MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

3月号通常号

3月号通常号

2024年2月8日(木)発売
特別価格:1,280円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

ヤマハから早くも2023年モデルのバイクが登場! モトクロス用、クロスカントリー用、キッズ用のオフロード14機種を新発売!

執筆者:

ヤマハ「YZ450F」

モトクロス競技用バイク「YZシリーズ」2023年モデルが発売!

オンロードバイク、オフロードバイク、プレジャーボート、電動アシスト自転車、4輪バギー、スノーモビルなど幅広く手掛けるヤマハ発動機から排気量64㎤~449㎤のモトクロス競技用の2023年モデル9機種、排気量124㎤~449㎤のクロスカントリー競技用の2023年モデル4機種、さらにオートマチックエンジンを搭載するキッズ向けファンバイク「PW50」が新発売。
ヤマハ「YZ450F」
ちなみにモトクロス競技とクロスカントリー競技の違いは、バイク乗りでもわかっているようでうまく説明できないというあるある事実。モトクロス競技は未舗装の周回コースで速さを競うレース。競技のために整地し、起伏に富んだコースを作り上げた上で行われる競技。一方でクロスカントリー競技は自然の地形を最大限に利用。山道や林道などの未舗装コースを使用し、ある区間でタイムアタックを行う。その合計タイムの少なさを競い合う。

「YZ450F」はエンジン・フレームとも5年ぶりのフルモデルチェンジ!

ヤマハ「YZ450F」

排気量64㎤~449㎤のモトクロス競技用「YZシリーズ」で最大モデルとなるのが排気量449㎤の「YZ450F」。その「YZ450F」にはパワフルで扱いやすい軽量な新設計エンジンを搭載。さらに新設計クラッチと新トランスミッションを採用。
ヤマハ「YZ450F」
新設計バイラテラルビーム・フレームは軽快性と安定性を高次元で両立。軽量コンパクトを具現化した外観デザインとなっている。

ヤマハ「YZ450F」スペック

ヤマハ「YZ450F」

全長×全幅×全高 2,180×825×1,275mm
シート高 965mm
車両重量 109kg
エンジン 水冷単気筒4ストロークDOHC4バルブ
総排気量 449cc
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ドライ散布
エンジンオイル容量 1.20L
吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
クラッチ形式 湿式・多板
フレーム形状 セミダブルクレードル
メーカー希望小売価格 ¥1,155,000(税込)

この記事のタグ

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

【“欲張り派”注目の新型バイク】街も旅も林道も楽しめるホンダのクロスオーバーモデル「NX400」が使える!

【Xスポーツ譲りの電動バイク】eパルクーラーってナンダ!? BMW「CE 02」をリスボンで体験してみた!

話題沸騰中の“ハーレー”を体験、カワサキの“注目必至”電動モデル ほか【バイクの人気記事 月間ベスト3】(2024年1月)

【電動バイク、キックボードのおすすめ】今乗るべき「最新&大注目の乗り物」ベスト5!移動が楽しくなること間違いなし

【ライダー待望のバイク】英国トライアンフの新型ミドルスーパースポーツ「デイトナ660」に注目必至!

【バイク オブ・ザ・イヤー】大賞は「普通二輪MT免許で乗れる“憧れ”の一台」に決定!注目ベスト4選

“災害や停電”の備えでも、“性能”で選んでも、ポータブル電源は「Jackery」一択!

【このビジネスバッグが高コスパすぎる!】シーンによって拡張できるジャック・ウルフスキンの新作!

【設置が簡単すぎて感動!※】パナソニックの壁掛けテレビで部屋が激変した![BEAMSスタッフの自宅改造計画!]

今月のモノマックス特別付録

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!

【この付録のバッグが便利すぎる!】6つの仕切りでバッグの中身がすっきり美しい!