オラソニックのナノコンポシリーズにCDプレーヤーが爆誕!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ライター/岡安学

NANO-CD1_front1_2

USBバスパワーだけで稼働しながらも
10W+10Wのハイパワーを実現した
PCスピーカーでお馴染みのオラソニック。

さらに4月下旬の発売を予定しており、
わずか149×149mmと言うCDジャケットとほぼ同じサイズの
DAC内蔵プリメインアンプ、ナノコンポが
話題騒然となっている中、
さらに驚愕の商品がオラソニックのナノコンポシリーズに登場。

 その名も
CDトランスポート「NANO-CD1」だ!

同じナノコンポシリーズのDAC内蔵プリメインアンプと
同じサイズで、重ねて使える。
 


ナノコンポシリーズは、
据え置き型のオーディオシステムの進化系として
登場した意欲作。

USB接続によりパソコンとの親和性の高い
今風のオーディオシステムと言うことだ。
昨今は、ホームオーディオでも
ヘッドホンを使って音楽を楽しむ人が多いなか
据え置き型で楽しめるシステムを提案しているのだ。

ナノコンポシリーズは
小型でありながら、高級感あふれ、高機能である。
ちょっとお高く感じる人もいらっしゃいますとは
思いますが、お値段以上の音質と機能はあると
確信している次第であります。

家で音楽なんか、とんと聴かなくなったなぁと
思っている人!
是非ともナノコンポシリーズで
もう一度、ホームオーディオを楽しんでみてはいかがでしょうか。

NANO-CD1_UA1_2

DAC内蔵プリメインアンプと
同じサイズなので
キレイに重ね置きができる。

NANO-CD1_tate1_2

縦置きをすることもできる。

オラソニック ナノコンポ NANO-CD1商品詳細
オラソニック(東和電子)ホームページ

 

この記事のタグ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

最新号のご案内

MonoMax 10月号

9月9日(月)
980円(税込)

MonoMax お得な定期購読はこちらから

今月の特別付録

【売り切れも出てきた!】マーモットのショルダーバッグ、ぜひお…