MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

ヤマハから早くも2023年モデルのバイクが登場! モトクロス用、クロスカントリー用、キッズ用のオフロード14機種を新発売!

執筆者:

クロスカントリー競技用の2023年モデル4機種を発売!

ヤマハ「YZ125X」

続いて、ヤマハは排気量124㎤~449㎤のクロスカントリー競技用の2023年モデル4機種を発売。17年ぶりフルモデルチェンジした「YZ125」のエンジンとボディをベースに「YZ125X」を誕生させた。
「YZ125X」は国内メーカー唯一の2ストローク125ccクロスカントリーモデル。さまざまな路面状況に遭遇するクロスカントリーに求められる低中回転域での扱い易さを徹底的に追求。扱いやすさを優先し、圧縮比、YPVS(ヤマハパワーバルブシステム)、CDIユニットのセッティングをクロスカントリーモデル専用に変更。初級者から上級者まで幅広く楽しめるよう作り込んである。

クロスカントリー向けに最適化!

 

ヤマハ「YZ125X」

吸気方法を後方ストレート吸気とすることで、高回転域での伸び感、優れたオーバーレブ特性を感じられるマシンとなった「YZ125X」。低中速度域を多用する走行シーンから、ギャップやジャンプ着地時などの高負荷時、高速度域の走行シーンまで、官能評価を敢行。クロスカントリーに必要な長時間走行やさまざまなセクションの走行に適した特性を追求。
フロントの減衰機構は背面バルブに微量のオイル流量にも対応するリーフスプリングを採用。サスペンションがゆっくり動くシーンにおいても優れた減衰力を発揮。またダストシールとオイルシールとの間に泥をかき落とす「スクレ―パー」を新たに織り込み、オイルシールの保護性能を高めた。

「YZ125X」スペック

ヤマハ「YZ125X」

全長×全幅×全高 2,155×825×1,285mm
シート高 970mm
車両重量 96kg
エンジン 水冷単気筒2ストローク
総排気量 124cc
始動方式 キック式
潤滑方式 混合給油
トランスミッションオイル容量 0.76L
吸気・燃料装置/燃料供給方式 キャブレター
点火方式 CDI(コンデンサ放電式)
クラッチ形式 湿式・多板
フレーム形状 セミダブルクレードル
メーカー希望小売価格 ¥748,000(税込)

この記事のタグ

この記事を書いた人

矢作優一(Leonardo 45)

スタイリスト矢作優一(Leonardo 45)

アウトドア、インテリア、フードと多岐にわたってスタイリングを手掛ける。撮影で使うプロップを集めるうちに、モノ好きが覚醒。ジャンルや新旧を問わず珍しいアイテムを手にとってみたい衝動が抑えられず、山のように積まれた最新ギア、ビンテージモノ、ジャンク品に囲まれた暮らしをしている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「気軽に乗れる人気のファンバイク」ホンダ“モンキー125”に新色仲間入り、今年のカラーリングはシンプル&スタイリッシュ!

「唯一無二の個性を放つ650cc」ロイヤルエンフィールドのニューバイク“SHOTGUN650”の魅力がすごい

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!