MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

    魅力2倍増し!「ルノー キャプチャー」限定車がヘビーデューティなのにしなやか、実用的なのに上質!?

    キャプチャー特別仕様車「ブラックスタイル」

    独自のハイブリッドシステムを搭載した「E-TECHハイブリッド」が注目を集める「ルノー キャプチャー」。そのキャプチャーにブリリアントブラックで上質にまとめられた限定車「キャプチャー ブラックスタイル」(150台限定)が登場した。

    キャプチャーの特徴は、SUVのヘビーデューティな雰囲気と都会的な洒落た感じがうまくミックスしていることにあるが、さらに上質に仕上げられたとなれば、その魅力は倍増かそれ以上。今回は注目の「キャプチャー ブラックスタイル」の詳細に迫ってみる。

    なんともルノーらしい、不思議な魅力を持った「キャプチャー」

    キャプチャーに特別仕様車「ブラックスタイル」リヤ

    2021年に発売が開始された2代目ルノー キャプチャーは、欧州のベストセラーコンパクトSUVだ。タフな走りをイメージさせるデザインだが、やわらかい面の造形で同時にしなやかさも感じさせる絶妙なスタイリングが特徴で、インテリアは合理的で機能的でありながら、素材感を出しつつスタイリッシュな空間に仕上がっている。

    キャプチャーに特別仕様車「ブラックスタイル」インテリア乗り心地も独特で、ふわふわというわけではなく硬いわけでもない、ほどよくまろやかなものだ。駆動方式はFFであるが、「なんちゃってSUV」ではなく、悪路も走破するトラクション性能を持つ本格派でもある。さらに、加速感は高いのに、エンジンの高性能にこだわったように見せないのもなんともルノーらしい、不思議な魅力を持ったコンパクトSUVだ。

    キャプチャーに特別仕様車「ブラックスタイル」シート

    アーバンシックにまとめられた「キャプチャー ブラックスタイル」

    今回登場した限定車「キャプチャー ブラックスタイル」は、そんなキャプチャーの「インテンス」グレードをベースに、ブリリアントブラックのアクセントを加えて、アーバンシックにまとめられた特別仕様。154psの1.3L直4ターボエンジンと7速DCTを組み合わせ、前輪を駆動するオーソドックスなパワートレーンを採用したことで、車両価格を334万円に抑えたこともポイントになりそうだ。

    専用アイテムとして、光沢のあるブリリアントブラックのエンブレム、スキッドプレート、サイドプロテクションモールフィニッシャー、18インチブラック“Pasadena”アロイホイールなどを装備。インテリアにはブリリアントブラックのダッシュボードパネル、ブラックヘッドライナー、専用のブラックファブリック×レザー調コンビシートなどが備わる。なお、ルーフも「ブリリアントブラックメタリック」となる。

    キャプチャーに特別仕様車「ブラックスタイル」エンブレム

    キャプチャー特別仕様車「ブラックスタイル」 ブリリアントブラックのサイドアクセント

    キャプチャー特別仕様車「ブラックスタイル」 18インチブラック“Pasadena”アロイホイール

    モノマックスの記事をシェアする

    関連記事

    この記事のタグ

    今月のモノマックス特別付録

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッグは絶対買い!

    【付録】1090円で使えすぎる! ビーン・ブーツ風トートバッ…