学研ステイフル 03-6420-3965

コンバースの人気シューズ「オールスター」を忠実に再現した消しゴムです。

アイコンであるアンクルパッチやヒールラベル、アウトソールなど細部の作りまで精巧! 全6色展開。

箱までキュート!

シューズボックス風の箱と、左足一個がセットになっています。

おしゃれすぎてむしろ芸術品?
ラムネびんがペンに変身、飾りたくなる美しさ!

paraglass
ラムネペン
各¥18,700(税込) 抽選販売
問:パラグラス https://paraglass.thebase.in/

昨年の「女子文具博」ではたったの15分で完売したという記録を持つのが、ラムネペン!

空洞部分にガラス玉を閉じ込め、コロコロと転がる様子が涼しげなガラスペンです。

淡いブルーの色味や炭酸のような空気の泡など、ラムネをイメージさせる要素がちりばめられ、とにかく美しい。

愛用してもよし、インテリアとして飾ってもよし。

1万円超えの高級文房具にも関わらず、この大ヒット! 一家に一本欲しくなるのも頷けます……。

小さいガラス玉が懐かしさいっぱい!

ペンを動かすとガラス玉がコロコロと転がる感触が手に伝わります。

どこかノスタルジックな雰囲気です。

意外過ぎるビジュアルにぴっくり仰天!
ここまでやるとは、エシカルすぎ!

継続的な社会を維持するため、自然環境や社会貢献を意識したものづくりは、世界的な課題。

文房具にもエシカルな商品が登場し始めています。

ちょっとやりすぎるぐらいで、ちょうどいい!?!?

レトロバンク
スプラウトペンシル/芽が出る鉛筆
¥429(税込)
問:レトロバンク https://www.retrobank.co.jp

みなさんはこの鉛筆、知っていますか?

鉛筆の端に植物の種子が入ったカプセルが装着されており、鉛筆が短くなって使えなくなったら、土に植えると植物が育つんです。

種子はバジルやひまわりなどの9種類から選べます。

SDGsがわかりやすく体験できる鉛筆!

エコ活動やサステナブルについてやさしく学ぶ機会をつくれるのが魅力です。

100色あるって?
いやいや、色多すぎ!

バリエーションが多いと無条件にテンションが上がりますよね!

特に色のバリエーションが多い筆記具は、大人も子どももワクワク。

そこで見ていただきたいのが、このクーピー史上最多となるカラーセット。

サクラクレパス
クーピー100色ブラックパッケージエディション
¥16,500(税込) 数量限定
問:サクラクレパス 06-6910-8818

サクラクレパス創業100周年記念商品として作られた、クーピーのなんと100色セット。

限定カラーが40色含まれており、なかでもパール顔料を使用した新色12色は、発色が美しく描く人の表現の幅を広げてくれそうです!

※数量限定品のため、売り切れ次第販売終了。

 

いかがでしたか?

MonoMax3月号本誌ではまだまだたくさんの、〇〇すぎな文房具を掲載しています!

続きはぜひ誌面でご覧ください!

付録の詳細はこちらの記事をチェック!!

 

文/金山 靖

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

この記事のタグ

今月のモノマックス特別付録

バッグとポーチが便利すぎ! 超豪華な3点セットが1冊に1つ付いてくる!

バッグとポーチが便利すぎ! 超豪華な3点セットが1冊に1つ付…