MonoMax(モノマックス) Web

モノマックス 人気記事ランキング

最新号のご案内

8月号通常号

8月号通常号

2024年7月9日(火)発売
特別価格:1290円(税込)

最新号を見る

モノマックス最新情報をSNSでチェック!

  • MonoMax Web YouTubeチャンネルはこちら!
  • MonoMax Web LINE NEWS
  • MonoMax 公式Twitter 毎月豪華プレゼントキャンペーン実施中!
  • MonoMax メールマガジン 登録はこちらから
  • 田舎暮らしの本Web

© TAKARAJIMASHA,Inc. All Rights Reserved.

【待ち遠しいスクーター】ホンダの新型「ADV160」は2023年、間違いなく“買い” の1台だ!

執筆者:

ホンダ軽二輪スクーター「ADV150」

タフでアクティブなアドベンチャースタイルの新型「ADV160」が登場!

いまや空前のソロキャンプブーム。そんな時代にマッチしたバイクが2023年の年明け早々、ホンダから発売となる「ADV160」の最新モデル。でもいきなり、“タフでアクティブな” なんて見出しではじまるバイクだと「モトクロスね」なんて想像しがち。

ホンダ軽二輪スクーター「ADV150」

しかも、“アドベンチャー” なんて言葉が含まれると、バイクに詳しかったら「エンデューロモデルのことっしょ」となる。ところが2023年1月26日(木)に発売となるタフでアクティブなアドベンチャースタイルバイクは跨るのもラクラクで、足つきも良く、運転操作も簡単なスクーターなのだ。

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

“個性的” を重視するなら、間違いなく“買い” の1台!

【待ち遠しいスクーター】ホンダの新型「ADV160」は2023年、間違いなく“買い” の1台だ!

コロナ禍がはじまったころから人口が増え続けているキャンパー。その人口が多くなれば、当然ほかとの差別化がポイントとなってくる。だからガレージブランドのアウトドアギアも続々登場し、ニッチなマーケットとなっている。

さらに差別化をするべく、現在ブームとなっているのがソロキャンプ。そのキャンプサイトはひとり用にコンパクトにまとめ上げられながらも、個性的そのもの。ギアをわんさか持ってこずとも仕上げられたキャンプサイトづくりは腕の見せ所。

【待ち遠しいスクーター】ホンダの新型「ADV160」は2023年、間違いなく“買い” の1台だ!

ソロキャンプ=ギアが少ないということから、バイカーにも注目のスタイルだ。ところがすべてのバイクがキャンプツーリング向きとは限らない。そこでオススメしたいのが、軽二輪スクーター「ADV150」をフルモデルチェンジし、新登場となる「ADV160」なのだ。

ADV160」には新形状フレームを採用。「ADV150」のシート高が795mmだったのに対し、「ADV160」は15mmも下げることに成功し足つき性が良くなった。また、シート高が780mmと下がっているのにもかかわらず、最低地上高は165mmと同スペックを確保しているのだ

【待ち遠しいスクーター】ホンダの新型「ADV160」は2023年、間違いなく“買い” の1台だ!

さらに、「ADV160」には滑りやすい路面でも安心感を与えてくれるホンダ セレクタブル トルク コントロール(HSTC)を新採用。HSTCとは、運転者のアクセルワークがもたらした駆動力を自動調整することで、パワーの掛け過ぎによるスリップなどを軽減する電子制御装置のこと。特に滑りやすいアウトドアでのバイク使用においては、かなりの安全マージンとなるのではないだろうか。ちなみにHSTCが備わっているからといって、転倒を防げるわけではないので、機能に頼りすぎることなく常に安全運転は心がけたいものだ。

ツーリングが楽しくなる「ADV160

【待ち遠しいスクーター】ホンダの新型「ADV160」は2023年、間違いなく“買い” の1台だ!

今回発売となる「ADV160」は高速道路の走行も可能なスクーター。先ほどはソロキャンプでの使用を勧めたが、2人乗りもOKなモデルだ。前モデルとなる「ADV150」が総排気量149ccだったのに対し、「ADV160」は総排気量156ccと排気量がアップ。それにともない、最大出力は「ADV150」の11kW/8,500rpmからADV160」の12kW/8,500rpmへとパワーアップ。

【待ち遠しいスクーター】ホンダの新型「ADV160」は2023年、間違いなく“買い” の1台だ!

最大トルクはADV150」の14Nm/6,500rpmからADV160」の15Nm/6,500rpmと、トルクも太くなっている。さらにウインドスクリーンの高さは2段階調節が可能。ウインドスクリーンを大型化させることで、高速走行時の防風性能をより高めている。これでツーリングでの疲労度がググッと下がるのだ。

ホンダ「ADV160」スペック

全長×全幅×全高 1,950×760×1,195mm
シート高 780mm
定員乗車 2人
車両重量 136kg
エンジン 水冷 4ストローク OHC4バルブ 単気筒
総排気量 156cc
最高出力 12kW(16PS)/8,500rpm
最大トルク 15Nm(1.5kgf・m)/6,500rpm
メーカー希望小売価格 ¥473,000(税込)

お問い合わせ先
本田技研工業 お客様相談センター TEL:0120-086819(オーハローバイク)
公式URL : https://www.honda.co.jp/ADV160/

文/坂東 漠 画像提供/本田技研工業

この記事のタグ

この記事を書いた人

坂東 漠

パーツデザイナー坂東 漠

スタンドがないと倒れる。ライダーの支えがないと自立できない。ライダーがいてもときにコケるといった2輪車の特性に魅了され、自転車、e-Bike、モーターサイクルの部品を開発。多くの人は気づかないが、それがないと成り立たないといったパーツを手がけている。

執筆記事一覧


Website:https://monomax.jp/

モノマックスの記事をシェアする

関連記事

「世界が再注目するFCEV」長い航続距離&水素充填時間の短さが話題に! ホンダ“CR-V e:FCEV”がついに日本で販売開始

プロ大注目の“魅力満載”クロスオーバーバイク、今一番乗りたいホンダ、スズキ、ヤマハ……の一台とは?ほか【バイクの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「跳ね馬のDNAを完璧に体現」フェラーリ新型車、レクサスの“遊べる注目車”徹底解説 ほか【クルマの人気記事ランキング】(2024年6月版)

「箱型に変形する話題の電動バイク」デスク下にも収納可!? トランスフォームするスゴい“タタメルバイク”を乗り物ライターが体験レポート

「クールすぎるヤマハの新型バイク」夜に映えるスポーツネイキッド“MT−25&MT−03”2024年モデルがかっこいい!

「次来る乗り物はバギー!?」シンプル操作と走破性の高さが自慢!楽しすぎる“キムコのバギー”を乗り物ライターが体験してみた

「メンズシャンプーシェア15年連続No.1!」皮ふ医学に基づいた知見が生きる“スカルプDのスカルプシャンプー”で夏の頭皮環境を整えよう!

【世界が認めたプレミアムシューケアブランド】ジェイソンマークが毎日の生活を豊かにしてくれる!

これぞTシャツコーデの男の作法! グンゼ「in.T(インティー)」があれば気分よくキマる!

今月のモノマックス特別付録

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!

「豪華すぎる2点セット付録」チャムスのマルチツール&ブリキケースは日常、アウトドア、防災グッズとして超使える!