MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    2022/10/15 10:00

    新時代の“キャンプ最強車”!?ダイハツ新型「タント ファンクロス」が圧倒的に使いやすい!

    ダイハツ新モデル「タントファンクロス」

    立体感を強調し、より上質で迫力あるスタイルに進化した「タント カスタム」が発売となったばかりだが、ダイハツはアウトドアやキャンプを手軽に楽しめる「タント ファンクロス」を新たに発表した。「タント」といえば、圧倒的な使い勝手のよさが売り。
    これがアウトドア仕様となれば、キャンプ最強の乗り物となるのではないだろうか。ダイハツの新モデル「タントファンクロス」の魅力に迫ってみる。

    アウトドアユースにばっちりハマる「タント ファンクロス」

    ダイハツ新モデル「タントファンクロス」

    「タント」は2003年の発売以来、軽自動車とは思えないほど室内空間の広さと使い勝手のよさが評判となっているモデル。その室内空間の広さをもたらすのが室内高の高さ。スーパーハイト系という新ジャンルを開拓したのが、まさに「タント」だったのだ。

    ダイハツ新モデル「タントファンクロス」

    それに付け加え、軽自動車では初となるピラーインドア「ミラクルオープンドア」や、両側パワースライドドアを採用したのも「タント」だ。助手席ドアと左側後方スライドドアのあいだにピラーがないので、大きいモノの出し入れに使い勝手のよく、解放感がある。コレはまさにキャンプにうってつけの特性なのではないだろうか。

    タフさを表現したスタイル

    ダイハツ新モデル「タントファンクロス」

    「タント ファンクロス」はアウトドアシーンに調和するアクティブ感とタフさを表現。力強いヘッドランプやタフさを表現したフロントグリルやバンパー、レジャーシーンで活躍するルーフレールを装備するなど随所にアクティブ感が溢れる。

    ダイハツ新モデル「タントファンクロス」

    キャンプなどで汚れた荷物や濡れたギアを置いても手入れのしやすい撥水加工のフルファブリックシート表皮や、後部座席には防水加工シートバックを採用。

    ダイハツ新モデル「タントファンクロス」

    ゲージルームには夜間の荷物の積み下ろしで役立つランプをデッキサイド右側・天井に配置。さらに利便性の高いUSBソケットを標準装備している。キャンプに行きながらのUSB充電なんてことも可能なのだ。

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最強すぎるトートバッグが必ず付いてくる!

    【付録】10個のポケット付きでビッグサイズ! 1090円で最…