新生活、カバン選びのコツ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ライター/藤原雅士(ライトアウェイ)
この季節、引越しや就職、もしくは職場が変わったりする人はとても多いハズ。
そして環境が変わると、自分の持ち物も変えたくなるのは自然な願望でしょう。
その中でも割合的に多いのがカバンを変えること。
そこで、今回はカバン選びのコツをお教えしたいと思います。
一番のポイントは、やっぱり職場の環境や自身の職種や部署。
いくらお気に入りの形のカバンがあっても、自分の職務やスタイルに対して、
合致していないものならそれは後々、後悔することになります。
例えば営業職の場合、出張の頻度(日数)、外回りが多い、
内勤が多いなどでセレクトするカバンも変わります。
ここではその代表的なオススメの仕事カバンを何点かご紹介してみましょう。
1.出張が多く、出先でのPC使用もある人。
 
これは断然、拡張機能が付いているタイプがオススメ。

一般的な拡張機能は中央部にファスナーが付いていて
これをオープンすることにより、マチ幅を拡張できるタイプです。

ほとんどの場合ノートPCに対応した収納部も装備されています。
また、2コンパートメント仕様になっているタイプも多く、衣類や書類を分けて収納することができます。
背面にスーツケースなどのキャリバー通せる機能があるものなら、セットアップも簡単に行えます。
 

  
12

トゥミ/エクスパンダブル・オーガナイザー・コンピューター・ブリーフ(6万5100円)

 
トゥミ・カスタマーセンター TEL0120-006-267

 
2.出張が少ないが、書類は持ち運ぶ。
 
このタイプの場合、カバン選びの自由度は非常に高いです。
かといって何でも良いというワケではありません。

例えば外回りが多い人なら、防水性が高く
なおかつ機動力に優れる軽量なナイロンタイプがオススメ。

大切な書類の割合が多い人なら機密性の高いアタッシェケースなども範疇に入れてもよいでしょう。
スタイリッシュに見える部分もポイントです。
総じて薄マチタイプが現在の主流になっているようです。

  
 34

エースジーン/EVL-2.0 28771(1万6800円)

エースTEL03-5843-0606
 
3.書類に限らず、荷物が多い人。
 
一般的なブリーフタイプだと、収納力も限られます。

上記のタイプの人の場合、1でオススメした拡張機能のあるタイプでも構いませんが
ブリーフに拘らなくてもいいかもしれません。

例えばマチ幅のある2WAYショルダーなどは最近、ビジネスマンでも人気のタイプとなっています。
フォルムの美しいものならば、ビジネスでも問題ありません。

オススメはダニエル&ボブのクロドーロなど。
とにかく容量タップリで、ちょっとした旅行にも使えたりもします。

 

5 

ダニエル&ボブ/クロドーロ ローディー(9万300円)

セルツリミテッドTEL03-3448-1330
自分のスタイルに合ったカバンをチョイスしてスマートなビジネスシーンを演出してください!

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

【売り切れも出てきた!】マーモットのショルダーバッグ、ぜひお…