MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/09/25 20:00

    ヤマハから早くも2023年モデルのバイクが登場! モトクロス用、クロスカントリー用、キッズ用のオフロード14機種を新発売!

    ヤマハ「YZ450F」

    モトクロス競技用バイク「YZシリーズ」2023年モデルが発売!

    オンロードバイク、オフロードバイク、プレジャーボート、電動アシスト自転車、4輪バギー、スノーモビルなど幅広く手掛けるヤマハ発動機から排気量64㎤~449㎤のモトクロス競技用の2023年モデル9機種、排気量124㎤~449㎤のクロスカントリー競技用の2023年モデル4機種、さらにオートマチックエンジンを搭載するキッズ向けファンバイク「PW50」が新発売。
    ヤマハ「YZ450F」
    ちなみにモトクロス競技とクロスカントリー競技の違いは、バイク乗りでもわかっているようでうまく説明できないというあるある事実。モトクロス競技は未舗装の周回コースで速さを競うレース。競技のために整地し、起伏に富んだコースを作り上げた上で行われる競技。一方でクロスカントリー競技は自然の地形を最大限に利用。山道や林道などの未舗装コースを使用し、ある区間でタイムアタックを行う。その合計タイムの少なさを競い合う。

    「YZ450F」はエンジン・フレームとも5年ぶりのフルモデルチェンジ!

    ヤマハ「YZ450F」

    排気量64㎤~449㎤のモトクロス競技用「YZシリーズ」で最大モデルとなるのが排気量449㎤の「YZ450F」。その「YZ450F」にはパワフルで扱いやすい軽量な新設計エンジンを搭載。さらに新設計クラッチと新トランスミッションを採用。
    ヤマハ「YZ450F」
    新設計バイラテラルビーム・フレームは軽快性と安定性を高次元で両立。軽量コンパクトを具現化した外観デザインとなっている。

    ヤマハ「YZ450F」スペック

    ヤマハ「YZ450F」

    全長×全幅×全高 2,180×825×1,275mm
    シート高 965mm
    車両重量 109kg
    エンジン 水冷単気筒4ストロークDOHC4バルブ
    総排気量 449cc
    始動方式 セルフ式
    潤滑方式 ドライ散布
    エンジンオイル容量 1.20L
    吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション
    点火方式 TCI(トランジスタ式)
    クラッチ形式 湿式・多板
    フレーム形状 セミダブルクレードル
    メーカー希望小売価格 ¥1,155,000(税込)

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…